星の砂漠から愛にかえる旅

星の砂漠から愛にかえる旅

潜在意識を探求しながら ルーツにもどる旅の途中
光のタロット・ヒプノセラピー・靈氣・そして奇跡のコースの学習者

ようこそ~星の砂漠から愛にかえる旅へ~
これからの水瓶座時代を生きるために

ふんわり風船ハート地球と人類の大変化に向けて
   みんなで一緒に目覚めていきたい乙女のトキメキ

私の経験や思いつくままに書いてます♪
どうぞよろしくお願いいたします

宝石白詳しくはプロフィール をどうぞ宝石白

宝石白靈氣伝授についてはこちら宝石白

2020のお祭りはまず 『武蔵新城1000Bero』で(^^)/


2月中旬、川崎が熱い( ´艸`)

沢山の占い師さんたちから超格安で受けられます。

詳しくは灯台屋さんのホームページ 、又は『ふらっと武蔵新城1000Bero 』へ

2020お祭り@灯台屋さん

 

2月16日日曜日から20日まで(19日はお休み)川崎市武蔵新城でお祭りです『武蔵新城1000Bero』

2月の寒い中旬、川崎が熱い。沢山の占い師さんたちから超格安で受けられます。

詳しくは灯台屋さんのホームページ、又は『ふらっと武蔵新城1000Bero』へ。

私は17日月曜日13時から閉店までと18日火曜日13時から15時まで居ます。

 

タローデパリ ショートセッション(30分千円)

レイキミニ体験(15分500円)です。

お待ちしています♪

 

★ ★ ★ 

 

アカデミー賞で韓国の映画が国境を越えて作品賞に選ばれました。みずがめ座時代への動きを感じます。以前ゴールデングローブ賞では性的暴力の被害者への連帯を表わす為に、女優は殆ど黒いドレスに身を包んで現れたり、白いオスカー問題とかもありましたし、ハリウッドは世界が注目していますね。俳優たちがどうどうと自分たちの政治的発言をしているのも印象的です。

 

★ ★ ★ 

 

乙女座冥王星世代の特徴は前に色々あげてみたのですが、人に尽くし与えられた仕事を完璧にしあげる様なことが得意です。

 

自分に与えられた仕事が『母親』であったなら、子供の面倒を一生懸命に見る、手を取り足を取り様々なものを教え込む、厳しく習い事をさせる、勉強の為に環境を作るのを惜しまず、送り迎えをせっせとしたり、弁当を作ったりして甲斐甲斐しく子供の面倒を見たりするのでしょう。

 

もしかしたら、小さい時から勉強にダメ出しをして(褒められない減点主義)子供がなかなか自信を持てないかもしれません。 そうすると子供は外に承認を求めることになり、尚更守ってくれる人の評価を求めて安心するようになるかもしれません。

父親はどうかと言うと、はっきり言って高度成長期の終身雇用制度の中に組み込まれてきた頑張る世代なので、どうしても平日は残業が当たり前で飲み会、そして休日も会社の付き合いやゴルフだったり。今ではブラック代表の様なキャッチコピー『24時間戦えますか!』の最後の世代も多いのではないかと思います。そういえば時任三郎がCM出てましたね。彼も乙女座冥王星世代の最初に生まれています。

多くが団塊の子供達であるロストジェネレーションとはまた違った意味での親子関係があるのでしょう。

 

母親はもしかしたら子供を親友の様に扱っていたりして、一緒にジャニーズのコンサートに出かけたり、映画を見たりするような付き合い方をしているかもしれません。一緒に旅行をしたり洋服を買いに行ったり、趣味も好みも共有する、そういう母と子(娘)の関係もありそうです。

 

母親の方もお金を出せば娘が付き合ってくれるし、全てを把握したい母は安心、気持ちも若くいられるし、娘も案外居心地がよく、お互いに依存しあうなかなか楽しい日々になると思います(笑)

仕事が忙しい父親に転勤が多かったら尚更です。受験の為に単身赴任になり、元気で留守がいいという状況になってくるので、母親と子供達にとっては誰にも邪魔されない居心地のいい毎日になるでしょう。自分と子供の好きなものをつくって食べればよいしね。

さそり座冥王星の方は親からダメ押しをされてなかなか認めてもらえることがないかも、と書きましたが、細かいところをチェックされて、いつまでたっても大人になれないと思われているのかもしれないですよ。確かに興味があることには とことん突き詰めても 義務としての勉強などにはムラがある印象なんですよね 

