「真面目でがんばりやさん」の

あなたの心をもっと楽にする

 

心のナビゲーター中井亜紀です。

 

 

 

今でこそ私のことを、

「アンパンマンみたい♡」
とか、 

「薬局の前に立ってそう♡」(オレンジのゾウ?)
とか、


 

ゆるキャラ的な印象

持ってもらえますが、

 

 

半面、何にも苦労せずに、

のほほ~んとしあわせに生きてきたようにも

見えるようなので、

 

 

 

わたくし、中井亜紀「42年間のヒストリー」

お伝えしようと思います♡

 

 

 

幼少期〜学生

 

1975年  母の実家がある

埼玉県に生まれる(第一子長女)

 

幼稚園に入る前(それまでは埼玉・山形行ったり来たりの生活)に、
父の実家がある
山形県蔵王温泉に移住。
 

 
有名な「蔵王温泉スキー場」がある
自然豊かな山奥で暮らすことに。

 

 

家族構成は、
父、母、私、2人の弟と、
祖父、祖父の内縁の妻(私は何の疑問もなく、大人になるまで本当のばーちゃんだと思っていた)
7人で平屋暮らし。うちのじーさん、いろいろと時代の最先端 笑


三人兄弟の一番上。責任感だけはやたらと強い長女の私。
 
自営業の両親。
父は仕事が忙しく
あまり家にはいませんでした。

母はいつもお金のことで頭を抱えていた。
小さい頃は気づかなかったけど、うちはけっこう貧乏でした。
だから母の口癖は「自営業者じゃなく、会社員と結婚しなさい」。
 
 
 
父が家にいない分も、
母は働きもので、
昼間は敷地内にある喫茶店を切り盛りし、
7人家族の世話をし、
本当によく働いていた母。
 
 
 
 
そんな母を見て、私が小さい頃、
無意識で設定した思い込みは、
 
 
「苦労して当たり前」
「働かざるもの食うべからず」
男性には頼ってはいけない(父に頼らない母を見てきたので)
 
 
 
小さい時の私はというと、
超人見知り
 
{83009D1E-0B9B-4DC9-AC22-E1E961FC0886}
 
小学校の授業参観では、
母が1分でも遅れてくると、
寂しさと不安で泣きだしてしまう
引っ込み思案な小学校低学年時代。


 
とにかく昔からお母さんが大好きで、
超お母さんっ子だった私。

 
「大人になったときに恥ずかしくないように」と、
特に私には、躾が厳しかった母。

それに対しイラつくことはあったけど、
反抗期らしい反抗期もないまま思春期を過ごす。

 

 
無意識で、
母を喜ばせるために
ひたすらがんばって生きていました
 
 
 
 
成績は常にトップクラス。
成績が下がること自体が、恐怖そのもの。
↓これでも 笑

なぜなら無価値観を持っていたから。
「価値がない私」にならないよう、
必死にがんばっていました。
 
 
 
母が喜ぶに違いない!と、
これまた目立つことが好きでもないのに
学級委員や児童会長をやったり、
 
 
とにかく、
母や先生に認めてもらいたくて
いい子をずっとがんばってきた。
 
 
 
 
それでも、
当時は生きづらさを
感じていたわけでもなく、
友人にも恵まれ、
楽しい学生生活を送っていました。
 
 
 
 
人生で大きな選択をするときは、
無意識で
母が喜びそうな選択を。

 
「娘には四年制大学を出て欲しい」
「普通にお勤めして、普通に結婚」
という母の希望を叶えるための選択をし続けた私。
 
 
 
母が選んできた埼玉にある大学に入り、
卒業後は、
東京で普通のOLになったのでした!
 
image

とまあ、
ここまでは、
母が望んだ「普通の」人生。
 
 
 
 
この
母が求める普通を選択」し、
そこで選んだ「OLの道」から
急降下人生の始まり・・・。
 
 
 
 
ここからの話しが
長くなるので第2章に続きます!
 
 
 
お読みいただきありがとうございました♡




《募集中の講座》
★10月12、15日スタート!「思い込み脚本」書き換え講座プレミアム 詳細はこちら
★10月28日東京開催!生きづらさから心を解放し学ぶ「深層心理1Dayセミナー」 詳細はこちら

 

  心のナビゲーター 中井亜紀
 

メルマガ登録
・HP;http://aki-nakai.com/

Instagram

Facebook
ご予約・お問合せ