チームB千秋楽を終えて

テーマ:

11ヶ月というAKB史上最長の公演となった


「パジャマドライブ」公演


昨日で千秋楽を迎えました。


チームBにとって初のオリジナル公演ということで


ファンの方達は勿論、メンバーにとっても


思い入れのある公演だったと思います。


チームB担当の山本もファンの皆様の前で言っていましたが


本当にこの11ヶ月、「色々なこと」があったと思います。


その「色々なこと」がメンバーやファンの結束を強くし


山を乗り越え、最終的には今年のAXライブで見事「初日」


が1位になるという快挙を成し遂げることに繋がったのだと


思っています。


そして、昨日で松岡と野口がチームBを卒業しました。


チームBとしてAKB48のオーディションに合格してから


昨日まで、本当にお疲れ様でした。


二人ともこれから先に色々なことがあるとは思いますが


AKB48劇場のステージで学んだ事は必ず今後、自分


の事を救ってくれると思います。


絶対に諦めずに自分の決めた道をまっすぐ進んで欲しい


です。


そして、昨日の千秋楽を見ていて改めて感じたことがあります。


人は「相手」がいてくれるからこそ、自分の存在価値を


見出すことが出来るのだということです。


シンプルに言うと、「ファン」が応援してくださるからこそ


「メンバー」でいられるのだということです。


千秋楽の最後にダブルアンコールで「初日」を行った


時のファンの方の盛り上がり様を見て、本当に


嬉しく思いました。


これだけ盛り上がってくださるファンがいるからこそ


メンバーも「頑張ろう!!」という気持ちになれる


んだな。


そしてその「頑張り」がまた、ファンの方の心に伝わり


さらに「応援」をしてくださるんだな。


そんな当たり前のことに改めて気付かされたチームB


の千秋楽でした。


2月8日の初日に向けて、チームBは怒涛の日々が


始まっています。


2月8日


「アイドルの夜明け」公演初日


心待ちにして下さっているファンの方達の期待に


応えられるよう、一丸となったチームBと会えるのが


楽しみです!