王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:
いま4Kで映画作ってます。
肩書きはプロデューサーだけど、
徹夜のスチル撮影からシナリオ、プロット、VFXからポスプロ、投影技師まで
やってる。

上映予定。
いまのところこの日しか見れませんのでご注意を。
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/2008/09151545.html
■9/15(月・祝日)
13:00~13:45 トークイベント
漫画家(週刊少年サンデー)藤田和日郎がくる。
14:15~14:45 第1回目上映
15:00~15:30 第2回目上映
15:45~16:00 第3回目上映
入場無料、事前予約なし。

900インチのスクリーンに上映される。幅18mとかある。
実際にはもっと小さく投影した方が良いかもな、という感じ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MoonHonolulu20080818.jpg
ひさびさ仕事の話

いままであまり細かいことを書いていませんでしたが、
4Kデジタルシネマを作っております。
いま制作の大詰め。
科学に責任もてるスクリプトを書くのって本当に大変。

1分ちょっとののスクリプトを書くのに、
3-4倍のテキスト分量がある資料を裏で書いていたりする。
削って削って、この先もさらに削られちゃうかもしれない。

4Kってのはハイビジョンの縦横2倍の解像度がある
デジタル映像システムです。
「よんけー」とか「フォーケー」と呼ばれますね。
近い将来、映画館ではフィルムじゃなくて、
このプロジェクタが配給の基本になるわけですね。
いまは「きれい・高精細・高額・(せいさくが)きつい」
というかんじですけどー…。

科学館で、しかもこのリソースで映画作るのって
本当に大変なことでございます。


私はこの映画のTD(技術監督)みたいな仕事をしているわけですね。
シナリオ書いたり、VFX作ったりしてます。
ちなみに自分が担当しているシーンの映像では、
かなりすごいものが「かなり自然に」挿入される予定。
もちろんJAXAの研究者の協力や、徹夜繰り返して夜間撮影とか
いろいろやっているわけですけど。詳細割愛。乞うご期待。


■補足
9/15上映「かぐやの夢」
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/2008/09151545.html
ちなみに当日の13-15時でトーク&上映イベントが開催されます。
「竹取物語」研究者の小嶋先生と、週刊少年サンデーで「月光条例」連載中の藤
田和日郎先生が出演予定。すげえっす。
9/15のイベントで私は本当は挨拶しなきゃいけないんだけど、
4Kプロジェクタという巨砲を操っている予定ですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか便利だと思う。

試しに作ってみた。
http://spreadsheets.google.com/viewform?key=pfpQ2u0D5KeUFIfb8Og_iIA

てゆーか、この程度のシステムも開発できないシステム担当者とかはGoogleのお
かげで職を追われる時代がやってきたような気がする。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
朝、テレポ駅からお台場冒険王の入り口通って会社いこうとおもったら、
『レトロゲームセンターCX、遊ばれる方はこちら』
・・・という看板が。

おおーっ!冒険王はあんまり興味なかったけど正直これはナイス企画

と思いつつも左を見ると

なんかすごい独特の列が。
有野課長のコスプレとかいるし。

ああ、じぶんこの列の同族だったか・・・・。


国際交流館の近辺までくると
今度はレイヤーさんとおぼおしき
小型スーツケース引っ張る女子の山。


お台場って
そういう街だったんだっけ


といいつつ
仕掛けている側でもあるんだけどね・・・。
さて帰ろう。
久々家族の顔がみれる・・・。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SIGGRAPH最終日の話。

結局、行けなかったイベントなんだけど
machiko先生やMaaに聞いたイベント。

「The Greatest 80's CG Party」
http://www.greatest80scgparty.com/
The date is FRIDAY, AUGUST 15TH, 2008 at 8pm (last day of SIGGRAPH'08)
The location is THE FOREST OF MIRRORS, 6124 Lederer Avenue, Woodland
Hills, CA 91367

会場遠すぎる…。
そのイベントの存在だけでもメモしておこう…。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

初日到着後の写真。
忘れないうちにアルバムにしておこう。
やっぱり一眼レフはいいのお。


初日到着直後。今日はレジストレーションをすませればミッション終了なので、徒歩でLAダウンタウンの感覚をつかむことにしました。


Citibankセンター。宿(Marriott, 333 Figueroa st.)の近くはBanker Hillという銀行街。

LAに行ったときはよく泊まっているFigueroaホテル。壁面広告が有名。今日はちょうど職人が描いているところに遭遇。

これが壁面広告職人。最後に仕上げをする人がいるんだろうな。

完成後はこうなる。



会場であるLAコンベンションセンター(LACC)の隣、Staples Center。スポーツイベントの会場に使われる。

LACCのNorth Hall。80年代SFのような建築が好感。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ことしもIVRCのBoF(Birds of a Feather)ミーティングを開催させていただきました。


