ハガキに載せた白べっ甲のアクセサリー | 10年以上も飽きないアクセサリー in 銀座・浅草 ブログ

ハガキに載せた白べっ甲のアクセサリー

1つ前のブログはアキオモリからの季節のご挨拶ハガキでした。

秋にふさわしい白べっ甲のアクセサリーを載せたハガキ。
 
今回はそのハガキに載ったアクセサリーたちが登場です。
 
まずは少し変わった形のこちらから!

◇ 三日月型の白べっ甲に金蒔絵、珊瑚のブローチ

縦:80mm  × 横:90mm 
¥450,000 +税
 
スーッとした曲線が特徴的な、三日月型の白べっ甲のベース。
一番幅のある部分がおよそ30mm 。
縁取りのようなものはなく、白べっ甲だけのシンプルなベースです。
 
そのシンプルな美しさの白べっ甲の上に、金高蒔絵で植物の柄を描き、大小様々な大きさや色の珊瑚をあしらいました。
 
トロリとした蜜色の白べっ甲の月の中に、蒔絵の金と珊瑚が美しく、どこか物語を感じさせるような雰囲気のあるブローチとなっています。
白べっ甲に珊瑚という素材感や、蒔絵の輝き自体はけして強いものではなく、むしろやわらかく優しい雰囲気。
ですが、この特徴的な三日月の形と、細工の密度、そしてこの大きさがこの素敵な存在感を作り出しています。
 
秋からのシンプルでしっかりとした装いに合わせると、こんなにお洒落!
ブローチだけで秋という季節感も出ています。
 
そしてこのブローチ、専用の金具を付けて、こんな風にして・・・

クルッとひっくり返すと、こんな素敵な髪飾りに変身します。

普段はブローチとして、時々はこんな感じで髪飾りとしても相当素敵なデザインなのです。

 
この髪飾り、お着物の時にはもちろんですが、洋服の時に使ってもすごく個性的で格好いいと思うのです。
 
パッと見て白べっ甲に珊瑚に蒔絵という贅沢な感じが分かる人には分かるブローチです。
どうぞご覧になりにいらしてください。
 
 
続いてはこのブローチとイヤリングです。

◇ 左:べっ甲に金蒔絵、白べっ甲のカボーションのイヤリング

縦:27mm  × 横:24mm 
¥200,000 +税
 
◇ 右:べっ甲に金蒔絵、白べっ甲のカボーションの横長のブローチ
縦:49mm  × 横:74mm 
¥380,000 +税
 
金蒔絵のフレームの中にぷっくりとした白べっ甲が盛り上がるデザインのイヤリングとブローチ。
形自体はとてもシンプルながらも、センターに使われている白べっ甲の贅沢なボリューム感が人気のあるイヤリングとブローチです。
 
蒔絵で彩られたフレームの部分、ひっくり返すとどんな感じになっています。

このツヤのある少し妖しげな濃い褐色・・・そう、このフレームもべっ甲なのです。

 
この濃褐色のフレームも、贅沢にべっ甲を何枚も重ねて作られています。
そこにアーカンサス模様を簡略化した彫りを施して、表面を金蒔絵で覆います。

しっかりと厚みを持たせた金色のフレームは、センターのプックリと盛り上がる蜜色の白べっ甲に負けず、シンプルなのに存在感のあるブローチに仕上がります。

 
黄金の蜜色の白べっ甲と、蒔絵の金。
ブローチのデザインがシンプルなだけに、お互いの美しさが際立ちます。

しっかりとしたボリュームのあるブローチなので、お洒落の核になってくれる存在感。

 
先ほどの三日月型のブローチを付けた時と、また雰囲気が全く変わります。
 
お揃いのイヤリングは付けるとこんな感じです。

べっ甲はとても軽い素材。

これくらいのボリュームがあっても、重さで耳が痛くなるようなことはありません。
白べっ甲野良肌に馴染むような綺麗な質感と、それをいかす金色のフレーム。 
 
これまたイヤリングもブローチも、分かる人には分かる、とても贅沢感のあるものとなっています。
 
 
そしてこれほハガキには載ってないのですが、銀蒔絵バージョンもご用意しています。
◇ 左:べっ甲に銀蒔絵、白べっ甲のカボーションのイヤリング
縦:25mm  × 横:23mm 
¥185,000 +税
 
◇ 右:べっ甲に銀蒔絵、白べっ甲のカボーションの横長のブローチ
縦:49mm  × 横:74mm 
¥375,000 +税
 
少し明るいトーンの銀蒔絵のフレームは、蜜色の白べっ甲とのコントラストがハッキリとしてきます。
でもご覧のとおり、このブローチやイヤリングの銀蒔絵のフレームの色は、銀!!というよりはふわっと優しく、金とも銀ともつかないような不思議なトーン。

金蒔絵バージョンよりもちょっぴりだけ厚めの白べっ甲のカボーションなので、色も少しだけ濃い感じです。

美味しそうなトロリとした感じが増してるようです。
 
金色のフレームのような華やかさはないものの、控えめで渋みのある抑えた輝きの中に白べっ甲の質感がいかされきっているブローチです。
これまたとても贅沢!!
 
イヤリングは付けるとこんな風になります。

金蒔絵バージョンよりもちょっと小さめ。

そして蒔絵も銀なので、抑えた感じです。
 
でもこちらの銀蒔絵バージョンの方が、フレームと白べっ甲とのコントラストははっきりしているので、付けてる感じは強く感じられると思います。
 
今は金蒔絵バージョンも銀蒔絵バージョンも、どちらも銀座店にあるので、どちらが似合うのか、どうぞ比べにいらしてください。
 
 
最後はこれまた贅沢なブレスレットです。

◇ 左:白べっ甲3本と散斑(バラフ)2本、5連のブレスレット

¥320,000 +税
 
幅8ミリのべっ甲のシンプルなブレスレット。
一本一本単独だと寂しいようなボリュームですが、こうして5連に組み上げると、途端にグググっとお洒落で贅沢な雰囲気のあるブレスレットになります。
 
明るいトーンの蜜色の白べっ甲はそれだけでも綺麗ですが、おとなしい素材なので少し地味な感じになりがちです。
でも、濃褐色とべっ甲らしいふ模様の散斑をプラスすると、素材感は似てるのに、全体のトーンをグッと引き締めて、白べっ甲の優しく明るいトーンをより引き立ててくれます。
 
五本のブレスレットそれぞれがちゃんとした円形で、同じ直径なので、歪むことなく美しくまとまります。

そうすると、クルクルと綺麗に動かすことができ、動くたびにシャラシャラとした軽やかな音を響かせます。

クルクルと回ると、白べっ甲の部分が前面に出てきたり、散斑の部分が出てきたりと、同じブレスレットなのに表情も変わります。

もちろん今日登場のブローチとも、そしてほかのべっ甲のアクセサリーとも相性はバッチリ!
 
蒔絵などの細工のまったく入らない、べっ甲だけの贅沢なブレスレットです。
本物の素材だけが持つ特別感を是非楽しんでみてください。
 
 
次回のブログでは、他の白べっ甲のアクセサリーが登場の予定です。
どれも貴重になってきた、なかなかリピートのできない、または作ることができたとしてもお値段がグッと上がってしまうだろうものばかりです。
気になられた方はお早めにチェックしにいらしてください。
 
 
ではお気軽にご来店・お問い合わせください。
 
銀座・浅草、金沢、そしてオンラインでもお待ちしております。
 
(ブログに掲載の商品をオンラインでお求めいただく方法はコチラです)

 

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073