AKIRA 第2戦

テーマ:


判定




今日、AKIRAの第2戦が熊谷で行われた。

昨日の悪天候とは正反対の快晴晴れ 気分の良い朝を迎える。

7時に起き出したAKIRAはのんびりと朝風呂につかる(まったく緊張の様子なし)

朝食を済ませ、軽く体操していざ出発車

計量受付は11時だったのだが、10時に到着得意げ

しかし他の参加者も気合いが入っていて7割方はその時間に来ていた。
本来ならば小学生のみの大会のはずであったが、中学生を含めた30試合が組まれた。

AKIRAは前回同様2試合目。またまたS君の直後の試合汗

アップも済ませ試合を待つ・・・、今回は珍しくS君が緊張している。

AKIRAは・・・ここでもまったく緊張の様子なし(笑)

12時半過ぎゴングが鳴り試合開始。

相手の選手は開催するジムの2年生だが、体格はAKIRAがやや大きく感じた。


今日の課題は3つ
1.相手をよく見る
2.フットワークを止めない
3.手数




ゴングと同時に元気よくコーナーを飛び出すAKIRA。

オープニングブローはAKIRAの左ジャブ。相手の顎が上がる。
今日のAKIRAは実に冷静で積極的だった。

前へ前へ出てプレスをかけ、わざと少し下がり相手の出鼻にカウンター気味のジャブ。ウィビングでパンチをかわし更にジャブ。そしてワンツー。

相手の選手はデビュー戦、既に公式戦を経験しているAKIRAのキャリアが少しだけ勝っていたのかもしれない。

終わってみれば「左」だけで試合をコントロールしていたように思えた。
欲を言えば、その「左」のダブル・トリプルでさらにチャンスを広げたかったが、それでも練習の成果は十分に出した試合。

試合用のグローブにも慣れてきたようで、ハンドスピードも上がってきた。

今後も左からの組み立てで試合を作りたい。



今日は・・・
「基本」の大切さを痛感した一日。

「AKIRA」の冷静さに感心した一日。

そして、「明日への課題」を見い出した一日。


そんな「秋晴れ」の一日だった。




明日は完全オフ。


明後日から、また次の課題にチャレンジだビックリマーク



ガンバレ、AKIRAグッド!




 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  

   アップ       アップ

NEWボクシング子育てブログへロケット


AD

AKIRAが平日通うジムのSチーフトレーナー。

会長・プロ・一般練習生の皆に信頼されているトレーナーである。

オヤジより年下ではあるが、オヤジもAKIRAも彼を「S先生」と呼んでいる。

ジムは開設して5年弱、現在プロは日本ランカーも含め約20名。
彼の親身な指導の賜物だといって過言ではない。
プロ・アマ・練習生・子供にかかわらず常に自分から笑顔で挨拶。そして必ず本人の調子を確認する。ミットも手が空いていれば誰分け隔てなく持つ。

そんな姿を他のトレーナー達もしっかりと見習い「選手が主役」のジムとなっている。

プロが増えたために最近なかなかAKIRAまで手が回らないS先生。でも申し訳なさそうに、毎回AKIRAに声をかけ小さなアドバイスをくれる。

AKIRAのスパーのビデオは翌日に必ず渡すことにしているのだが、そのビデオを家に持ち帰り数日後には丁寧なコメントをつけて返してくれる。オヤジとS先生の心のキャッチボールでもあるのだ。

AKIRAが土日に別のジムのジュニアクラスに参加することも、AKIRAのためになるなら大いに結構、逆にどんな練習をしているのか教えて欲しいと真顔で言う。
彼の口癖・・・「目指しているところは一緒ですから!」
ボクシングを愛し、己を高めるためには良いモノはどんどん吸収するのだと・・・。

彼には「ボクシングを教えさせてもらっている」という謙虚な気持ちが常に見える。ボクシングに対しての強い信念を持ちつつ、自分のスタイルだけを押しつけない。いろんなトレーナーを見てきたがこういうトレーナーは希有な存在だ。
どちらかというと「教えてやってるんだから、俺の言うことを聞け!」的な人間が多いこの世界。後者が全て悪いとは言えない部分もあるのだが、ギリギリのところでの信頼感は当然のごとく前者が強くなると思えるのだ。

