ベッドルーム快適化計画 | Deutschland*ドイツ*Germany

Deutschland*ドイツ*Germany

ベルリン移住生活も気付けば5年目。
日々奮闘!ドイツでの仕事。
有休あれば大好きヨーロッパの旅。
暇さえあればカフェに癒され、インテリアに没頭。
そんな暮らしをマイペースに更新中~


テーマ:

ここ最近のベルリンは、ときどき雨が降るものの、太陽サンサン!良いお天気太陽

・・・って言ってもオフィスワーカーは、外に出るときは一瞬(トホホ)

 

 

「照りつける夏の日差し」なんて日本人の前では声を大にして言えませんが、

熱が籠りやすいドイツの家(Altbauという昔ながらの家)での夏場の太陽。

 

実はけっこう暑いんです真顔

 

 

 

特に朝。

ベッドに降りかかるダイレクトな日差し!

 

寝苦しくて起きる こともしばしば。

あ、もちろんクーラーはありません。。

 

 

 

↑左側の窓だけとりあえず青色の布で応急措置してかれこれ3年(笑) それでもあっつい!&明るい!

 

 

 

「明るい」とか「暑い」って、冬場の私に聞いたら、なんて贅沢な感情ー!って思うんですけどね苦笑

 

でもやっぱり快適に寝たい・・・

 

 

 

 

 

……そんなわけで、やっと! 

ロールスクリーン設置!!!!キラキラキラキラ

 

 

 

コチラは朝、スクリーンが無い/上がりきっている状態↓

 

この光量で今までどうやって寝てたんだ・・・^^;

 

 

 

そして、同じ日の朝、スクリーンがある/下がりきっている状態↓

 

その差は歴然!ポーン

 

買ってよかった、ロールスクリーンひらめき電球

 

横から光は入ってくるのですが、個人的には逆にそれがちょうど良くて♪

朝でも、何も見えないほど真っ暗過ぎると、寝ぼけまなこに朝だか夜だかわからないのはちょっとネ。

 

 

 

 

 

ちなみに、ドイツでは、Neubau(ノイバウ)と呼ばれる新築のアパートでは、

こういった日差し対策が最初からされている家が多いと聞きます。

 

 

一方でAltbau(アルトバウ)という、昔ながらのアパート(築60年以上)をリノベして使用するアパートでは、

カーテンレールすら付いていない、まっさらな状態で入居です。

 

 

 

 

 

壁の色と同色の白にして、なるべく目立たない色をチョイス♪

 

涼しい日はカーテンのみで過ごせるように、カーテンの下に取り付け。

 

 

「取り付け」って しれっと書きましたが、

3mほどある天井にチビな私が脚立を使ってもきちんと届くはずもなく(笑)

 

いつものケルンの友達(→過去記事「週末DIY」)と190cmある相方さんにお願いし、付けてもらいました照れハート

 

御礼に、友達(ドイツ人)の大好物のNIMONO!(煮物)を作って恩返し。

得意なこと・できることをして助け合うって素敵きらきら

 

 

 

インテリアのこと、しばらく滞っていましたが、

また少しずつUP していきたいと思います笑う

 

 

********************

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

あっこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス