上毛町にゾンビがやってくる!? 町報にも載る東京ナイロンガールズゾンビ疑惑。 | 三谷晶子's Blog

三谷晶子's Blog

作家、ILAND identityプロデューサー三谷晶子のブログ。

さて、上毛町生活も三日目に突入の三谷晶子です。

本日も朝から岩風呂に入り、天気がいいので洗濯機を回しつつヨガ。

朝食にはご近所の方からいただいた山芋のすりおろしに、

これまたいただきもののゆずの千切りをかけ、

オーナーさんからいただいた激うまの椎茸をソテーして、

目玉焼きとこれまたオーナーさんから頂いたご飯をいただきました。


と、絶好調に健康的でヘルシーでロハスな生活を送っている私なのですが、

なんと。


東京ナイロンガールズ 、上毛町ではゾンビが来る!と

話題になっていたらしいという一報が入りました。

(一報の主:この上毛町ワーキングステイで先行滞在している高橋崇 さん。

上毛町で会う前から、私の小倉でのトラブル を笑うメガネ男子)


爽やか気取りも朝から台無しです。


さて、このブログだけでは、何故、私達がゾンビ扱いなのかが謎ですね。


発端はこの「王様とCoba-Uのゴゾウロッパーズ奪還大作戦」 にて

東京ナイロンガールズが受付兼にぎやかしとして

東京ナイロンガールズのイメージカラーでもある

水色のアリスの服を着てお手伝いをさせていただいたイベントから。


このイベントでは当初、水色のアリス服ぐらいにしとこうかという話だったのですが、

その後にバイオハザードカフェ さんのサポートが決定。


「皆、ゾンビのほうがやりたいよね!?」


編集長コヤナギユウ 嬢のツルの一声で全員がアリス青ゾンビ化。

その模様は詳しくはこちら からどうぞ。


そして、その後にこの上毛町ワーキングステイの詳細が情報解禁。

告知しようとしたところ、最近の写真は全てゾンビ。


ということで、このような記事になったのです。

「東京」はもう古い? 「上毛町ナイロンガールズ」10月31日より発足、ってドコ!?http://nylongirls.jp/archives/5991515.html

以下、写真は記事から。
三谷晶子の日々軽率。
ゾンビに襲われる私。迫真の演技と評判です。

私もゾンビ化したかったんですが、都合でイベントに間に合わず、

後から遊びに行ったところを坂野りんこ 嬢がぱちり。

横にいるのはゾンビと日本の祭りが大好きなデーブ。ゾンビたちに演技指導までしてました。


三谷晶子の日々軽率。

旅ガール石井小百合 (左)。

彼女は比較的控えめなゾンビメイクだったんですが、明るい写真で見たら充分ゾンビです。


三谷晶子の日々軽率。
写真作家、木下奈緒美
なんて頼りがいのあるポーズ。いい写真撮りそうなゾンビです。

三谷晶子の日々軽率。
そして、東京ナイロンガールズ 編集長コヤナギユウ (中央)。

パンダ大使目指し中なのでパンダをイメージしたゾンビ。

演技の迫真さとメイクのこなれ感があり過ぎて、素がほとんどわかりません。


でも、そんな私達ですが、実は上毛町の町報に載ってるんです!
三谷晶子の日々軽率。
この写真では、残念ながらゾンビではありませんでした。


まぁ、ゾンビじゃな…。上毛町をスティーブン・キングの世界にしてどうする…。


と、東京から遠く離れた静かな雁股山の麓でゾンビ画像を探す私。

朝の爽やかさは最早はるか彼方ですが、こうして静かな環境の中、

ゾンビに思いを馳せるのもなかなかない経験です。

ほかに思いを馳せるものはないのかとも、我ながら思いますが、

今日のご報告でした。


引き続き、上毛町を楽しんできます!