それを刷り込まれているが故に、私はまだダメなんだという自信のなさも出てきてしまうかもしれません。 小さい頃から言われてきたことが 潜在意識に刷り込まれた セルフイメージとして残ってしまうと 後々まで影響しつづけます 

 

そうなると親もしめたもので、無意識の内に子供に親を頼らせるような状況に持って行ってしまう可能性もある、つまり共依存の関係になりやすいのかもしれません。

 

さあ、乙女座冥王星の女子のお母様方、いかがでしょうか。もし身に覚えがあるのなら、あなたは大切なお子さんの手を離すことができそうですか、一歩でも二歩でも後ろに下がって、ぐっとこらえて見守ることができるでしょうか。それでもあえて後ろを向いて、見ないふりをすることが出来れば、例えば自分の稼ぎで一人暮らしさせるとかね、あなたの大切なお子さんも自分の力で歩いて行けるようになれるかもしれません。 子どもが真面目であればあるほど セルフイメージに影響を与えるのでは 罪悪感とか出るし ここ痛い所です…以上ホラーでした


蠍座の特質から考えると、中途半端な関係は嫌いなのかもしれません。どっぷり浸かる究極的な人間関係を選ぶか、もしくは全く興味を持たないかの二極に分かれる可能性があるのかも。

 

そういった意味ではどっぷり状態の母子の場合は弊害がありそうです。そしてその弊害に気が付いて、自ら離れていったさそり娘は、もしかしたら二極化の反対側へ極端に振れてしまうかもしれません。身近な自分の子供ですが さそり座冥王星世代はもっと観察が必要そう…

冥王星は各星座を順番に移動しながら、古くからあるその価値観を徹底的に破壊し、そして新しいものに再生させる。そんな作用を持っているので、さそり座の価値観をより時代に合ったものに変えていくという世代の役目があるとしたら…こんな感じかなと妄想

 

さそり座の関係することでは性と死、変容。真実を求めること。確かに彼らは死に対してちょっと他の世代とは違う感覚を持っているのかもしれません。死ぬ、死ね、殺すなど物騒ですが冗談であれ、そういったことを扱うアニメなども多く、興味はとてもある様です。宗教と科学の融合とかやってくれるといいなあ

例えばそれが死という事であれば、最終医療や安楽死、臓器に関する考え方や、攻殻機動隊やSF映画の様な機械による人体の置き換えなども。性で言えば、生命の誕生方法、クローンに関することだったり、不妊治療そしてDNAに関わることの改革なのかもしれません。男と女という概念さえ変わりつつある今日この頃です。

これから彼らが第一線で研究したり活躍するようになってから、大きな変革や改革が起こってくるのかもしれないですね。さそり座のパワーは半端なさそうです 失敗してもそれをバネに蘇る力とか…再生力 錬金術の様な変容というキーワード

 

今、冥王星さそり座世代は20代半ば~30代半ばです。自分の冥王星がどこにあるか知りたい人はこちらで調べてみてね。冥王星のマークは『♇』です。10代や20代前半はもう冥王星射手座世代なんですね 射手座vs乙女座はどんな感じなのでしょうね

 

彼らの活躍する時期がどんどん近づいてきています。自分の意志で人生を切り開いていく太陽期(25歳~35歳)、体力や気力が充実してバリバリ働ける火星期(35歳~45歳)に向かって、ご自分の人生を思いっきり生きていけるように心から願っています。 乙女座冥王星世代が邪魔しないようにしないとね…( ´艸`) 我々は義務から離れて 乙女座の呪縛から逃れて 束の間でも自由になりましょうよ

そうして冥王星は一つづつ星座を移動しながら、宇宙の意志に合わせて、私たち住む地球とその上に動き回るちっこい生命体に影響を与え続けていくのですね。そのハートマークと共に💛

2020お祭り@灯台屋さん

 

2月16日日曜日から20日まで(19日はお休み)川崎市武蔵新城でお祭りですよ『武蔵新城1000Bero』

2月の寒い中旬、川崎が熱い。沢山の占い師さんたちから超格安で受けられます。

詳しくは灯台屋さんのホームページ、又は『ふらっと武蔵新城1000Bero』へ。

私は17日月曜日13時から閉店までと18日火曜日13時から15時まで居ます。

 

タローデパリ ショートセッション(30分千円)

レイキミニ体験(15分500円)です。

お待ちしています♪

 

★ ★ ★ 

 

今話題の冥王星は山羊座でガンガン働いているようす。いまだ土星も一緒にいるし。高い目標をめざしてコツコツと血を吐く、地を這う様な努力を要求され、それでも後ろに下がれない感じ…キョーレツ!

