ジム練習納め

テーマ:
今年のジム練習納め

今日は葛西トレーナーが付ききりでレッスンしてくれました
 

 
 
 いろんなことを教わった一年、AKIRAを選手として見てくれるジムに心から感謝です

本田会長、長野マネージャー、トレーナーの皆さん、先輩ボクサーの皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

また来年も宜しくお願いします!







全てはボクシングのために(Todo para el boxeo) 

ボクシングは全てのために(Boxeo para todos)

日々精進、日々感謝です
AD

この言葉がダメにする

テーマ:

ネットから興味深い記事を見つけました

何気なくAKIRAにも言っている言葉・・・キラキラワードと言われてるらしいです

戒めとして心に刻みます



● 「無理しないほうがいい

→ 特定の事情がない限り、無理ができるのなら無理をしたほうがいいときが多いはずです。無理をしないと、結果的に無理がきかなくなります。筋肉と同じで、ドンドン「ストレス耐性」が落ちていきます。
 

● 「頑張らなくてもうまくいく

→ 同上。自分のできる範囲、やれる範囲で何事も実践していると成長しません。何事も、頑張らないといけないときがあるのです。

● 「楽しいと思える仕事を見つけろ

→ 成功者が発する最も多い「キラキラワード」。人が幸福感、充足感を覚えるのは過去との相対評価です。他人との比較ではありません。過去できなかったことができた。昔苦しいと思っていたことが楽になってきた。その相対評価によって自分の成長を実感するのです。そうしてはじめて「楽しい」と感じるのです。「ひたむき」に頑張っていた人が何事も楽しいと思えるわけで、掲げた目標を達成した過去がないのに、楽しいと思える事柄はかなり限定的になってしまいます。

 
● 「心の底からやりたいと思えることだけやればいい

→ 同上。そんなはずはありません。「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」の3つを並べたとき、「1.やるべきこと」「2.やれること」「3.やりたいこと」の順序にならないといけません。まず「やるべきこと」を実践し続けることで自分の「やれること」が増えていきます。そうして「やりたいこと」ができるようになるからです。特に若い人、これから社会人になる人はこういう「キラキラワード」に惑わされないようにしてもらいたいです。

 
● 「1%のことを変えるだけで成功する

→ ほんの小さなコツだけで成功してしまうというキャッチフレーズ。「ザ・射幸心」と呼んでもいい「キラキラワード」です。現在のポテンシャルが「100」だとして、 毎日たった1%ずつでも成長していけば、1年後にはそのポテンシャルが「3,778」になるという話が多いので、「騙された!」と思う方も多いでしょう。今日の「1%」の成長が、翌日のベースになっていないと、このような複利効果を得ることはできません。しかし人間が新しいことをスタートさせるためには、かなりの回数を重ねないと習慣化(無意識的有能)しません。


AD
本日、エンジョイボクシングジムさんで行なわれたスパーリング大会は相手選手の前進に苦しみながらも判定(1-0、ジャンケン)勝ち(笑)
差し合い 


課題を全てクリアしたとは言えませんでしたが、本年度を締めくくるボクシングはAKIRAなりに出来たと思います

これで、年内の試合は全て終了

来年に向けての目標設定を本人にじっくりと考えてもらいます


帝拳ジムからは、流星・アキトも出場

二人は素晴らしい内容でスッキリと勝利・・・このへん見習わないとね~

また、夏の合宿で同じ釜飯を食ったルッキーも力強い攻撃で勝利しました
仲間 
皆でお互いのセコンドについて、本当に良い仲間です


珍しく左目の下を軽くカットしたAKIRAですが、これもまた良い経験でしょう


今日のビデオを見終わったら・・・来年へ向けてのスタートです





全てはボクシングのために(Todo para el boxeo) 

ボクシングは全てのために(Boxeo para todos)

日々精進、日々感謝です


AD