いつの間にか9月に(-。-;)。

家づくりが佳境を迎えつつあり、日々家ブログを読み漁っててこちらがすっかりお留守に(汗)。

 

全然書けてなかったのですが、夏キャンプに行ってまいりました~。

行ったのは、7月の連休なんで、すでに2カ月は経過しておりますが(笑)。

備忘録として書いておきます(^^♪。

 

今回はわが家初の3泊4日のキャンプです!

ぽよ家オススメのキャンプと海水浴場が楽しめるキャンプ場、西伊豆の「黄金崎キャンプ場」です。


キャンプ場の目の前が海!

 

まずは一言いいたい。

 

ほんとに楽しかった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。

西伊豆の海、めちゃキレ―!!

 

3泊4日もの長きの間を、ひたすら「泳いで・食べて・寝て」の繰り返し生活にも関わらず、こんなに楽しめたのは、西伊豆の海の美しさ・生き物の豊富さ故ではないかと思うのです。

※あと、ぽよ家の子どもも大人も飽きさせないプランニング!(笑)

 

2年前の夏、千葉の海水浴場すぐそばのキャンプ場に行ったんですが、やっぱ海水浴場でぷかっと海に浮いて、毎日毎日ただただ泳ぐって飽きるんですよね( ̄ー ̄;。それこそ、様々な浮き輪や遊び道具が必要になってくる。

 

が、ここはほんとに楽しかった。
来年もまた行きたい~。

 

 

ただそんな楽しかったキャンプも、実は暗雲垂れこめておったのです。

 

ぽよ家のHくんは数日前にお熱発生で溶連菌だとわかり抗生物質を飲んでの参戦。

Mちゃんも前日からの高熱で、会った時もいつもの元気がない。

 

お出かけ前に病気になってしまう可能性があるのが、子連れの難しいところ(x_x;)。

しかし6歳にもなってしまうと、「行かない」っていう選択肢は子供にとってはツライところ。

ずっとずっと楽しみに待ってたのに行けないとなると、この数日間病気でのぐずり以上に、行けなかったことへのうらみつらみがひどくなること必死。

 

わが家も直前に1号の咳がひどくなり、

大丈夫か?どうする?

いや、行くしかないでしょ。

熱が出たら、テントでお休み頂くのみ。

と言いながらの参戦。

 

キャンプだから、いざとなれば家と同じように休めることができるのはありがたい。

※Mちゃんも1日目はあまり海には入らずお休みモード(あまりがポイント(笑)。みんなが入ってたらそりゃ入りたくもなります)、2日目には回復!すごい!

 

 

さてさて、今回は海水浴場目の前のキャンプなので、目的は当然”海水浴”。

 

準備はバッチリでございます(*^▽^*)。

西表島の反省を踏まえ、今回は大人もしっかりライフジャケット着用です。

やっぱり子どもに何かあったときに自分が助けられないとまずいし、海は大人にも何があるかわからない。

とはいえ、黄金崎のように人の少ない海でもライフセイバがいるので西伊豆は安心(笑)。

 

そして、夏の海は意外に冷えるので長袖着用。


亀さんみたいでカワイイ(*^.^*)。
※これは三日目の海です。

そんな、楽しかった海にもかかわらずまったくの写真なし(笑)。

泳ぐのに飽きたら、岩場でカニや魚さがし。

意外に、大人も夢中になるカニ探し。

 

「見つけた!!!網持ってきて、早く!」

「その捕まえ方は甘い!こうだ!」

※↑でも取れてない(笑)。

 

おかげでワタクシ真っ黒けですよ。

あああ。このままではシミばばあになっちまう(汗)。

 

そして収穫したものたちは。。。

 

ぽよたんさん「じゃあ、水族館しよっか~」

 

水族館?

取ってきたカニや魚たちを水槽にいれて、みんなで観察しながらの昼食。

 

「これはxxっていう魚かな?」

 

このカニや魚たちは、あとでちゃーんと海に返してます。

この一時的な水族館のために、ちゃんと空気も用意しているところがさすがぽよ家!

