世界との差

テーマ:

今日も観戦へ







バルセロナU-12 × FCパーシモン


ポゼッションとビルドアップ

チームとしてどうボールを運んで、どう攻めるのか
はっきりと意思疎通しているのがわかる


チーム戦術が浸透しています



これは、全員がサッカーの理解度が高くないとできない


もし、どこかで穴があると


そこから崩れたり


ミスや歪みが生じてしまう



サッカーはチームスポーツ



個人にフォーカスしがちだけど





チームとしての「個」



これを理解しているかどうか





バルセロナの観戦後は





アーセナル×ヴィッセル神戸







ひとつひとつのプレーに判断や狙いがあり





かなりレベルの高い試合でした爆笑





見応えのある一戦でしたね。




この動画を見てください。







これは、試合終了3分前




スコア5-2でアーセナルが勝っている状況




なにをしてるか





まず、タッチラインから出た際




時間を稼いでいます。




スローインを投げる選手を交代する為ではなく



時間を使う為に交代しています






時間を稼ぐことが素晴らしいのではなく



ゲームの展開を理解しているということ


スコアと残り時間がわかっていなければ、このプレーは出来ないということです。



その後のプレーも、奥を見て判断していますね



こういう狙いのあるプレーが随所に見られましたウインク



技術をいくら磨いても



使えなければ意味がない



でも、磨いた技術が的確且つ効果的に発揮されれば



世界と互角に渡り合える日がくるかもしれません。