時代を超えるブローチ | 10年以上も飽きないアクセサリー in 銀座・浅草 ブログ
2019年05月02日(木) 12時08分36秒

時代を超えるブローチ

テーマ:象牙に蒔絵のアクセサリー

元号が変わって令和の時代になりました。

 
何かでチラッと耳にしたことがあるのですが、西暦はページで元号は章。
こんな風に考えてみると、なるほどなとなんか納得してしまいました。
これから令和という新しい章が始まります。
 
そこで今回のブログは、昭和、平成、そして令和と受け継がれてきた、アキオモリのアイコン的なブローチを改めてご紹介です。
◇ 上:象牙に金蒔絵、岩場に立つ山羊とアーカンサスのフレームのブローチ
縦:55mm × 横:42mm
¥125,000 +税
 
◇ 下右:べっ甲に金蒔絵、岩場に立つ山羊とアーカンサスのフレームのブローチ
縦:55mm × 横:43mm
¥120,000 +税
 
◇ 下左:白べっ甲に金蒔絵、岩場に立つ山羊とアーカンサスのフレームのブローチ
縦:55mm × 横:43mm
¥330,000 +税
 
やはりアキオモリといえばこのブローチ。
発売され始めてから既に半世紀を超え、今も愛されて続けている、アキオモリの象徴的なブローチとなっています。
 
ヨーロッパの山岳地帯に住むような山羊のモチーフと、ギリシアの神殿にも用いられるアーカンサスの模様。
そんな西洋のモチーフを用いて象牙に蒔絵という和を感じさせる素材や技法で作り上げた、西洋と東洋の混じり合う不思議な雰囲気が漂います。
 
今回は全て金蒔絵バージョン。
素材をそれぞれ変えてご紹介です。
 
まずは象牙に金蒔絵のものから。
せっかくなのでセットのイヤリングも一緒に登場です。
◇ 右:象牙に金蒔絵、岩場に立つ山羊とアーカンサスのフレームのイヤリング
縦:23mm × 横:16mm
¥80,000 +税
 
象牙のやわらかな乳白色に蒔絵の落ち着いた金色が良く映えています。
どちらの色も強すぎないので、お洒落の中に自然と馴染んでくれます。
 
それでいてブローチのもつ不思議なムードがしっかりとした存在感を発揮します。

白に金という明るい色の組み合わせは、装いをふわっと明るくもしてくれます。

 
クラシカルな雰囲気がありつつも、古くさくなく、ジャケットだけでなく、ニットやブラウスにも合わせられるので、使えるシーンが本当に多いブローチです。
 
そしてイヤリングは今までのものよりも一回り小さなものとなります。

少し個性的なこのモチーフ。

ブローチとイヤリングをセットでするのはわりと難しかったのですが、この小さめイヤリングならば、セットで楽しめる存在感なので、一緒に使っても強すぎる印象になりません。
 
この小さめイヤリングは銀座店に一点のみ。
気になられる方は、お早めにチェックしにいらしてください。
 
 
続いてはべっ甲に金蒔絵バージョンです。
◇ 左:オーバルのべっ甲に金蒔絵、アーカンサス模様の彫りのイヤリング
縦:25mm × 横:17mm
¥85,000 +税
 
象牙と並んで人気のあるべっ甲バージョン。
こちらもセット感のあるイヤリングが登場です。
 
少し妖しげな艶のある黒のべっ甲。
象牙の白と比べると、金蒔絵とのコントラストはグッと強く、その分個性的になってきます。
それでも天然素材であるべっ甲と、漆を使った蒔絵の組み合わせはどこか優しげ。
黒に金という強目のコントラストなのに明るい装いに乗せても不思議と馴染んでくれます。
 
今回は淡いグレーのニットに合わせましたが、もっとダークな、黒や濃いグレーなどに合わせるととてもシック。
そんならトーンの装いが多い方にはお勧めしたい雰囲気のブローチとなっています。

このイヤリングは山羊の周りのアーカンサス模様がオーバルのべっ甲のベースに三日月のように彫られ、金蒔絵をかけて作られています。

 
右左のイヤリングを取り替えると、べっ甲の黒が前側に来たり、金蒔絵の彫りの部分が前に来たりと、正面からの見え方を少し変えて楽しめます。
 
岩場に立つ山羊のモチーフとの相性抜群のイヤリングで、ずーっと昔からセットで売れているイヤリングなのです。
是非こちらもお試しになってみてください。
 
 
最後はとても貴重な素材となってしまった白べっ甲です。

◇ 上:巾10mmの白べっ甲の五連ブレスレット

¥550,000 +税
 
トロリとした上質の蜜のような、黄金色の白べっ甲。
他のものには変えられない素材感が魅力です。
 
半透明な白べっ甲は明るい装いに合わせると明るく、濃い色の装い合わせると少し落ち着いたダークなトーンに変化します。
 
象牙や黒いべっ甲よりもなお一層装いに溶け込んでくれるのです。
蜜色の白べっ甲の上に金蒔絵というこの品の良さは物凄く特別感があります。
 
具体的には何がなんだかよく分からないけど、とても良いものっていうのは伝わってくる、そんな雰囲気のあるブローチです。
そして贅沢に白べっ甲を使った五連のブレスレット。
シットリとした蜜色の存在感。
ちょうど良いくらいのボリュームで腕の上を上下に動きます。
その動くたびに聞こえてくる軽やかな耳障りの良い音。
 
本当にリピートのできない贅沢なブレスレットとなっています。
 
 
今回のブログで登場した山羊のモチーフ。
昭和に誕生して、平成を超えて、令和の時代も続いていくことと思います。
時代を超えて行くアクセサリーです。
どうぞご覧になりにいらしてください。
 
 
ではお気軽にご来店・お問い合わせください。
 
銀座・浅草、金沢、そしてオンラインでもお待ちしております。
 
(ブログに掲載の商品をオンラインでお求めいただく方法はコチラです)

 

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 

アキオ モリ:手作り蒔絵アクセサリーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