※魚釣り用のぶくふくらしい。

 

そしてお昼ご飯を食べたら、午後もまたすぐ海へ。

水族館をした生き物たちも、ここですぐに逃がしてあげてます。

 

朝も泳ぎ、午後も泳ぎ、そうこうしている間に日が暮れていきます。

 

3日目はキャンプ場から車で10分程度の別の海岸へ。

一応、遊泳範囲は浮きのあるところまでなんでしょうが。。。流れも穏やかで距離もそこまでないので向かいの島の浜辺まで泳いで行けました。

 

ここがほんと、
素晴らしい海なのですよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。

大人のひざくらいの水深で、魚が泳いでいるのが見えるという海の美しさ。

 

奥の島のところでは、さらにもっと大きい魚が泳いでいる姿が本当によく見える。

子どもたちは海の中をずーっと見ながら浮いてました。

そうだよね。いいよね。

 

独身時代はスキューバダイビングをやっており、沖縄の離島や三宅島や御蔵島などに行ってました。

スキューバみたいな機材がなくても、シュノーケルで十分楽しめる。

こんな風に子供と海を楽しむ日が来るなんて。。。ほんと驚きです。

 

で、パパさんたちはというと、

シュノーケルしながら釣りができるというスゴ技で、釣りをお楽しみに。

 

キャンプの前にぽよ家が購入したという話をわが家のパパさんに伝えたところ、翌日にはイオンで買ってきたらしい(笑)。

 

そんなパパさんも楽しみにしてた釣り。

PenPon家はというと。。。まったく釣れず。

『全然釣れないじゃん!』と険悪な雰囲気の中、ぽよ家はというと。。。

 

<ぽよたんさんとおくさまで1匹ずつ。スゴイ!

※しかし、ネンブツダイと言ってあまり食用向きじゃなかったらしい(笑)。

 

子どもも大人も本気で楽しんだ海水浴キャンプでした♪

 

 

■3泊4日キャンプのキャンプ場とご飯たち

 

こちらの黄金崎キャンプ場は、お風呂はなく、コインシャワー。

ただシャワー室が広く、家族4人全員入っても大丈夫くらい。

2回分10分で、家族4人すっきりキレイ。

 

夕飯は、事前にぽよ家からご飯メニュー案が送られてきており、それに

※ほんといつもおんぶに抱っこですみません( ̄ー ̄;

 

食材が元気なうちに1日目のBBQ、2日目はぽよ家オススメの横田食堂までお出かけしてのご飯。3日目はカレー。

朝は2日目朝がホットサンド、3日目朝がフレンチトースト、4日目朝ホットサンド。

 

長期で泊まる場合は、地元のご飯どころを食べるのもいいですよね。

地の魚がおいしかった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

※そしてまたしても取り忘れる写真(汗)。

カレーは定番ですが、みんなで作るとどうしてこうもおいしいんだろう。

 

わが家はソフトクーラしかないので、この真夏のキャンプでは2日目の朝の時点で常温状態(汗)。

2日目の夜ご飯で食べに行く前に買い出しです。

 

さてお昼もぽよ家を参考にさせてもらって

1日目冷食(チャーハンとか)、2日目カップラーメン、3日目は地元

海のあとは、ショッパイものがおいしー!

こちらは4日目最後の朝のフレンチトースト。

ぽよ家の奥さまがちゃんと卵をしっかりひたせるようなバットを持ってきてくれているので、卵がしっかり染み込んでおいしー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。

 

こちらは、三日目のお昼。ご当地名物沖上がり食堂のイカサマ丼。これもおいしかった(。-人-。)。

 

今回のキャンプは海水浴メインなので、朝も泳ぎ、昼ごはんをたべて、午後も泳ぎ、そして夕ご飯。

 

大人たちがご飯の準備をしている横では、

こんな風に遊んでたり。

子どもたちだけで遊んでくれるようになって本当に助かります。

。。。まあ、調子乗りすぎてケガしたりすることがないかのほうが気になる(笑)。

※しかし時たま、「大人たちー!誰かきて!」とお呼びがかかりめんどくさい(笑)。

 

ただ、ほんと海水浴メインだったので、持ってきたボードゲームなどをすることもなく、ひたすら泳いで食べて寝て。そんな繰り返し。

でもその繰り返しが楽しい:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。

 

大人の夜のお楽しみのおやつや、ぽよ家がボードゲームも持ってきてくれたんですけどね。。。

3日間とも誰も起きることができませんでした(笑)。

 


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。ポチっと押して頂けると励みになります(*^^*)。