お腹減ったなぁと思って街を歩いてたら見かけたテムジン。その瞬間から餃子のことしか考えられなくなり、来た道を引き返して入店。

ついにやってしまったよ、一人餃子。

抵抗もないし、勇気も全くいらないし、悪いことしてるわけでもないんだけど、ついにやってしまった感あるよね。なんでなんだろうね。

友達がいないわけでもないんだけど、いま!すぐ!みたいな時には誰に声かけていいかわからなくないですか?わたしだけ??

何か食べたいものがある時って、自分一人が一番時短でやっぱり楽なんですよね。

友達と過ごす時間って、結局食べ物よりも会話だったり、中身じゃないですか。だから極論、もうどこでもいいのよね。公園でもいいもんね。


一人○○、どこまでできるかというよくある質問。お店系ならなんでもできちゃうと思うんですよね。自分が見かけても何も思わないからかなぁ。

唯一抵抗あるのは、プリクラ。
あの一人は、違うベクトルの勇気がいるよね。
とはいえ、必要にかられたら全然出来るけど、そんな状況もないのでね。

あ、一人お化け屋敷は無理かもしれないです。


にしても、テムジンは美味しいね。
鉄なべ派だったけど、どっちもいいよね。美味しいもん。

博多といえば、ラーメンや明太子かもしれないですが、うどん、餃子、そして胡麻鯖を積極的に推していきたいです。




あー美味しかった〜〜

ごちそうさまでした。