 

止まってもいいけれど、周りもみんなそうだからそこを抜けていくしかないか。みんなも頑張っているから、自分だけ抜けるわけにはいかないと腹をくくる。これはある意味、自己暗示かな(笑)、ここを抜けたら自信もつくのでは?思い当たる人いますか?

 

もしかしたら、そのハードルの高さは自分で設定した(設定してきた?)のかもしれない。社会も個人も同じ影響を受けているのだと思うけど、惑星は16日まで順行中だから案外敵は自分だけなのかも( ´艸`)。ステージアップの途中とも考えらる。これから激化してくる社会の基盤見直しには 魚座運行中の海王星も一役買っているのかな~とおもったりしてます 目に見えない不安や恐怖も煽っているし こういう時はちゃんと波動をあげ自分軸をしっかりと 基本に忠実に あとは危機管理も 

今年はわたしも覚悟を決めて懐中電灯もって 洞窟に探検に行きます

 

★ ★ ★ 

 

今日は乙女座冥王星世代の話からスピンオフした(笑)、冥王星さそり座世代の話。

『ゆとりですが、何か?』というクドカンのドラマにはまったのは2016年でした。ゆとり世代が社会に出て、さんざん『ゆとりのくせに…』といわれていましたね。

詰め込み教育からゆとり教育までをザッとおさらい。

ゆとり教育が始まったのは2002年小中、2003年高校からです。この時代に教育を受けた、ゆとり世代と言われるのは1981年から2004年生まれの子供達に当たります。

 

さそり座冥王星世代約1984年から98年に生まれた子供達なので、彼らはそのままゆとり世代になります。そして1984年はロスジェネの最後位ですね。

1960年代から1970年代、日本では詰め込み教育が中心となっていたのですが、高度で過密な教育内容と早いカリキュラムで、落ちこぼれる生徒がどんどん増えていったらしく(-_-;) この詰め込み教育は、ただ記憶に頼るものが多く、後々役に立たないもの、身につかない教育だとも言われていました。

そんなものを我々は頭の中に詰め込まれてきました。

実はこれが私たち冥王星乙女座世代における価値観とぴったりと当てはまるのではないかと思います。頭は記憶に使って、コツコツ暗記して蓄えていく、テストで答えられれば後は必要なし、偏差値による学校の格差が広がってきましたけれど、あんまり応用力は必要とされなかった、頑張れるもの勝ちに近い気がする…

詰め込み教育の落ちこぼれが問題になり、その反省から1980年代から学習指導要項が見直されました。大幅に学習量、授業時間の削減も実施されました。この時に初めてゆとりという言葉が登場し、新たな方針が導入されました。

2002年からは思考力に重きを置く学習指導要領が実施され、総合学習の時間が設けられ、デイベートの時間や、子どもの自発性や耐久力などを向上させるための項目も盛り込まれました。土曜日も休みになりましたね。でもカリキュラムが変わらない私立は相変わらず、成績重視で土曜日も学校。私立と公立はどんどん差がついていきます。デイベートも 総合学習で様々な研究や調査をしていたのも とても良かったと思うのだけれどね…

そしてまた!行ったり来たりの試行錯誤で振り回されるのは子供と親orz

しかし学力低下の不安があったために、2011年から順次小中高で再改定が行われました。これが脱ゆとり教育

そんなこんなで振り回しつづける日本の教育制度です。

ゆとり世代、 彼らの特徴は 景気低迷の影響か、他の世代よりも堅実で冒険を好まず安定した生活を求めるし、流行にあまり左右されず自主的なものを求め、無駄な事や物もあまり好まないとか。プライベートを重視し、自分の成長につながること以外は避ける傾向にあると。 さらに彼らは物心ついたときからインターネットやパソコンがあるデジタルネイティブ世代とも呼ばれます。

ゆとり世代は叱られ慣れていないとよく言われますが、育てられ方、親が何世代かで随分変わるでしょう。しかしながら、徒競走では順位を付けないとか、学芸会で全員主役にするとか、その子の特徴も特技も出せないじゃん…

そしてゆとり教育では偏差値重視の教育を廃止し、絶対評価を導入しました。相対評価でないので、親はよくわからない…(笑)

 

ここからは勝手に類推、妄想が始まっていきます…がお許しを…

が、しかし相変わらず社会の大部分では、学歴社会や年功序列、終身雇用が続いておりまして、乙女座冥王星世代が頑張って出世していくので、さすがにゆとりを良しとしない親は、たとえ地元の公立学校に子供たちが通っていても、どんどん塾に入れ難しい試験にも対応できるような詰め込み教育をしていくようになります。

