優しいグリーンのアクセサリー | 10年以上も飽きないアクセサリー in 銀座・浅草 ブログ
2019年03月29日(金) 12時23分40秒

優しいグリーンのアクセサリー

テーマ:天然石のアクセサリー

東京は早くも染井吉野は満開宣言。

来週末くらいにはサクラ色の花の中にの新緑がまじって来ることと思います。
 
この時期の新しく芽吹く優しい緑色はそれ自体も綺麗ですが、花の色や空の色もより綺麗に見せてくれるような気がします。
 
そんなこんなで今日のブログは優しい緑色のアクセサリーです。
まずはこちらの石たちから。

◇ 中上:カボーションのエメラルド(3.3ct)、18金、象牙台のリング

¥131,000 +税
 
◇ 中左:しずく型のグリーンアパタイトと18金の揺れるピアス
¥60,000 +税
 
◇ 下:しずく型のグリーンアパタイトと18金のペンダント
¥38,000 +税
 
◇ 右:小さなエメラルドと18金のメガネ留めのネックレス
長さ:40cm
¥52,000 +税
 
最初に登場はエメラルドとグリーンアパタイト。
エメラルドは皆さんご存知だと思うのですが、珍しいのはグリーンアパタイト。
アパタイトは和名を燐灰石と言って、黄色や青、紫などものものもあるらしいです。
 
緑という色は元々が優しい色なのですが、このグリーンアパタイトはその中でもとても優しいトーンです。

透明感のあるふわっとした緑色は主張しすぎることなく、様々な色の装いに合わせて楽しめます。

 
また、この優しい緑色に18金を合わせることで、華やかさもプラス。
しずく型のツルッとした形も可愛らしく、それに合わせたヘタのようなかぶせる金具も印象的です。
 
グリーンアパタイトのペンダントはもちろんチェーンでも楽しめますが、今回合わせたのは、小さな小さなエメラルドを18金のワイヤーをメガネ留めしたネックレスです。
ペンダントトップ無しでもさりげなく付けられる優しいトーン。
可愛い雰囲気ですが、素材はエメラルドと18金。ガラスやプラスチックなどのビーズでは出せない深みのある質感です。
 
指輪はちょっとボリューム感があります。
華やかさのある18金で覆輪されたカボーションのエメラルドの緑が象牙の白に良く映えるデザイン。
カボーションのエメラルドも台になっている象牙も、ツルッとしていて曲線的でとても綺麗です。
18金の覆輪も凝っていて、二重に覆輪した上に、細かなミル打ちも施しています。
こうして近くで見てみると、エメラルドも様々な濃度の緑が混じり合っているの分かります。
 
象牙に貴石を合わせるのアキオモリのオリジナル。
他のところにはない楽しい指輪です。
 
 
続いてのグリーンはこちら。
◇ 上:カボーションのプレナイト、サファイア、18金WGの透かし細工のリング
¥630,000 +税
 
◇ 下:べっ甲に銀蒔絵、シルバーで覆輪されたプレナイトのペンダント
縦:30mm × 横:26mm
¥110,000 +税
 
先に登場のグリーンはゴールドと合わせましたが、こちらは
ホワイトゴールドや銀蒔絵などの銀食に合わせています。
 
このプレナイトという石は、マスカットストーンや葡萄石などとも呼ばれ、その名からも分かるように、みずみずしい葡萄のような爽やかさのある緑色です。
 
あまり貴金属系のもののメインには使われない石なのですが、この指輪はあえてメインにしています。
葡萄の実のようなツルリとしたカボーション。
その優しい色合いや質感をカバーするかのように、とても凝った作りの台にセットしました。
細かな細かなミル打ちが随所に施された、木々の葉のような透かしのデザイン。
そこにキラキラと深いブルーに輝くサファイアが配されています。
 
普通だとこのような台ならば、メインにはもっとしっかりとした石を使うのですが、プレナイトを使うことで優しい雰囲気ながらも個性的なリングに仕上がっています。

ペンダントはもっとグッと控えめ。

決して小さいペンダントトップではないのですが、蒔絵の銀の落ち着いたマットな輝きと、渋い銀で覆輪されたカボーションのプレナイトはどれも主張しすぎることのない組み合わせ。 
しっかりと大きさはありながらも、静けさを感じせるペンダントです。
 
透明感のある瑞々しい緑色は、春の陽射しにとてもよく映えそうです!
 
 
続いてのグリーンはこちら。

◇ 上:銀の爪で留められた彫りの施されたフローライト、象牙に金蒔絵とルビー、パールのフレームのブローチ

縦:57mm × 横:50mm
¥350,000 +税
 
◇ 下:彫りの施されたエメラルド、24金の刻印付き銀の山羊リング
¥95,000 +税
 
こちらのグリーンの石はどちらも彫りの施されたもの。
ツルッとした滑らかな石の表面とは異なる質感はそれだけでも凄く個性的に見えてきます。
 
ブローチに使われているフローライトなどはトーンが優しすぎて、彫りがなかったら存在感がない感じに。
綺麗な彫りを施すことで、周りのフレームにも負けない存在になっているのです。
 
四角い透かしのフレームは象牙製。
そこに小さなルビーの華やかさと、パールの品の良い明るさをプラス。
赤、白、緑色・・・様々なタイプの違うトーンの色石を、金蒔絵が見事にまとめてくれています。
 
フレームが透かしのようになっているので、つけた時にはとても装いに馴染みます。

異国で長い時を超えてきたような不思議な雰囲気のあるブローチです。

 
指輪のエメラルドには葉のような彫りが施されています。
エメラルド自体がだいぶ古いもので、少しクラックも見えるのですが、それも味になるようなデザインの指輪です。
 
アキオモリのシルバーリングの代表格になった、2匹の山羊が石を両サイドから支える『銀の山羊シリーズ』。
 
古い味のある彫り入りエメラルドに銀の山羊という、超個性派。
銀の山羊シリーズの中では小さ目ですが、その個性は小さくても存在感バッチリです。
 
サイドにあしらわれている24金の刻印が華やかさと明るさ、そしてお宝感を出してくれています。
 
彫りの施された古い石というのはなかなか世に出てこないもの。
アキオモリにもそんなに数はありません。
 
気になられた方は是非チェックしにいらしてみてください。
 
 
ではお気軽にご来店・お問い合わせください。
 
銀座・浅草、金沢、そしてオンラインでもお待ちしております。
 
(ブログに掲載の商品をオンラインでお求めいただく方法はコチラです)

 

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 

アキオ モリ:手作り蒔絵アクセサリーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