・・・そんな彼の存在がジムのモチベーションを高めている。

トレーナーというお仕事・・・、本当に奥が深い。



以前にも書いたが、S先生から頂いた言葉・・・
シンプルな動きがどんな相手にでもできる。
それが強さということです。



その教えを心に刻み、明日の試合に臨む。

 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  

   アップ       アップ

NEWボクシング子育てブログへロケット


AD

第2戦へ向けて、最終スパー

テーマ:

今日は神奈川県の武相高校で行われたアマチュアスパーリング大会に参加した。
小学生から社会人まで50名以上はいただろうか・・・
(女性の参加も多かったので少し驚いたがガーン)

AKIRAは2人の相手とスパーしたグー


あまり見栄えの良いボクシングではなかったと感じたが、ビデオで見てビックリにひひ

しっかりと課題に取り組んでいたではないか。

相手をじっくり見る、手数を出す、ボディへの多彩な攻撃、サイドポジションの取り方など。

考えながらなのか、自然と体が動いたのか・・・はてなマーク

試合前のスパーは今日で打ち上げ。明日からは疲れを残さずに調整に入る。今のレベルでAKIRAができることはやってきたつもり。

試合を二人で楽しみたいものである。




ところで・・・

今日のスパーで「とんでもなく強い6年生」を見ることができた。
春先の全国大会で戦慄のKO勝ちをした選手なのだが、スピード・テクニック・パンチ力・バランス、申し分なし。

AKIRAもスゴイ刺激になったはず。強い奴は世の中にたくさんいることを自分の目で見ておくことは大切だし、今後の大きな糧となるだろう。

今後も積極的にこういった大会にもエントリーし目も肥やして行きたいと思う。

試合前に本当に良い練習になった。関係者の皆様に感謝したいと思います。


 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  

   アップ       アップ

NEWボクシング子育てブログへロケット

AD

Progress(進歩)

テーマ:

試合まであと1週間。今日はジュニアクラスでの練習だ。

相手も正式に決まったし、あとは普段の練習の成果を出すだけ。

前回の試合から今日まで課題を持って練習してきた。
その中でも「手数を出す」ことが最大の課題。


昨日よりも今日・・・

さっきのラウンドより今のラウンド・・・

今のパンチより次のパンチ・・・

上達していくには過去を少しずつ上回る力が必要だと思う。


ジュニアクラスではメニューの最後に2分2ラウンドのサンドバッグ連打タイムが入る。これは大人でもきついショック!

AKIRAも最近まで、どうしても2ラウンド目で失速していた。
しかし、試合が近づくにつれラストラウンド、ラスト30秒の大切さを自分なりに自覚してきた。

AKIRAは普段クールだけど、やっぱり「勝ちたい」のだ。
自分の気持ちの中に自分で火を灯さなければ「強く」なれない。

オヤジにすれば今の年齢では「勝つこと」よりも「自分のボクシングをする」ことに重きを置くけれど、AKIRAにとってはやるからにゃ負けたくないんだよな。




今日のサンドバッグ最終ラウンド・・・

超集中・超本気モードのAKIRA。ガンガン気迫が伝わってくるグー



自分の「」に向かってProgressビックリマーク


 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  

   アップ       アップ

NEWボクシング子育てブログへロケット

それぞれのボクシング

テーマ:

先日、新聞を読んでいてちょっと気になる記事を発見


ん・・・なになに、「詩のボクシング」 !?


日本朗読ボクシング協会はてなマーク


・・・失礼ながら存在を初めて知りましたm(u_u)m


詩のボクシングとは、ボクシングリングに見立てたステージ上で、2人の朗読ボクサーが交互に自作を身体全身を使って朗読し、どちらの声と言葉がより観客=他者に届いたかをジャッジが判定する「声の言葉のスポーツ」、「声と言葉の格闘技」なのだそうです。


http://www.asahi-net.or.jp/~DM1K-KSNK/bout.htm


いろんなリングで一生懸命に頑張る人達がいる・・・


ちょっぴり嬉しくなりましたニコニコ


その「試合」いや「詩合」も是非見てみたいです。


そして・・・やっぱり「ボクシング最高ビックリマーク」っすグッド!



 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  

   アップ       アップ

NEWボクシング子育てブログへロケット