ですから、もう学校に子供の教育を任せておくことができない状態になり、親は勉強はにまかせ、学校では人間関係や受験科目以外すべての科目と部活で成績表を良くするため力を入れる様になっていきます。

こうして学校、部活、塾、習い事と子供達は本当にとても忙しくなりました。これじゃあ ゆとりどころじゃないよね…ホント

ゆとり世代の中の『さとり世代』は2013年新語流行語大賞にノミネートされましたが、概ね1990年代に生まれた世代をさすと言われます。やっぱうちの子たちです(笑) ゆとり世代の中に一部さとり世代も含まれるという状態になっています。自虐さとり世代は小学校入学から高校卒業までずっとゆとりだった世代です。って言っています…

さとり世代が生まれた頃にはバブルが崩壊し、物心付いた頃にはリーマンショックが起こり、ずっと経済的な不調を経験し、サリン事件阪神淡路大震災東日本大震災などの大規模災害を経験しています。入学、卒業式が出来ないなどの記憶としても残ることになりました。

さとり世代は、このような時代背景から名前の通り、人生を悟っている世代と言われています。特徴としては欲がない恋愛に対する興味が薄い休日は自宅で過ごすことが多く、 無駄遣いはしない自分と合わない人との接触を避けるなど。

 

さとり世代はゆとり世代よりもさらに物事を論理的に捉え合理主義が多いとか、彼らは精神的に満たされることに幸福感をより感じるように変わっているとのこと。

デジタルネイティブ世代と言われる通り、いくつものSNSを駆使し、たくさんの名前を持ち常にネット環境におり、アニメや漫画もネットで、そして夜はオンラインゲームをして、友人とのコミュニケーションを図るなど、縦横無尽な使い方をしているのがこの世代の男子の質かもしれません。

これらのさとり世代いや、さそり座冥王星世代乙女座冥王星世代。これがまたかなりガッチリ同じ時代を親子として共有しているパターンが多いのですね。

 

さそり座冥王星世代が深い人との関係を求め、そこでの 感情を大切にするしがちであるとしたら、例えば、家族関係や恋愛、友人関係にしても深い関係にどっぷりハマる可能性があります。

なんたって、さそり座冥王星世代はさそり座に守護星冥王星が回帰している状態なので、居心地は最高、元気満々でその象意増しちゃう、という感じなのです。

 

ここまで、お疲れさまでした~(^^)/

乙女とさそりの関係は長くなるので続く…

我々乙女座冥王星世代は生きやすいのだろうか…乙女座冥王星世代って?のつづき…(^^)/

 

ある程度までは生きやすかったのかもね。勤勉と有能さが認められ、自分の役目があり、奉仕が出来る環境で誰かの為に生きることが出来る間は何も考えなくてもすんでいた…って感じかも。期間限定?

 

勤勉が美徳。頑張ればなんとかなる(なった)そして人の為になることをする(奉仕)、全身全霊で自分の義務を果たす人たち…他の星の絡みもあるから傾向としてだけどね…それが乙女座冥王星世代でした。

…気のせいか 周りに看護師の方 すごく多い…

 

組織でトップに立つのは、しし座冥王星世代の太っ腹やどんぶり勘定くらいがちょうどよくて、乙女座冥王星世代は参謀にでもなって、必死で策を練る方があっている感じでしょうか。細かいから部下の仕事に満足できずに自分でやりたくなっちゃうのよね。木を見て森をみず…そんな言葉がでてきます。会社や組織だと誰かの下で働く方が向いている感じだよね 頼まれ仕事得意だし PTAや自治会はきっちりこなします

 

日本ではある時から、頑張ることが美徳で無くなって、頑張りすぎる弊害が社会に出てきてしまった。

 

頑張りすぎると、働きすぎたり、キャパを超えて期待に応えられなくなって、精神的に危うくなることも。特にこの世代は、精神的、肉体的に持ちこたえられないとか、頑張れない自分を責めてしまうことにもつながりやすいのね。

 

乙女座冥王星世代って、実は何かで躓いた時、人の為に役に立てない自分役目を果たせない自分人の期待に応えられない自分を責める、自分の無価値感を感じて落ち込んだりする傾向が他の世代よりも強くなりそうです。

 

乙女座冥王星時代に生まれた人々は、与えられた役目をきっちり果たすことを自分に課し、その完璧主義ゆえに自己批判と自己否定に苦しみながらも、すごく頑張ってきたんですよね。月乙女の人とかも大変そう…

