OHAーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっす!

NPOオール上尾市民活動ネットワーク(略称、AAN:エーツーエヌ)

PF(プラットフォーマー)のひとり、

秋池幹雄(090-9956-0480)です。

 

おはようございます。

昨日は、初めての中国からの日本AmazonFBA直納に挑戦しました。

 

嵩張る商品なので、コスト馬鹿高!

大赤字覚悟の販売検証を開始しています。

 

クリスマス、お正月の購買意欲に期待しています。

 

さて、市長、議長W逮捕の、あげお市(上尾市)。

 

市長選挙立候補予定者は、

いまのところ正式出馬記者会見をしたかたが、

おふたりです。

 

鈴木 茂市議 と 畠山 稔県議です。

 

鈴木茂市議は、井上市議と共に、

上尾の図書館を考える会の市民活動にご協力を、

いただいておりました。

 

畠山稔県議には、

依頼もしませんでした。

民進党の市議の動きが悪すぎて、

県議にまではなしをしませんでしたね。

 

おふたりの比較表は、

こちらをごらんください。

  ↓

市民のための比較表-鈴木茂VS畠山稔、上尾市長選立候補者

 

本気で市民のために立候補したなら、

おふたりで相談して、

無駄な選挙コストもこれ以上出費しなくていいように、

どちらかが市長、どちらかが副市長と決めてくださいませんか?

 

じゃんけんでもいいですよ。

 

問題なのは、

加害者側に懐柔されない市政をリードしていただければ、

よいのです。

 

畠山県議へは、新政クラブからの接触も、

試みられた様子。

 

流石に中央を含めての大島敦衆議の下、

この接触は成功しなかったようですね?

 

新政クラブの上層部2人による画策とみています。

どん不在の中で、

あいもかわらず繰り広げられている、

新政クラブの裏操作?

 

市民をどこまで馬鹿にするのでしょうね?

これまで、市民の責任なのでしょうか?

 

市議会を解散すべきでしょうね。

 

市民のために活動しない市議を選出する、

市民の責任は重大です。