Yahoo!キッズの安全なポケモンガーデンチャットに潜入 | 高橋暁子のソーシャルメディア教室

Yahoo!キッズの安全なポケモンガーデンチャットに潜入

子供がネットコミュニケーションに急速に興味を持ち始めているようです。
子供がオンラインゲーム、チャット、アバター作りなど、コミュニケーション用のツールに興味を持ち始めている現状を受けて、Yahoo!キッズで『安全なチャット』を始めたというので、見てみました。(→参照

まず、子供用のYahoo!IDを改めて取得し、Yahoo!きっず以外では使えなくしています。
IDが共通だと、メールやその他で連絡がとれ、出会い系につながりかねないからですね。

まず、場はポケモンガーデンです。
入場してみると、昔のゲームに様子が似ています。



きっず




アバターも変えることができますが、ゲームっぽいアバターです。


あばたー



この場で、他の人たちとチャットができるのですが、チャットの際に入力できる言葉が限られているのがポイントです。
個人名は入れられず、あらかじめある固有名詞や動詞形容詞の中から選んで文章を作成します。
種類は以下の通り。



ポケモン:ポケモン名
あいさつ:ありがとう、オッケー、おめでとう、やっほー、ごめん
ガーデン:ガーデン内の場所や機能名(うけつけ、ゲーム、けいじばん)
こえ・おと:うーん、ドキドキ、てへ、へー
じょうたい:形容詞形容動詞。ナイス、つよい、ふしぎ、まけた
…する:いどうする、あつめる、がんばる、きめる、ねる
…しよう:はしろう、ぶつけよう、あつまろう、いくぜ
…して!:いそいで、きたえて、さがして、なやんで
むすび:語尾。でしょ?、どうなの?、だよね、ます
そのほか:かれ、きみ、たぶん、どっち、まったく


コミュニケーションはできるけれど、情報を漏らすことはできないという仕組みです。
言葉を選んだり分類するのに苦労したらしいあとがうかがえます。
「会う」「会おう」は会っても、現実世界の場所名を入れられないから出会い系にはならないはず。
なかなかの力作のコミュニティだと感じました。

夏休みの夕方だったけれど、人はいなかったみたい。
ところで、これで本当にコミュニケーションできて、それで満足するのかな。
無理してここでコミュニケーションしなくても、外には自由にチャットできる場はいくらでもあるからね……。


ネット犯罪から子どもを守る―被害者にも加害者にもしないために親がすべきこと (MYCOM新書)/唯野 司
¥819
Amazon.co.jp