 

そうして頑張ってきてそれが美徳に思っている人たちは、周囲にそれを押し付けてしまう場合パワハラになりやすい。防衛力と関係するので、自分に従わない、考え方が違う相手を排除する方向に向かいやすいかもしれません。クラッシャー上司問題も関係ありそうな気がする。ネチネチつつかれたり なんだそんなことも出来ないのか 言われたりとかね

 

批判精神が教育に出ると、子育てや学校教育の減点主義につながります。

 

私たちはすごく頑張ってきたのだから、あなたも頑張ればできるのよ、というのは無意識の思い込みでしょう。この世代が指導する立場になると、完璧主義を相手に求めることで相手の精神も追い込んでしまう可能性がある。でも頑張っても報われない世代がその後に続いているのに 

 

この世代の途中で男女機会均等法が始まり、それまで女子は会社でも制服で、大体が事務職でした。結婚での寿退社を良しとして、学校や会社でより良い伴侶を見つけることが良しとされてきたのですよいい時代だったねぇ…( ´艸`) 家庭の主婦は 全身全霊でこどもの教育とかに注ぎそうですが…子供が言うことを聞いている間はいいけどね

 

時代は容赦なく変わっていきます。じゃあそんな世代は弊害になるのか、又は自分の人生をこれからどうするのか。それらが美徳であったこの世代は無意識の思い込みにメスを入れないと、ちょっとこれからは生きにくくなると思う。この社会の常識がばらばらと崩れ落ちていく 山羊座冥王星+土星+木星時代だからねぇ~

さて、乙女座冥王星世代も一生懸命役目を果たしてきたら、いつの間にか50代。気が付いたら家族や人の為に尽くしてきただけで、何もキャリアとして残っていない、今まで妻、嫁、母というペルソナを付け替えてきたけれど、子育て、介護などが一段落した乙女座冥王星の女子達は、つけるペルソナが見当たらないことに気付いて愕然とする。

 

空の巣症候群も群発。なるべく無意識に子供を手元に置いて、ずっと面倒をみようとする、母の役目を手放せない。絶えず誰かの世話をしたり、誰かの役に立っていなければ自分の価値がないという強迫観念が出てくる。まさにエゴのあるあるですねΣ(゚∀゚ノ)ノキャー デフォルトめちゃ刺激されます

 

女性というだけでやりたい仕事が出来なかった時代背景はあるけれど、時代の流れに逆らって生きていけるほど胆力がある人は、もうすでに何者かになっているでしょう。何も考えずに周りにながされて生きていたのは私も同じ。気が付いたら、全ての自分の常識を見直してみなければいけない時代になった。

 

じゃあ乙女座冥王星世代、これからどうする?って話になる。空の巣症候群や、張り合いを失くした場合は、ひたすら役に立てる相手を見つけるとか、傾聴や介護やボランテイアを始めてみる。今は格差社会なので得意の奉仕のお仕事は沢山あると思うけれど…今更他の人に奉仕って出来るのか という方は 本当は自分は何しに来たのかを 探すのもいいかもしれない ョ

 

この世代の無意識の偏見は、水瓶座時代に向かっている今、かなり高い壁となって立ちはだかっているような気がしてならない。もちろん私自身、そう感じるからですが…つい思ってしまうこと=無意識の偏見は、立ち止まって自分の考えや思い込みに気が付かないと点検出来ないもの。

 

無意識の偏見の中身は、こんな顔をして言葉や行動に出る『…するべき』『…であるべき』『ふつうは…でしょ』『誰でも…と考えるでしょ』

 

その中身は、学歴のことや、着実に生きること、勤勉であること、嗜好や生き方のこと、減点主義の教育、良いと言われた職業選択、それらは時にはコントロールになり、ジャッジになり、パワハラ、排除に繋がるかも…この世代はこの価値観で上手に生きてこられたから、そこに価値をおく、この世代だからこそやればできていた時代だし、バブルの恩恵もあるしね。

 

自分達が作り上げてきたという自負や社会の形、勤勉によって得られる報酬や地位などの、日本が順調だった時代に出来上がった観念、例えば一つの会社に勤勉に勤めて偉くなる、がんばって一流企業に入って出世する。学歴社会を信じて、そうしたものに守られた社会で生きるのが普通とする考え。結婚はするべき、子供は何人持つべき、そんな風に乙女座冥王星世代は自分で砦を作って、理想と言われる家族像を築き上げてきたんですね。そんな気がしています。

 

