王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:
角井さんの通夜に参列させていただきました。

誘い合わせて参加していた、草原研究室のみんな。
ほんと立派になって・・・。

Alexとか、もう何年ぶりに再会だろう?
鈴木君と同じく、角井さんにLAやらサンタモニカを連れ回してもらった仲です。
角井さんが乗ってた飛行機がハイジャックされた話、思い出した。
こんなことがあったりするから、ちょっとやそっとの事じゃ、他界するなんて思いもよらなかった。

Alexが思い出で「透析のパックを車運転しながら片手で換えてたよ」なんて話をする。そんなアクロバットも角井さんらしい逸話だけれど。

広沢も同じく何年ぶりだろうか。
この子、大学一年のとき、私が判断誤ってたら命落としてたかもしれないんだよな。。。
モチヅキマサオくんにもあった。国語の先生目指しているらしい。「白井先生の工芸大での授業がなかったら」なんて話をされると正直涙腺がゆるむ。だってそういう熱い教師行為を教えたのは当の故人、角井英司さんだから。彼のDNAです。
もちろん草原先生も大事な存在だけど・・・そう、先生は海外出張中だったらしいです。大きな献花がありました。早稲田も何件かお花、そしてアップルジャパンの取締役からも。egg studioからの献花に参加させていただきましたが。ちょっともの悲しいです。もっと元気なときにいろいろすれば良かった、俺つめた過ぎやしなかったか、とか、ホントバカだよ角井さん、明日は我が身だよ、でもこんな身を張った教えかたしなくても・・・といろいろ考えていたら涙が止まらなくなった。

学習障害もそう。それをある意味克服したと自分で思っていた私。それをカミングアウトしてコミュニティを立ち上げた角井さん。思えば学習障害すら、彼にとっては武器になっていた。
彼にすれば私なんて、世間に迎合して克服した気になっているだけ!妥協許さじ。不器用・喧嘩上等。漢です。


会場には若い学生さんからオジサンまで、ほんとたくさんの人がご焼香に参列している。受付には故人が最後まで触っていたMacBookProとeMobileがあり、代島さんが参加していた科学技術映像プロデューサ養成研修のための事業計画プレゼンがかけられていた。

ああ、こんなことやってたんだな、と俯瞰できる内容。でもこれ、病院に持ち込んでやってたんだよな。mixiとかも。

そんな故人の最後の遺品に、気軽に触る気にはなれなかった。

かぐやの夢、観てもらいたかったな。
最後にやりとりしたメールには、まだまだ長生きしなきゃ!ってな書きぶりだったのでつい、安心してしまった。

最後にお顔を見ることができたんだけど。
化粧のせいもあって、本当に寝ているみたいだった。
初めてプロとしてお金をもらって仕上げたCGの仕事、その横で、こんな風に腕組みしながらガーゴーといびきをかいて眠っていた角井さん。そのときの朝日に照らされて、妙にリアリティのある彼の寝顔・・・そんなことを思い出したら涙が止まらなくなった。

事務局を引き受けてくださったKenさんやtakくんには「次に倒れるのは白井さんだよ、ホント無茶しちゃダメだ」と熱く伝えられる。でも、角井さんが10歳若かったら同じ事してると思う。家族もいる、子供もいる、そして長生きして初めて、みんな幸せなんだよ!そんなことを教えてくれるために、角井さん、無茶しすぎです。

アクロバットも、入院実況中継も、車椅子生活も。
そんなチキンレースじゃなく、体を大事に、自分の体をもっと愛してあげなきゃあ!とほんとうの意味で彼に伝えてあげられた人はどれだけいたのか。
そういう業界になってはいけない。
そういうひと、そういう習慣が、無意味になるような、良い人を育て、良い活動をしていかなければならない。