はやいもので今年で6年目。公式プログラムにも掲載されております。

http://www.siggraph.org/s2008/attendees/birds/


今年は私が参加できるかどうか分からない状況だったので、開催が危ぶまれておりましたが、なんとか。


準備状況もぎりぎりで、講演者も決まっていない状態で当日の朝5時から日本にいる高橋さん(北陸先端大)にリモートで助けてもらいながらPowerPoint作成。感謝。


なんとか講演者をそろえて...という状態。

それでも会場は立ち見が出るほどの集まりよう。



IVRCの活動って注目されているんだなあ。



毎年だとSIGGRAPH E-Techのチェアにキーノートをいただくところですが、今年は準備の時間がほとんど無かったので、"New Generation Begins in the history of interactive and VR"というタイトルで、自分がオープニングアドレスをさせていただきました。



そしてキーノートとしてLaval VirtualからVice PresidentのGuy Le Brasから、ここに至るまでの小史が語られました。LavalにおけるVRの取り組みの10年、日本とアメリカとの関係などがまとまって話されておりました。

http://picasaweb.google.co.jp/akihiko.shirai/SIGGRAPH08IVRCBoF/photo#5233733599399416978

いつもの「IVRCとは何か」というプレゼンテーションに続いて、

SIGGRAPHで発表している、IVRC学生プロジェクトの紹介。


「Ants in the Pants(虫?How)」(電通大・梶本研)


チームたまごちゃんの代表である松尾佳菜子さん。

社会人1年目にしてお盆休みをフルに使ってのSIGGRAPH参加。

一連のプレゼンテーションの最後に、企業においてこの活動を続けることの難しさなどについても触れられておりました。

原稿は事前に用意されておりましたが、非常に上手な英語発表でした。



「風景バーテンダー」で見事、自由応募でNew Tech Demoでの発表を勝ち取った北陸先端大、野田君。

英語が本当に苦手らしく、逐次通訳で対応させていただきました。




"The Dreaming Pillow (L'Oreiller Rêveur)"

パリ第8大ATI(Art and Technology of Images)

Armella Leung とそのパートナーOlivier Oswald。

SIGGRAPHではSlow Art::Rhythmsで採択されています。

http://www.siggraph.org/s2008/attendees/slow/rhythms.php


IVRCフランス代表作品がSIGGRAPHで発表したのも初めてですが、IVRCで発表する前にSIGGRAPHに採択されたのも初めて。さらにいうと夫婦でIVRC参加というのも初めてです。Armellaの映像表現能力は本当にすごい。彼女の中国系マダガスカル出身のフランス人、という経歴も何かしら影響があるのでしょう。

Laval Virtualからの短い間、数々の授賞をしているようですから、日本のIVRCでの発表にも期待が集まります。


発表は映像を紹介しながら、開発での難しさなどを紹介。Olivierはたどたどしい英語でしたが、Ecole de Minesとの協働で静電方式のマルチタッチセンサーを開発し、日常物である枕に実装したという話を紹介してくれました。


"The Dreaming Pillow" on YouTube

http://jp.youtube.com/watch?v=y7ZpuDPBeGw


未来館で9/13-14で開催されるIVRC東京大会とインタラクティブ東京の情報。


実行委員長である舘先生から締めのお言葉と....


駆けつけてくれたPaul Debevec(Matrixのバレット撮影やHDRIなどハリウッドで最も有名な研究者)からのお言葉。彼はコースの講師などもあって大変な中、飛び込みできてくれました。



終了後の記念写真。左からByu-Byu-ViewでSIGGRAPH2007に採択、Laval Virtual2008でも授賞した古川さん、 Laval VirtualディレクターMatthieu Lepine、舘先生、Paul Debevec、Guy Le Bras、そして私。

他にもいろいろ面白い方がいたのですが・・・時間がタイトでしたね。撮影は電通大の永谷さん。


ご参加ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!