その砦の箇条書きの文言に反するなにかが触れた時、ざわざわ、イライラがやってきます。そして反応します。こうでなければならないという自分のべきを否定するようなことが起ると、自己防衛心の為に過剰に相手をコントルールしようとする、と…。ああ、痛すぎて もう書きたくない

 

冥王星は破壊と再生の星。

 

各星座を順番に移動しながら、古くからあるその価値観を徹底的に破壊し、そして新しいものに再生させる、そんな作用を持っている。我々は乙女座の価値観を、より時代に合ったものに変えていくという世代の役目があるとききます。

 

私たち乙女座冥王星世代は乙女座における、それまでの基準や常識で凝り固まった場所を掘り起こし全く新しいものに入れ替えていく役目はすんだのでしょうか。天秤座とか解りやすいけれど そこんとこ乙女座はどうなんでしょ 働き方改革はしてるとおもうし 社会の事務処理の方法は格段に良くなった もしかしたら まだ答えは見えてないのかもしれない

 

問題なのはこの世代の学歴主義、終身雇用、家族の在り方、教育制度、私たちが思い込んでいる、無意識の偏見は若い世代との間に大きな溝があるのに、全然気が付いていない気がするんですよ。それこそ変えないとね。

 

そしてまた、乙女座冥王星世代の子供世代は、かなりさそり座冥王星世代(約1983年~1995年くらいまで)が多そうです。彼らはゆとり世代も絡んでいる。我が家も二人ともゆとり世代だし その中でも最初から最後までゆとり教育を受けた丸々自虐悟り世代もいるΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

今そんなさそり座冥王星世代は、親にダメ出しを食らっている可能性は高いでしょう。実はそれが問題になりつつあるんじゃないかなと思っているのですよ。さあ、さそり座冥王星世代、どうするんだ。

と…とりあえず問題提議…かな

 

前回はアンコンシャスバイアスと獅子座冥王星についてのお話でした。アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)には、実は自己防衛心が深く関係しているとのこと。

 

自分が大切にしている価値観、ルール、マナー、モラルを侵害されることを嫌がるのは、自我が自分を守ろうとする反応です。日常のたいしたことでなくても、なんだかイライラする時は、この無意識にある自分の価値観に触れることが起っている時なんですね。

 

そこで怖いのが、組織の上の立場になればなるほど、自己防衛心が働いてそうした無意識の偏見を押し通し、組織を支配してしまう事。それが組織や企業におけるアンコンシャスバイアスの悪影響だそうです。

 

それは潜在意識の話にもつながります。心の中で…であるべき、だと思っている部分を侵食してくるからです。『ごめんなさい、私がやりました』もこれに通じるところがあります。何かに反応してしまうのは心の中に引っかかる何かがあるからで、そこに触れることに反応して言動や感情に繋がるのですが、周りに起こる事件は自分の内側の反映に過ぎないという事に気が付かない限り、被害者になり続けてしまうのです。

 

何気ないことでイライラしたり、過剰反応する時、その時あなたの心の中で自分を守らなくてはいけない状況にある。そして、相手やその主張を認めると、あなたの自己肯定感さえもが揺らいでしまいそうになる危機を感じる…自分の非を認めなくてはならなくなったら…エゴは生きるために必死になります。

 

家庭であれば、父親が自分の持つ偏見で家族に色々とダメ出しをする、支配しようとする、コントロールをしようとする。よくある話です。

 

父親は自分の采配ですべては上手くいっている、と思っていても、他のメンバーはどうでしょうか。昔なら女には学歴は必要ないとか、今なら趣味(オタクとか)から職業、結婚しない、子供を産まない、LGBTなど自分の子供としては受け入れられないから自分の意見を主張してコントロールしようとしたら、いつの間にか周りに誰もいなくなったりするかもしれません。

 

世代の特徴と影響は環境と共に時代を作っていきます。乙女座冥王星世代を地で生きている自分の無意識の偏見=常識に、前々から赤信号が付いていることが気になっていて、検証してみようと思いました(*_*)

 

乙女座冥王星世代とは、1957年から1971年くらい の間に生まれた方々。年代は現在50歳から63歳位の人々です。始まりの時期に生まれた代表選手はマイケル・ジャクソンやマドンナでしょうか。二人とも、今のポップスにとても影響を与えたアーティストですね

冥王星という影響力の強い一番遠い星は、長い間一つの星座にとどまるので、同世代グループの傾向や特徴としてでてくる為、社会における大きな流れに関係してくる可能性が高いという事です。個人の性格にも特徴として出やすいということになります。