中秋の名月を見る度に
角井さんのことを偲ぼう。
ハンディがあってもそれをポジティブに、
そして体を休め、熱さのある教育を、
未来を語り、自然を愛そう。

涙の別れは角井さんらしくない。
流しても良いけど、
顔はくしゃくしゃに
笑って送りたい。

さようなら角井さん。
さようなら。
ちょっと時代を先取りするのが
早すぎなのがあなたらしいけど
おかげでみんな
すぐにはそっちには行かないつもりだから
さきに仲間を増やして
楽しい場所を探しておいてよね。
さようなら・・・。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

毎晩朝までmixiでお会いしていた角井英司さんが、今朝お亡くなりになったそうです。
先日、個人としてのBlogを開設されたばかりでした。
http://profile.ameba.jp/tsunoi/

豪快な性格で、私に初めてプロとしてのCGの仕事をくれた人です。
私の初参加であったSIGGRAPH97でLAを連れ回してくれた人物であり、
中学の先輩でもあり、義理や人情の良いところを教えてくれた人でもあります。
とてもだらしないところも含めて勉強させてくれた先輩です。

晩年はプラネタリウムやドーム映像、パラリンピック写真展、そして若者の指導教育に公私をなげうって取り組んでおられました。
IVRCの審査員をやっていただいたこともあります。

自分がプロデュースをつとめた「かぐやの夢」を見てもらいたかったです。
障害者の視点で設計しようとしておられたドームも何かの機会に実現しなければと思います。

こんな日記にも返信してくれそうな気すらする...そんな暖かい精神をもった彼との別れがこんなに早く来るとは。

なにより、思い起こせば、この過酷な映像業界やボランティアに関わる人々が、彼のようなガッツと泥臭さを忘れず、かつ心身ともに健康に生き続けなければならない...そんなメッセージを命をもって伝えてくれているようにも感じます。



通夜・告別式は週末になると聞いております。
ご冥福をお祈りしたいと思います。


追記:


角井さんの葬儀詳細について連絡がきたのでお送りします。

○通夜:
9月20日(土)19時~

○告別式:
9月21日(日)13時~

○喪主:
角井央次(つのい なかじ)様 (ご尊父)

○於:
エヴァホール戸塚
http://www.jacsen.com/saijo/totsuka/ev_totsuka.htm
横浜市戸塚区鳥が丘12-13 Tel.045-861-8777
(横浜市営地下鉄 踊場駅4番出口から徒歩15分 / JR戸塚駅よりタクシー)

以上です。

またblogへの転載ですが、「広く関係のあった皆様に来ていただきたいので、
基本的にOK。ただ人数の把握はできればしたい」とのことでした。

■弔文、供花をお考えの方へ
弔文電報や供花は、葬儀場のサイト経由で行えるようです。
遠方や不都合等で出席できない方は、こちらもご利用ください。
http://www.jacsen.com/saijo/totsuka/ev_totsuka.htm

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Blog読者各位
いつもお世話になっております。

先般より制作しておりました
4Kデジタルシネマ「かぐやの夢」ですが、
本日無事完成し、館内試写を実施いたしました。
一般公開日の9/15に上映会を実施する
運びとなりましたので、宜しくご参加・ご紹介いただければ幸いです。

■超高精細4K映像作品
 「かぐやの夢~月と日本人・二つの「かぐや」の物語~」■

月周回衛星「かぐや」により撮影された月の映像に、1000年以上前から日本人が
愛し続けてきた「竹取物語」の文学的な視点を交え、月の本当の姿と、時代を超
えて月を愛し続ける日本人の想いについてをひも解いていく映画です。ハイビ
ジョンの4倍の解像度を誇る超高精細映像システムを使用して撮影した映像を、
800インチの大型スクリーンで上映します。

監修: 加藤 學(宇宙航空研究開発機構教授)
小嶋菜温子(立教大学文学部教授)
特別協力: 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
製作:   日本科学未来館+立教大学
上映時間: 30分

