王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:
過去記事もいちおうアーカイブ完了しました。

ameblo→fc2経由→MT形式→自作wordpressという流れです。
移行宣言から半年かかってしまいました。

新しいサイトのURLはこちらです http://aki.shirai.as

今後ともよろしくお願いいたします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメブロの新しい機能「リクエスチョン」と「リクミィ」を試してみたいと思いました。

試しに出品してみたので、
どなたか遊んでみてもらえませんか?
http://requestion.ameba.jp/user/akihiko/reqmeInfo/4691/
どうせアメゴールドなんて月末になったら消えてしまいますし!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事上Firefox Portableを愛用しているのですが、
「USBメモリで持ち運べる Firefox Portable」

私の場合ハードディスクにインストールして便利に使っているのですが、
アメブロで新しい投稿を作るときにコピーペーストが使えないのです。
なのでアメブロだけIEを使っていたのですが、これはこれで重いしめんどくさい。
Amebloで表示されるヘルプのURL
は内容が古くて
■Mozilla リッチテキスト編集デモ向け設定
http://www.mozilla-japan.org/editor/midasdemo/securityprefs.html
この通りやっても設定できないので、以下まとめておきます。

(インストール先フォルダ)\FirefoxPortable\Data\profile
ここに「user.js」というテキストファイルを作成します。
そのファイルに以下の設定を書き込んで保存します。
user_pref("capability.policy.policynames", "allowclipboard");
user_pref("capability.policy.allowclipboard.sites", "http://www.mozilla.org");
user_pref("capability.policy.allowclipboard.sites", "http://blog.ameba.jp");
user_pref("capability.policy.allowclipboard.Clipboard.cutcopy", "allAccess");
user_pref("capability.policy.allowclipboard.Clipboard.paste", "allAccess");

これであとはFirefox Portableを再起動すれば、
とりあえずコピペは動作します。Ver.3.0.5で動作確認済。
URLの自動A HREF化とかは対応していないのですが、
それでもctrl+vが使えないよりは全然まし。速いし。

ちなみにPortableじゃないFirefoxの場合は、
C:\Documents and Settings\(ログインユーザ名)\Application Data\Mozilla
ここに置けばよいはずです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アメーバニュースはいつ見ても阿呆な記事と反応が多くて和むなあ、いい意味で。



2ちゃんねる管理人ひろゆきがブログ炎上防止策を提示

http://news.ameba.jp/2006/11/we1123_1.php
 2ちゃんねる管理人のひろゆき氏(30)が、「なんで炎上するような内容のブログを書く人は更に炎上するような対応をするのだろうか?」というブログのエントリーでその理由と対応策を述べている..........

そうねえ…ひとこと言うなら

「坊やだからさ!!…いい意味で。」


ことわざ通り「爪の垢を煎じて飲んで」みた
http://news.ameba.jp/2006/11/sp1121_1.php

 ことわざにあるように、先輩にあやかりたい思いから爪の垢を煎じて飲んでみたくなった。先輩に思い切って申し込むと、苦笑いしながらも快く受け入れてくれた..........

(上記URLは食事中には見ないことをお勧めします)

「爪の垢は1kgぐらい煎じて飲まないと意味ないんだよ」

とかデマ情報を書いてみようと思いましたがやめました。

41番さんが言っているように「爪の垢ぐらいほんのちょっとしたことでも見習え」という意味だと思います。

でも、先人にも馬鹿がいて、本当にやる人がいたので雑菌でおなかを壊して死なないように「煎じて」を加えたんだと思います。


まあ馬鹿は死なないと治らないそうですけど。


これは馬鹿が馬鹿な努力をしても、やっぱり馬鹿なんだよ、という意味だと思います。


それにしても、

こんな馬鹿なことをして給料をもらえているかもしれないアメブロ担当者はどうかしていると思います。

日本って幸せな国ですね。いい意味で。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Youtubeを強く意識したと思われるamebaの新機能「ameba vision」。



早速試してみた。
でもYouTubeは外人露出度高いから、どうなんだろうな、amebaで出す意味あるのか、とか。
とりあえず1GBまではいけるらしいので100MBの動画が10本弱か。少ないな。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ライブドア株も予想通り整理ポスト送りになって、今まで以上に香ばしい感じの人々の投棄…じゃなかった投機銘柄になってしまいそうですねえ。