 

他の星の絡みや、個人のホロスコープの特徴が関係してくるので、冥王星乙女座世代の方、又は両親や家族に居るという方は、ちょっと興味を持っていただけると面白いと思います。ホロスコープを見てみたい方はこちらで調べてみてね。冥王星のマークは『♇』です。

 

この時期の特徴は…期待に応えて精一杯頑張る!かな(笑)

 

あるいは健康に気を付けることがテーマになるのかも。根性で治す!時代から変化して、薬を飲むようになったり、酒やたばこをやめて運動して健康になることが、普通になってきたのかもしれません。健康オタクも多そうですよね。

 

乙女座は、分析能力が高く、勤勉で細かい作業を得意とする世代。与えられた仕事や環境で貢献し、奉仕することで自分の役割を果たそうとします。環境に合わせて生きることで、健康に気を付けて着実な生き方をします。完璧主義で人のアラに気がついたり、自分の至らなさに気が付いて、人や自分にも批判的な傾向もあります。

 

ホロスコープの冥王星が乙女座に居ることで、それが極端になる傾向があるのです。

 

頑張るって昔はいい言葉だったのですけれど、それが度を超すとどうなるか。今沢山の人が苦しんでいる鬱などもその弊害。頑張れない人たちもいるでしょうから『頑張れる人たち』がこの時代の代表かもしれません。その年代は今主に50代、会社なら管理職あたりでしょうか。子供の進学や受験、就職に悩む方や親の介護中も多いでしょう。

 

この世代が社会に出てから事務処理は大きく変化してきました。コンピューターが導入されてワープロがすたれ、様々な書類が手書きやタイプ打ちからデータ入力になり、パソコンを個人で扱える様になりました。海外とのやり取りも電信からメールになり、間違えても打ち直しが出来て、大量の資料を古くはフロッピー、CD 、そしてHDD、クラウドへ。企業ではサーバー?よくわかりません…(*´∀`)だってもう30年以上たつもんね 随分かわったよね でもギリ変化についてきて スマホを使いこなせる年代かも

 

手書きやタイプ打ちの書類をすべてデータに入れるという、事務の仕事を一気に正確にやってきた世代…ウ~ン、なんだかわかりますよ、その粘り強さ、正確さ。

 

周りの期待、会社の期待に応えてちゃんと頑張ってきて、それが地位や報酬やらで報われてきたら、勲章になりますよね。それがその人の中で大きな価値を占めることもありそうです。

 

しかも乙女座冥王星世代はバブルの時代を体験していて、バブル崩壊で新卒就職の形が変わってしまったのは、1993年くらいからだそうです。

 

1971年~1984年生まれが就職氷河期世代になりますので、まさに71年生まれは崩壊始まりの年が就職戦線でした。乙女座冥王星の人たちはどっぷり、又はぎりぎりバブルの恩恵を受けることができたのです。

 

努力することをいとわず与えられた仕事をこなし、時代も後押しをして、その生き方を良しとしてきた世代でしょうかね。

 

バブルという時代の恩恵もあったけれど、ホント、頑張ってきたよね。

 

でも、時代はどんどん変わって年もとっていくのよね…つづく

 

2020のお祭りはまず 『武蔵新城1000Bero』で

2月の寒い中旬、川崎が熱い( ´艸`)

沢山の占い師さんたちから超格安で受けられます。

詳しくは灯台屋さんのホームページ、又は『ふらっと武蔵新城1000Bero』へ

今年も勝手に思ったことを書かせていただきます~(^^♪

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

最近出会ったビジネス用語に『unconscious bias』アンコンシャス・バイアス無意識の偏見)と言う言葉があります。

 

自分では全く自覚しておらず、そんなつもりもないのに、実はゆがんだ見方をしている場合がある。そしてそれはビジネス上の様々な問題を引き起こす原因になっている。

 

『無意識の思い込み』『無意識の偏見』『無意識のとらわれ』などと言われます。この無意識…というところがとても難しくて盲点。

 

私たちは年齢・性別・身体的特徴・宗教・人種などあらゆる『自分達とは違う』グループに対して無意識の内に不公平な偏見を持っているのです。それは『価値観』『嗜好』に近いものですが、自覚症状がないというところが実害を出しやすいと考えられています。

 

例えば、理系の人は…女性は…若者は…男で育休をとる様な人は…とかもあるんでしょうね。今こうしたアンコンシャス・バイアスに企業としての取り組みが始まっているようです。

 

個人的には職場の人間関係等への影響、組織では人事や評価、リーダーの行動に影響を与えて問題を引き起こす可能性大なのだそうです。

 