【上映会】
日時:9月15日(月・祝) 14:15~14:45/15:00~15:30/15:45~16:15
会場:日本科学未来館 1F 企画展示ゾーンb
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/080915151672.html



■公開記念トークイベント
「時を超える月・物語 ~ かぐや姫幻想×月光条例 ~」
この作品の公開を記念して、監修に当たった伝承文学研究家の小嶋菜温子氏と、
『月光条例』『うしおととら』の作者である藤田和日郎氏を迎え、日本人の伝統
が育んできた月への想いをひもとく対談です。
日時 9月15日(月・祝) 13:00~13:45
場所 企画展示ゾーンb(1階)
出演 小嶋菜温子(立教大学文学部教授)、藤田和日郎(漫画家)
定員 100名
※申し込み不要。当日直接会場までお越し下さい。


よろしくお願いいたします。

新橋からゆりかもめ、テレコムセンター駅もしくは船の科学館駅下車です。

日本初の4Kデジタル映画作品、
国内最大級のスクリーンというだけでなく
私の人生において大きな起点になる作品です。
よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いろいろあるが、とりいそぎ。

http://jp.youtube.com/watch?v=K3PhrXCbLhk
http://jp.youtube.com/watch?v=lcm5PPcX-aM
http://jp.youtube.com/watch?v=Fu8DT6RSO8E
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
929644215_150.jpg
本日、映像業界関係者向けに完成試写会を実施しました。
3回上映、200人以上…皆さんご参加ありがとうございました。
次回は9/15本番です。

なんだかもー展開でホント忙しくなりそうな予感。


ちなみに昨日の流れ。
夜、突然某協会のVIPが試写会に参加
館長に呼ばれて、いろいろ話。
21時過ぎに席に戻って企画書書き
そのまま朝まで。
9時に音声の調整
10時に企画書の読み合わせ
11時に室内のミーティング
12時に企画書の発表、しながらアンケート作成
13時に上映システムのセットアップ&アンケート印刷チェック
14時に上映準備確認、来客対応開始
15時に無事初回上映開始。思わず感涙。うれし涙。
15:45に第二回。監督の弁が立ってくる。
16時に臨時で某VIP向け上映
17:45に最終回上映。監督大いに喋る。
18時30分に撤収開始できず現場にご迷惑をおかけする
営業もしなきゃいけないから大変だけど、気遣い気遣い…。
19時ごろ撤収ほとんど手伝えず終了。
20時にIVRCでの解説の打合せしつつ。現場からいろいろご指摘をうけ反省。
21時になってもIVRC準備作業まだ終わらず。
22時に各所に依頼メール出しまくり。
23時タクシーで駅まで走って何とか終電
25時マクドで晩ご飯。

明日も早いな。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今電車が混んでて、何をするにも中途半端な時間なので、携帯で先月に見た映画の映画評を書くことにする。

『アイアンマン』
http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/

一言でいえば『予想以上にいい映画でした』。
二言でいうと『理系青年は要チェック、特にVR/MR関係者は観覧必須』
三言目を付け足していいなら『予想していたようなダサさは全くなかった』...というところ。

CGのスゴさはSIGGRAPHの最終日に拝見していたんだけど、それとは別にストーリーと演出面。米国と中東、そこに暗躍する武器商人、理系・天才の爛漫から苦悩、奇跡のサバイバル、脱出劇、ニューエネルギー、アイアンマン設計過程で使われる『触覚フィードバックつきMR』、人工知能ナビ...などなど最新のトピックが上手に映画になっている。個人的には『マイノリティリポート』よりは純粋に楽しめたし、引用先になると思う。

ちなみに原作はもっとごてごてしている感じがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アイアンマン
戦争もベトナム戦争だしね。
現代向けに軽いキャラになっているのは正解かも。
日本のプロモーションの仕方、特にコピー『装着せよ、強き自分』はどうかなーと思うけど。

そんなわけでおすすめ映画でした。
業界関係者は必ず見てくださいな。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。