象牙に蒔絵のブローチの新作+α | 10年以上も飽きないアクセサリー in 銀座・浅草 ブログ
2019年02月24日(日) 11時31分55秒

象牙に蒔絵のブローチの新作+α

テーマ:象牙に蒔絵のアクセサリー

いよいよ2月も最終週。

少し気温の低い日もありますが、やっぱり陽射しはやわらかくなって、空気感が春めいてきています。
アキオモリのディスプレイも春っぽくしてみました。

春を感じさせる花モチーフのアクセサリーたちを前面に、桃色の花を後ろに飾っています。

 
そして本格的な春を目の前にして、象牙に蒔絵のブローチも新しく出来上がってきました。
 
まずは長らく店頭から消えていたこちらのブローチからご覧ください。

◇ 左:象牙に金蒔絵、黒金蒔絵、螺鈿、切金の野バラのブローチ

縦:56mm × 横:50mm
¥185,000 +税
 
◇ 右:象牙に金蒔絵、黒金蒔絵、螺鈿、切金、パールの野バラのイヤリング
¥190,000 +税
 
象牙を野バラの形に彫り、蒔絵や螺鈿、切金で飾った、同じバラ科の植物である桜にも似た、春にふさわしいブローチ。
 
ブローチのほうは枝と枝の間も彫り抜いて透かしのような感じになっています。
付けたときに下の布地が見えるのでとても馴染みの良いデザインなのです。
 
葉や萼の部分はシンプルな蒔絵に。
枝の部分には黒金蒔絵に金蒔絵、そして螺鈿や切金もあしらって、古木のような力強さと存在感を出しています。
野バラという野生の花の、美しさと力強さをちゃんと感じさせてくれるので、甘くなりすぎず、大人の女性にピッタリの雰囲気。
こうしてちょっと付けるだけで装いが途端に春めいてきます。
 
イヤリングは左右非対称なデザイン。
彫り抜きではないので、枝の間にも象牙の地が残っています。

その象牙の地の分だけ白が多くなって、フワッと明るいイヤリングになっています。

 
象牙の上にあしらわれたパール。
質感の異なる白と白のコントラスト、そしてブローチと同様のしっかりとした蒔絵や螺鈿、切金の細工。
小さいながらも存在感のあるイヤリングとなっています。
 
もちろん銀蒔絵バージョンもご用意しています。

◇ 左:象牙に銀蒔絵、黒金蒔絵、螺鈿、切金の野バラのブローチ

縦:56mm × 横:50mm
¥185,000 +税
 
◇ 右:象牙に銀蒔絵、黒金蒔絵、螺鈿、切金、パールの野バラのイヤリング
¥190,000 +税
 
金蒔絵のふわりとした明るさとは異なる渋いトーンが魅力の銀蒔絵バージョン。
象牙の白とのコントラストが涼やかです。
 
葉や萼は銀蒔絵なのですが、枝の部分は金蒔絵に黒い顔料を入れた黒金蒔絵。
角度によって、チラッと細かな金色の輝きが見えてきます。

金蒔絵バージョンと比べると、全体的に落ち着いた渋味のある、スッキリとした雰囲気。

花のモチーフなのに甘くならず、スーツの襟元なんかにも格好良く付けられそうなブローチです。
 
イヤリングはパールのついていない方を付けて撮ってみました。

耳のカーブに沿うような曲線を描いている形。

耳元から春がやってくるような、楽しいデザインです。
 
これから華やかなシーンも増えてくる季節です。
春を感じさせる楽しいブローチとイヤリングでお出かけください。
 ちなみに『2/3のブログ』の中で、テレビ朝日のアナウンサー、大下容子さんが付けていたブローチも野バラのモチーフです。
一番大きなものを選ばれました!
 
 
続いてはこちらの新作ブローチです。

☆ 下:象牙に金蒔絵、黒金蒔絵、アザミのブローチ

直径:50mm
¥320,000 +税
 
◇ 上:18金とプラチナ、ダイヤモンド、リボンのようなデザインの指輪
¥455,000 +税
 
以前からデザイン自体はあって、人気のあるアザミのブローチ。
一回り小さくして作ってみました。
 
どれだけ小さくなったかというと、こんな感じ。

◇ 右:象牙に銀蒔絵、黒銀蒔絵、アザミのブローチ

直径:60mm
¥370,000 +税
 
直径で1cm小さくなっています。
 
このアザミのブローチは、象牙の白い空間と、高蒔絵で描かれたアザミの花とのバランスがとても良いのですが、一回り小さくなってもそのバランスは変わらず、やっぱり素敵です。
そしてこの高蒔絵の高さ。
普通の高蒔絵よりも盛り上げて、凛と咲くアザミの様子が力強く描かれているのが分かります。
 
