大体やね、このくそ忙しい季節に風邪ひくってやな、どういうことや!?

緊張感が足らんのと違うか、あ?

・・・とタダの筋肉馬鹿なオサーンに思いっきり精神論で罵倒されそうな体調不良な状態のakicyanドス。


・・・やかましいわ。体調不良ってことは、人間っちゅうことや。たまには体調不良ぐらいさせろや。ふふふ・・・^^

と、昨日は夜はこの調子でダウンしてましたので、筋彫りの写真撮って終わりでした。スンマソ。。


ガネットガイドテープ
さて、まず筋彫りについて。

・・・まず皆さん、「筋彫り」って何で書いてますか?

今回、このテープを仕入れるに当たり、まず筋彫りって大体どうやってるんだろうか、最初にそれが気になりました。

実は自分、ツールに関してはあまりに疎い人間で、基本的に手元にあるものを使って、あーだこーだするのが好きな人間のようです。

そんなこともあって、コレまで私の場合、筋彫りのほとんどが「デザインナイフ」か「(ケガキ)針」だったんです。所謂、それ用のツールを使わずにきてるんですね。

・・・実のところ、大きな声ではいいませんが、そんなモデラーさんはかなり多いはずだと私は思ってます。

ただ、筋彫りするのに必要なガイドはどうするか。

当然テープを使うんですが、厚手のビニールテープを使ってみたり、セロテープを重ね貼りしてみたりと、涙ぐましい苦労を重ねてきたわけですよ。

そういうところで結論。


ケガキ針は無くても、ガイドテープは絶対いる。100%ガイドテープが無ければ、線がぐにゃぐにゃに曲がっちゃうんだぜ(泣)。


ダイモテープも非常にいいんです。

ただ、これは当然模型制作に特化しただけのテープというわけではありませんので、その点も頭に入れなければ。
なので、どっちが使いやすいだの、どうのこうのいうことすら私は愚論だと思ってます。(スミマセンこの点賛否あることは分かってます。)

ガンプラなどのキャラクターモデルはかなり曲面や屈曲面が多い造形の模型です。そういう模型にもにぴたっとくるアイテムとなると、結論は「模型屋さんが作ってるテープ」ということになるわけです。

貼ってみた
ゴタクはこの辺にして、筋彫り、ガネットさんの筋彫り用ガイドテープ 使ってやってみました。(ここからは実演販売ネ)


今回のHGUCドムトロは、実はその為に本体制作を残しておきました。
まずは単純に貼りヤス。

おお、硬い。一見フツーのテープに見えて、この強度は結構感動ですゾ。

うっすいプラ版みたいなわけですわ。

筋彫りケガキもスムーズです。今回はデザインナイフの背中使ってガリガリやってます(マジです。ええ、大したことありません)。

違う曲面。
この曲面は言ってみればガンプラにはよくある曲がり具合ですから、比較的ありがちなパターンですけども、もちろん完璧にぴったり貼れます。

じゃあってんで、今度はコレ。

この曲がり方はさすがにつらいやろ~、ひひひ・・・と思ってたんですが大丈夫そうやな。

ただ、直線貼りと違い、当然角度が出てきちゃうので、デザインナイフやはさみで緩やかにカットしてつけてやる必要があるけどね。(当たり前か)

それにしてもこれ、貼り直ししても全然大丈夫ダゾ。ただ、表面の脂分が残ってたり、ペーパーがけした直後だと間違いなく剥がれやすくなるな・・・。

完成。
そこだけ注意がいるね。よし。完成。

・・・うう~ん、今まで自分がやった筋彫りの中では、コレでもかなりいい方じゃないの?(はーい、そこ、上手いだ下手だいわな~い)


・・・でき不出来はあれとして、ケガキ負けしない点や強度、粘着度の具合などはスゴイ。

さすがスケールモデラーの皆さんに支持されてきた実績があります。

もちろんある程度練習するだけでかなり違うでしょうね。

いけてるのは長さだな。(めっちゃ長い)コレならかなり気にせずに使える。

っちゅうことで、ガイドテープの責任レビュー。

いいデスヨ!コレ ^^。(あ、鼻水が・・・・)

G PARTS ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ G PARTS