【参考リンク】

http://ivrc.net/

http://ivrc.net/BoF/

http://interactivetokyo.jp/


http://picasaweb.google.co.jp/akihiko.shirai/SIGGRAPH08IVRCBoF


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いろいろありましたが
これからSIGGRAPH2008に出発です。
NW2便は知った顔だらけでした。

さあこれで眠れる。。
30時間ぶっ通し4Kれんだりんぐとかからも解放
。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
キッズデザイン博2008を見学してきました。
http://www.kidsdesign.jp/
主催 キッズデザイン協議会(内閣府認証NPO)
共催 経済産業省、財団法人機械産業記念事業財団
後援 総務省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、環境省、東京都、板橋区、財団法人日本産業デザイン振興会、日本赤十字社
協賛 安藤建設、エプソン販売、学習研究社、鹿島建設、CSKホールディングス、積水ハウス、東京ガス、トステム住宅研究所、凸版印刷、富士通、フレーベル館、ミサワホーム、モノづくり推進会議会
協力 日刊工業新聞社、三信化工、サントリー、セガトイズ、日立製作所

8月10日まで、入場無料です。





渋谷外苑前TEPIA(機械産業記念事業館)プラザエントランス。しつらえとかスタッフの数とか、しっかりお金かかってる感あり。


まずは受賞作の展示。


ほとんどの展示がこどもが実際に触って試せるようになっており、台や紙なども用意されている。このはさみは触ってみると、やっぱり指が切れないことがよくわかる。




その他受賞作の展示エリア。所狭し!という感じだけど140ぐらいある。小粒で良いのかも。企業からの解説担当者が立っているブースもある。




本田グループのキッズバイクを開発して、サーキット等で運用している会社「モビリティランド」。ツインリンクもてぎ、鈴鹿サーキット、多摩テックで展開しているこどもでも乗れるバイク体験コース(40分・ワークショップ形式、ライセンス付き)の紹介。

このバイク、すごいです。電池駆動(動力は電動工具と同じモーターらしい)で、音も出ます。ライトも光ります。そしてなんと言っても、大人でも乗れるように設計されているところがすばらしいです。ホンダ的には、このような活動でバイク離れに歯止めをかけたいのだそうですが、さすが良くできてます。アルミボディ。

ワークショップエリアその1。



ワークショップエリア、その2。標識をデザインしよう、というもの。確かにこども視点で考えてみたいね。



産総研西田先生のノボレオン初公開。番号の着いたベストが賢いですね。最大処理人数が重要なので。



西田研の学生さんががんばってます。



ロボティックなので力が加わったところが光ったりしています。

たまには手伝っている図も。


データ取り用?のカメラ発見。


ゲーム形式の危険理解コンテンツも良くできてました。





エントランス左。親子審査員として参加できます。このマントを着けるんだそうです。ちょっと暑いかも?

再び企業ブース。




全部リサイクル段ボールでできたままごとキッチン。 扉もちゃんと開きます。



マグネットのようなものも着いている。電子レンジの窓は再生PET樹脂。



数少ない大学と科学館のコラボ。iPodTouchで江ノ島水族館をナビゲーション。


同じくiPodで動物園。



テレビ取材が来ていた、基礎体温を自動で計測しQRコードで管理してくれる「母用たまごっち」的なもの。QRコードで伝送するのは賢いかも!





ロボティック歩行補助。こどもにはカッコイイ!といわれていた。なるほど。
アクティブ歩行支援「HART STEP」という名前らしいです。
体験してみたいが無理か・・・。





客層はお母さん+こどもが多かったです。平日の昼間だからかもしれませんが空いてました。

ちなみに今日、8月8日はキッズデザインの日らしいです。



空いてると逆に、企業の営業さんとかはゆっくり話せていいのかもしれません。




陶器の食器を繕う、実演が見たかった。





実物が見てみたいけど、見るとドン引き感がある展示例の一つ。




建築パースコーナー。映像を見ている限りでは、モデルルームがちゃんとあるようです。住んでみたい。


こちらも別のハウスメーカーの展示。写真や映像で想像ふくらます、という感じでした。もちろんこどもは素通り。




全身がレゴ化しているセガトイズのライド。





ノボレオン休憩中。





アンケートに答えると、左にあるミニペットボトルが1本もらえます。それってすごいことだよなあ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
http://www.taro.org/policy/
文部科学省政策棚卸し(科学技術).doc

その科学技術がいくらかかってるのかとか、
ポスドク問題がどうとらえられているのかとか勉強になります。

で、"とある館"の評価。
ふむふむ。
「民間移管」
「他館と統合」
えー。

もちろんこれが即実行という話ではないんですけど、
開館以来科学離れと戦ってきた今までの評価は無いわけね。
(※最近では科学離れは解消してきているというデータもあるらしい)

それに運営は民間なんですけど、既に。
そんな過酷な競争の中で、みなさんのサービス残業と徹夜の末に成り立ってる部分もあるわけなんですが。

館ごと売り飛ばそうって話なんでしょうかねえ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。