それはそうと、いままでライブドアに買収される恐怖を味わい続けてきた「見込みのある」IT業界中堅各社にとってはチャンスですね。

・mixiのeマーキュリー
・amebloのサイバーエージェント

もちろん大手のYahooをはじめとする広告代理店系もここは攻めの一歩だと思われます。
楽天は…どうかな、もとから実のないモールだしな…。
火の粉を払うのに精一杯かも。

ところで、mixiはいつまでたってもβですが、
サイバーエージェントはamebloに「スクラップブック」という機能をつけています。簡単に言えば「ブログの横つながり」ですが、アメブロは元からランキング目当てのしょうもないBlogが多いので(自分もですが)、客層がイマイチです。また毎回毎回のお題がしょうもなすぎて、社員の技量を疑われていた「トラックバックセンター」もなくなってしまいました。せっかくお題にマジレスするのが面白かったのに何考えてるんでしょう。

とおもったら今回のメンテナンスでさらに新機能追加ですね。
「アメーバオークション」
http://auction.ameba.jp/
なんとBlogとオークションの連動サイトです。
お金のにおいに敏感なアメブロユーザーにはいい線ついてるのではないでしょうか。

それにしても公開したてのオークションサイトって…まるで開店したてのリサイクルショップみたいですね。運営会社は別会社なのですが…。

ありえないほど品物が「制作会社がそろえてまっす」と言う感じで、さらに投売り感あり。
もしかしたらものすごい掘り出し物があるかもしれない。

まそういうわけで、IT業界もある意味、織田信長が本能寺で憤死したおかげでチャンスなんだと思うんですよ、関連各位はがんばってくださいね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

コミュニティとBlogを合体させたような新機能。

見た目はかっこいいけど、まだまだ機能的には育つと見た。

それにしても公開から何日もたってないのに100人越えコミュニティが林立しているのはすごい。

さすがアメブロ。


とりあえず作ったスクラップブック。

■研究研

http://scrapbook.ameba.jp/researcher_book/

 研究者のお仕事って何だろう?文系理系問わず。


■フランス地方都市の魅力

http://scrapbook.ameba.jp/france-plus_book/

 自分の旅行のためにも。求む情報!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今週のTBテーマはこんなかんじ
http://ameblo.jp/trackback-abroad/entry-10005217037.html
ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの
―室生犀星
フランスで生活していろんな人に会うと、日本人について再発見することが多い。
今回の南仏では特に表層ジャポニズムの影響を多く発見した。
ZENといっていろんなまじないグッズを売るもの、それを買えば健康になれると信じている人、鉢巻をすれば気合が入ると信じている人、日本人は仏教で、仏教=禅で、レビテーション(浮遊)ができると冗談めいていってみたりする人も沢山いる。
他にも汚いひらがなを美しいと本気で言う人(これはわかっている人とわかっていない人が半々ぐらい)、TOFUが入っていれば健康だと思い込んでいる人、部屋の中に障子を模したインテリアを飾る人、日本人同士の駄話を「美しい歌」という人などなど、親日家、一部親日家など南仏アヴィニョンには日本人が沢山住んでいるだけあって結構な"日本通"がいた。
日本人の文化や特徴についてもよく知っている人が結構いた。
こういうのは本だって出ている(「不思議な日本人」など)。
でも私は最近、こういうのは再考されるべきではないかと考えている。
たとえばこういう認識、
・日本人は自分の考えていることを口に出すのが苦手
これは当てはまる人も多いとは思う、でも中田や松井を例に出すまでもなく、海外に飛び出してくるような日本人にこれは当てはまらないことが多い。
『最近の日本人ってのはね、よく喋るんだよ』
というときょとんとした顔をしたりする。
しかし現代日本人は、実際よく喋ると思う。
思ってることを口にしない、それは過去のことになりつつあるのではないだろうか?
例えば2chを代表とするネット掲示板、こんなに大規模で社会影響力がある上に忌憚無いディスカッションが行われるメディアというのをまだ他の国で発見したことが無い(無いことは無いが、2chほど滅茶苦茶に文化を形成したり廃人を生み出したりしていない)。
それから実際の生活においても、職場など、日本人のサラリーマン特に管理職は思ったことを言いすぎだ。
そんなことを言ったらハラスメントだ、相手が傷つく、同じ事を言われてあなたはムカつかないのか…そういったことを平気で言い放つ日本人。
もし心に思い当たることがある人が居たら、
いっぺんそれを英語で言ってみて欲しい。
マンガ「ディルバート」だってそこまでエグくない、ということを日本人は普通に家庭や職場や学校で言っていたりする。
つまるところ、現代日本語は「同僚」という距離の人間にはかなり攻撃的な言葉をつかえるということだ。
ギャル語のようなものも同様。フォネティックは「日本語って美しいねえ」と言われるようなリエゾンの塊のようなメロディを持っているが、中身はエグい。
とりあえず言語についてまとめてみたが、ついでに役人についてもちょっとメモしておこうと思う。
日本の役人(政府機関・団体職員・教員等)は150年前と比べてずいぶんと変わってきていると思う。特に国際的に見ても不思議な精神構造を持っているのではないかと思う。
保守なのに反体制、革新、大予算、茶髪。
ドラスティックに保守を述べ、
あっけらかんと革新を要求する。
日本に明確なコンプレックスを抱きながら
心の片隅で日本の優位を信じているところがある。
世界中でどこよりもキッチリと神経質に前準備したがるが、
そのくせ平気で間違えたり仕事を寝かせたりする。
まあどこの国でも同じようにずれているのかもしれないが
「不思議な日本人」という本はそろそろ日本人向けに再度書き直されてもよいかと思うのだ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

