こんにちは☺️   施設ナース   akiです



今日は

※  看護・介護中にいただく言葉

※「ありがとう」の言葉に感謝して

という話です



**********




排泄介助をした後に

入居者さんから

「ありがとう」

「あんたに こんなこと させてしまって
    すまんかったなあ」

などのお言葉をいただくことが
あります。


入浴の後には

「気持ちよかったわ。ありがとう」



食事を手伝った後には

「ごちそうさま。ありがとう」


などなど

1日の生活のなかで何度も

ありがとう

の言葉をいただいています🙇




***********




寝たきりで お話が出来ない方も
たくさんいるし
ケアを受け入れてもらえず
うまく出来ないこともあります。

けれど、1日の勤務を通して
どこかで
「ありがとう」
の言葉をいただいています。




こちらも

「治療やケアに協力してくれて
ありがとうございます」

という気持ちです。



服薬介助の時には
口を開けてもらったり
苦い薬も飲んでもらいます

点滴や採血、吸引時は
痛みを我慢してもらっています

ベット上で服を着替える時には
右を向いて、左を向いて
出来る方には
腰を上げてもらったりします


少しでも協力してもらえると
とてもやり易く
ありがたいです🤗




**********




ケアを受ける方は
私たちより年上です

病気や障害のため
体のどこかが不自由だったり
認知症があるなどで
家での生活が難しい方々。


私たちより目上の方であり

人生の大先輩です!



自分の子供や孫くらいの年齢の人に
お世話にならないといけないのは、
きっと辛いと思います。

自分のこと、特に排泄は
本当は自分でやりたいですよね。


その辛さや
やりきれなさ
悔しい気持ち

を乗り越えて

ケアする私たちに
「ありがとう」を
言ってくれることに 感謝しています☺️




**********




好きな仕事をしていても
人手不足からの忙しさ
余裕のない仕事内容
などにしんどさを感じることは
よくあります



けれど

「あんたも大変やね」

「気ぃつけて 帰りよ」

「また明日ね」


など入所者さんからの
優しい言葉に
助けてもらっています🤗







「ありがとう」

の言葉をいただいて

癒されたり
元気をもらっています🍀




だから続けられるし
支えられているんだと
思います🍀





お読みいただき
ありがとうございました🤗