堂本あき子なの花日記 No.210●アメリカに来ています | 堂本あき子 オフィシャルブログ Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

堂本あき子なの花日記 No.210●アメリカに来ています

みなさまこんにちは。堂本暁子です。

久々のアメリカです。カリフォルニアのヴァレーホ(Valejo)という町で堂本家の家族会があり、ニューヨーク・ボストン・シアトル・ハワイ・シンガポール・日本(和歌山・広島・神奈川・千葉・東京)から85人が集まり、盛大に再会を祝いました。そして私の85回目の誕生日も。

19世紀末に和歌山からアメリカに渡った私の祖父と4人の弟たちが、130年の間にアメリカ各地に散り、職業も音楽家、建築家、歯科医、ハーバードの教授と千差万別です。

戦前、戦中、戦後とアメリカでも日本でもお互いに厳しい時代を生き抜いてきてのReunion(再会)でした。

1932年に私が生まれた家を探したところ、昔のままに建っていました。変わったのは玄関前にあった桜の木がなくなっていたこと、そして家を7つに分けて、7家族が住んでいたことです。子供の頃(6歳まで)を思い出し、感無量でした。

今日はカリフォルニア・ワインの里、ナパ(Napa)泊り。ワイナリーを巡りました。明後日、ロサンゼルスに移動し、8月4日に帰国します。

 

黒熊レストランにて           NapaのリゾートSilveradoにて