TBテーマ「留学から帰って来たらまずしたいこと」

まあ自分、留学かどうか微妙なんですが、一時帰国でたいていやってそうなことをメモってみました。

成田にて

・Blog書き うそ、いやほんとかも。メールチェック、仕事だし。

・「あつ~」と一言。

・休止している携帯をアクティベートする

・日本円を入手

・家族に電話

・あとは京成に乗りながら考える リムジンバスより安くてお勧め。広告とか人間観察できるし。

食べ物関係

・回転寿司と立ち寿司を賞味

・以前ほど日本食のジャンクフードには興味なくなった ラーメンとか…。

人間関係

・パトロンさんたちには会う

・研究室には1つぐらい顔を出す

・学会とかイベントには行く

・展覧会とかもできれば行っておきたい

・友人には1名は会っておく

買い物関係

・秋葉原 ただ歩いてみて回るだけでも何が流行っているか感じられる

・ゲーセン できるだけロケテストとかしてそうな先端の店

・玩具店 キャラクターマーチャンダイジングがやたらと多いけど、発見もある。

・郵便局でしかできないことをいろいろする

お土産を買う 最近はデパ地下が効率よいと発見。

住居関係

・DMを捨てる

・雨戸を開けて空気の入れ替えをする

・草刈をする

・太陽熱温水器の水を入れ替える

・録画サーバなどの面倒を見ておく

家族関係

・両家の夕食に御呼ばれする

・PC関係をコンサルする

・仏壇にいく

そんなところかなあ、なんかまだ忘れてそうな気がする。

次回の一時帰国は半日しかないから多分何もできないなあ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「外国人のここが好き」という、またしてもamebloの外したTBテーマがあるので、つきあってみる。

てゆかここ「留学・ホームステイ」なんですけど。

多くのブロガーにとって「外国人」とは自分のことなんじゃないの、とか。


それはそれとしても「外国人」。

ガイジン、フォーリナー、インベーダー、エトランジェ。

外国人に対する風当たりは、むしろそれを受け止める国の純国民性にある。

日本やフランスの地方都市のような場所と、多民族国家・他民族都市は外国人に対する風当たりも違ってくる。

前者は概して冷たい。

しかしそれだけに、外国人に対する優しさは、痛いほど感じる。


異国で外国人としての経験をしている人ほど、外国人に対する本当の優しさについてよくわかっている。

えもいわれぬ孤独、家族との距離、職場や周囲での疎外感。

そのどれもが、私が日本での職場や大学、研究室といった場所では気がつかなかった感覚である。

常に自分の発する言葉が正しいかどうかわからない不安、正しく聞き取れないことによる不安。仮に言葉に全く問題がなくても文化の違い、制度の違い、任される仕事の違いなど、さまざまな理由で孤独を感じる。


そういったものを乗り越えてこその留学なのだけれど、

あえて「外国人のここが好き」というテーマに答えるのであれば、

外国人であり、この孤独感を共有できる、国際社会に生きるものとして、愛すべき同志である、といえるだろう。


さて、明日からまた「外国人」だ!

「愛すべき外国人」になれるよう、がんばろうっと。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。