「誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたを応援する」

ライフコーチ みつはしあきこですニコニコ

 

 

 

 

コーヒー春のモヤモヤ解消お茶会の参加申し込みはこちら

 

 

 

 

週明けいかがお過ごしですか?

 

 

 

今日は、先週の我が家の様子をお届けします(笑)

 

 

 

3歳2か月になった三男との

保育園帰りのお話です男子

 

 

 

お子さんをお持ちの方は

同じようなことあるんじゃないかなぁ~

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

18時にお迎え。

(いつも18時までにお迎えに行きます)

 


 

  
なぜか不機嫌・・・
座ったまま動こうとせずに約10分経過・・・
 

 

 

 
よくよく聞いてみると
 

 

 

  
「紙芝居見たかった・・・」とショボーン

 

 

 


18時間際に先生が読んでくれようとしてたけど
タイムリミットで読んでもらえず。
 

 

 

 

散々ブツブツ言っておりましたが

ちょうど担任の先生が出てきて

 

 

 

 

「明日の朝読んであげるからねニコニコ

と言ってくれて、しぶしぶ了承(笑)

 

 

 

  
で、ようやく園庭から出たと思ったら

 

 


  
今度は園の入り口に新しくできた
「ちびっこひろば」で遊びたいと・・・えー
  

 

 


ここは小さなお友達が遊ぶ場
(今年から年少で上のクラスに)
  

 

 


しかも、ネットも張られているし
鍵もかかっていて入れず汗

 

 

 

 
外から眺めること約20分・・・
 

 

 

 

途中、ネットを何とかくぐろうとするもくぐれず汗

 

 

 


それを見ていた私・・・だんだんと
無理矢理連れて帰りたい気分にかられるえー

 

 

 

 

迎えに行ったときは明るかった空も

だいぶ暗くなり・・・

そして寒くなってきた寒

 

 

 

 

それに、中二の兄は鍵を持っていっていない・・・

そろそろ部活から帰ってくる~

長男は出かけてるし

しかも今日は塾だ・・・

 

 

 

 

うーーっ、早く帰りたいよぉショボーン

 

 

 

 



一方三男は、なんだか、できないのをわかっていて

わざとわがままを言っている感じ・・・

 

 

 


いやー、ここは我慢だ私!(笑)

 

 


 
こーゆう時って
無理やり動かすと悪化するし




どうやら今日はワガママ言いたい気分のようキョロキョロ

 

 

 

  
よし!もう今日は付き合おう。

 

 

 

 

付き合うと決めた!!!
 

 

 

  
そうこうしているうちに

ちびっこひろばでは遊べないとわかって
園から外へ出る。

 

 


  
自転車に乗るかと思いきや乗らない・・・
 

 

 

  
今度は・・・歩道にあるちょっと高い段差を昇り
端から端まで往復・・・
  

 

 


母・・・待つ・・・
 

 

 

  
今度は角に見える駄菓子屋さんへ向かうが
母は財布を持っていない(笑)
 

 

 

 

(保育園の前の道の突き当り、見えるところに駄菓子屋さんがあるのですあせる)  

 

 

 


お金持ってないよ~
くださいなできないよ~




という声には耳を貸さず・・・
 

 

 

  
まずは駄菓子屋付近をウロウロ(笑)

 

 


  
猫ちゃんを見つけて追いかける(笑)
 

 

 

  
駄菓子屋に入る。
 

 

 

  
ここはさすがに話をして
駄菓子屋の外へ・・・
 

 

 

  
ここまで約1時間くらい!?

 

 

 


さすがに観念したのか

ようやく自転車に乗って
帰宅~と思いきやガーン

 

 

  


自転車を降りたら
聞こえてきた救急車の音に反応し
消防署へ行きたいと・・・
 

 

 

  
はいはいわかりました~
消防署しまってるけどね~
(18時になるとシャッターが閉まる)
 

 

 

  
案の定しまってるのを
隙間から覗く(笑)
 

 

 

  
で、抱っこ~で帰宅おねがい

 

 

 

  

いやーーーーー
よく我慢したわ、わたしニヤリ

 

 

 

 

帰宅までの道のりは

通常ならチャリで5分かからず。

 

 

 

 

この日は1時間半(笑)

 

 

 

 

ここに付き合ってあげられない時もある。

 

 

 

 

でも、この一時間半が

あるのとないのでは

 

 

 

 

何かが違うと思いませんか?

 

 

 

 

働くママは、時間に追われ、やることに追われ

貴重な一分一秒だったりしますよね。

 

 

 

 

でも、一週間に一度でも

一ヶ月に一度でも

 

 

 

 

本人の気が済むまで付き合ってあげられたら

 

 

 

 

母としての自分自身のことも

ちょっと認めてあげられると思いませんか?

 

 

 

 

あー、あたし今日よく付き合ってあげたわ~って(笑)

 

 

 

 

子どもってどんなに小さくても

いろんなことを理解していて

(頭で理解というより察している感じでしょうか)

 

 

 

 

自分がわがまま言ってるな~なんてことも

わかってやっていたりしますよね。

 

 

 

 

悪いってわかってても

構ってもらいたくてやってしまうのと同じで。

 

 

 

 

何をしても自分は愛されてるって

肯定されているって

確かめたいんじゃないかな。

 

 

 

 

もちろん愛情表現っていろいろあるし

必ずしもわがままを言わせて

その通りにすることがいいわけじゃないですけどね。

 

 

 

 

何気ないこの家までの道のりを

もったいないとか

不満に思うのではなく

 

 

 

 

もうどうせなら

子どもと一緒に楽しんじゃおう!とか

 

 

 

 

もう今日は納豆ご飯でいっか!とかもありだよねってお話です照れ

 

 

 


とはいえ、5年前の私だったら

我慢できてなかったな(笑)
  

 

 


私自身、そんな自分の変化に

嬉しくなっておりますニコニコ

 

 

 

 

子どもとの信頼関係を結び

自己肯定感を育てるための関わりは

「マザーズコーチング」で学べますお願い

 

 

 

 

5月6月のワンデー講座日程が決まりましたチュー

 

 

 

 

詳細はこちらからご覧くださいピンクハート

 

 

 

 

 

====================

~読むとなぜだか少し心が楽になる~

みつはしあきこのメールレター(無料)

 

▼ご登録はこちらからお待ちしております

 

手紙みつはしあきこのメールレターの購読申し込みはこちら


===================

「ライフコーチみつはしあきこの公式LINE@」が始まりました口笛

 

 

子ども・パートナー・親など
家族の関わりをよりよくするためのヒントや
  

自分自身の生き方に迷っている人への
メッセージなどをお届けしていきます!
  

みつはしあきこの日常や
日々の気付きなどからも
何かヒントを得ていただけたら嬉しいです。
  

他にも先行案内やイベント情報も
お届け予定!!

 

ご登録はこちら▼

 

友だち追加