でも力強いだけではなく、葉脈の部分や、細かな花びらの部分などはさらに細い高蒔絵で描かれていて、繊細さも感じさせるデザインなのです。
 
黒い色の蒔絵の部分は葉の裏。
蒔絵の色を変えることで、立体感のある仕上がりになっています。
以前の大きさだとブローチがお洒落のメインになってくれていたのですが、ブローチの大きさが一回り小さくなったことで、ザックリとした軽いニットにも自然に馴染みます。
 
しっかりと立体感のある高蒔絵の金が存在感を発揮。
少し離れた距離からでもアザミの花の様子がよく分かります。
 
一緒に合わせた指輪はこちら。
アザミのブローチ同様、金とプラチナ、ダイヤモンドを使った、金と白とのバランスが良いデザインです。
キュっと締めたリボンをイメージしたように
なっていて、可愛らしいのですが、地金をたっぷりとつかった18金のベースが贅沢さを感じさせてくれる指輪です。
飽きずに長く長く楽しんでいただけますよ!
 
 
最後のブローチはこちら!

☆ 左:アーカンサス模様と岩場に立つヤギ、盾のような形のブローチ

縦:55mm × 横:50mm
¥125,000 +税
 
◇ 右:アーカンサス模様と岩場に立つヤギ、楕円のリバーシブルペンダント
縦:34mm × 横:24mm
¥100,000 +税
 
アキオモリを代表するアイコン的デザイン。
このブログにもたくさん出てきている、『アーカンサス模様と岩場に立つヤギ』のブローチに新しい形が登場です。
 
もう50年以上にもなるアキオモリの歴史の中でも、初期の頃に作られた『アーカンサス模様と岩場に立つヤギ』のブローチ。
それと同様、初期の頃に作られたこちらのブローチ。
◇ 象牙に金蒔絵、盾の形のブローチ
縦:55mm × 横:50mm
¥110,000 +税
 
西洋の盾をイメージして、スッキリと仕上げられたデザイン。
西洋的なモチーフを東洋的な象牙と蒔絵で作り、西洋と東洋の混じり合った不思議なムードのあるブローチです。
 
ふっくらとしているのに、シュッととしているという、形としてとても面白いこの盾のような形にヤギのモチーフを使ってみました。

横幅があって、白い象牙の空間の面積も少し多め。

でもストンと下に向かってすぼまっていくシャープな感じもあって、今までのヤギのブローチとはまたイメージが異なるものに仕上がりました。
 
一緒に付けてるペンダントは、ヤギのいない面を使っています。
ロケットのような流線型の綺麗な楕円形。
シンプルなつるりとした象牙の美しさと蒔絵の金だけという合わせやすいペンダント。 
ペンダントを主役にしたい時にはクルリとひっくり返してヤギの面で使ってみてください。
 
新しい盾型のブローチはサイドだけではなく、センターにつけてもなかなか素敵です。
というよりも、むしろセンターにつけることの多い方にオススメ!

面積がありつつもスッキリとしていて、象牙の明るさの多いあるこの形は、センターに付けたときにとても良く装いに映えます。

 
発売されてから50年以上もの時を経て、また新たなヤギのブローチ。
何種類かある形のなかからご自分にピッタリの一つを探してみてください。
 
ではお気軽にご来店・お問い合わせください。
 
銀座・浅草、金沢、そしてオンラインでもお待ちしております。
 
(ブログに掲載の商品をオンラインでお求めいただく方法はコチラです)

 

 
 
 
銀座店への行き方

 

【銀座店】  オート ジュエラー・アキオ モリ

住所    中央区銀座3-4-1
電話    03-5524-0027
Mail: akiomori1968@gmail.com (返信は遅れることもあります)

Instagram: akiomori1968

営業時間 11:00~19:00
定休日   現在は毎日営業しております

特定国際種事業者番号 S-3-13-31514

浅草店への行き方

【浅草店】 森暁雄宝飾店 

住所    台東区浅草1-36-7
電話    03-3847-2612
営業時間 10:30~18:30
定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-3-13-31515

 

 

【金沢店】 オート ジュエラー・アキオ モリ 金沢店

住所     金沢市長町1-2-18

電話    076-260-6233

営業時間  9:00~17:00

定休日   水曜

特定国際種事業者番号 S-4-1-00073

 

アキオ モリ:手作り蒔絵アクセサリーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