内容はマイナビニュースから

冥王星のハート💛

 

『無意識の偏見』は自分自身が気づいていないモノの見方や捉え方におけるゆがみや偏り。それらは成長過程で環境や時代に合う教育を仕込まれ、時には常識として自分の中に巣くっているものです。

 

考える前に瞬間的に起こる思考なので、普段はまったく気が付いていないのでしょう。私たちは育ってきた時代、環境、国、人種、家庭環境や教育制度等に影響されて、さまざな偏見を持ち、そのうえ過去生で生成されたものも引き継いてきている可能性があると思います。

 

アンコンシャスバイアスと言う言葉はビジネス用語ですが、この無意識の偏見という現象は、新時代に向かう途上で人によってはとても分厚く高い壁になってくるのでは。

 

みずがめ座時代は自由で平等、個性を重んじ偏見を嫌います。利権やお金、名誉や効率よりも何が今本当に自分にとって大切なのか…そして効率的な集団ではなく、個人と個性を大切にします。今までの生きていく為に集団になることで武装し、稼ぎ食べていくのに効率よいピラミッド型になっていた社会は、やがてどうしても格差社会になります。家族やその単位 学校 会社や組織も皆そんな感じよね

 

これからはピラミッド型でなくて循環型とも言われますが、特に誰かが得をするわけでもなく、また誰かが犠牲になるわけでもない、横に繋がったゆるい連携の仕方でしょうか。必要な時には、偏見なしに手を取り合って協力する様な感覚です。

 

寄らば大樹の陰はすたれていくのでしょう。ある日突然、大樹が倒れてなくなったら、そこに集まっていた人々はどうやって生きていったら良いのかを模索しなくてはなりませんよね。

 

現在世界中で、ピラミッド型社会の下層部であると自覚した人々のストライキなどが激化しています。トランプを押し上げたのも実はそうしたアメリカ白人のブルーワーカーでした。パリの労働者の黄色いユニフォームも印象的です。

 

今年からは、そういう偏見を一つづつ点検し、自ら気づいていく必要があるのではないかと思っています。そうしないとどんどん変化していく社会・経済の中で取り残されてしまうのでは。偏見で凝り固まった頭の人々は、旧型社会に残る人々の中でも、相変わらずピラミッド型を維持しようと必死になってくるかもしれません。想像するとちょっと怖くないですか?

 

そこで気が付いたのが、我々頭の固い人たち…私はべきべきマンと呼んでおりますが…乙女座冥王星世代のこと!

Σ(゚∀゚ノ)ノえ?呼んだ?

 

冥王星は破壊と再生の星と言われます。とても力に関係する星でもあります。 以前ロスジェネと団塊の世代の話をしましたが団塊の世代は冥王星が獅子座の時代にすっぽり入ります。冥王星が獅子座の時代は、自分がやりたいことや目立つことを重視します、百獣の王ライオンというイメージです。

1948年生まれのジュリー 

 

その冥王星がしし座に滞在していたのは1939年~1957年頃まで(冥王星を獅子座に持っているのはこの間に生まれた方)。新しい、ひらめいたことに目を付けて会社を興したりする社長さんとかのイメージあるんですけど?

 

前向きで自信とプライドがあり、今までなかった事に挑戦して新たな時代を築き上げていく。いつも主役であることをこのみ、豪快で明るい。大盤振る舞いとかしそうですよね。ビルゲイツやステーブジョブズもこの年代に入ります。

 

って、この人冥王星しし座だからこんなふうなんだ!てな具合に個人を見たら それこそ無意識の偏見かもしれないですね~( ´艸`)みんなそうとは限らないしね そこんとこ気を付けないとな そういう傾向があるかもねって感じ 私たちは分類して納得すると安心するのよね

 

働きアリとも言われ、昭和の高度成長期に乗って自らも創り上げてきた世代でしょうか。自己表現、成功して注目されること、トップに立つことが大切であったそんな獅子さんたちももう63歳~80歳近くなり、そろそろ二世、三世に譲る頃でしょうか。いつまでもワシは偉い をやっているのかも…

1945年生まれ 吉永小百合さん

そしてインパクトのある唯一無二の銀幕のスターや音楽業界のスーパースターを排出した時代。

1940年前後生まれのビートルズ 

いま話題の クイーンのメンバーも入ります💛

 

そして噂の冥王星乙女座世代(1956年から1971年くらいまで生まれ)その性格傾向を見ていくと…(-_-;)

長くなるので続く…