東京オリンピック | 保険日記
新型コロナウイルスに関する情報について

保険日記

生命保険会社8社の保険代理店経営者です。

東京オリンピックをどうするか。

 

決断遅いですね。

 

今年、予定通り開催するのは、無理ですよね。

 

日本側は、延期を全力で勝ち取ることに集中するべきではないでしょうか。

 

IOCが意志決定権者ならば、JOCも大会組織委員会も東京都も政府も1年延期をIOCに全力で働きかけるべきです。

 

中止になったら大変です。

 

ここ数年、東京オリンピックという予定が日本経済を引っ張ってきた一因であるわけですから。

 

延期なら需要の先送りになるだけですが、中止になったらオリンピック需要がそのまま喪失してしまいます。

 

1年延期。

 

2年延期は長すぎます。

 

1年なら選手だって頑張ればコンディションを維持できるはず。

 

これから日本と世界で新型コロナウイルスの終息に全力をあげる。

 

1年後は東日本大震災から10年。

 

そしてウイルスも封じ込める。

 

日本は震災を乗り越え復興させ、ウイルスとの戦いも独自の感染コントロール政策で終息させた。

 

1年延期にはなったけど、日本と世界が一致団結してウイルスを終息させた。

 

こんな風に考えれば、1年延期しても盛り上がるはずです。

 

選手も世界から集まり、想定通りの観客を集め、日本と東京がインバウンド需要で経済も復活できる。

 

とにかく今は、早く決断すべきです。

 

中小企業はオリンピックがある可能性があれば、他の仕事を入れずに待っています。

 

それでギリギリで中止や延期になったら手の打ちようがなくなります。

 

今、延期と決まれば、事業者は割り切り、他の仕事を探すことができます。

 

それで何とか延期期間を乗り切ることができる可能性が高まります。

 

とにかく決断を早く。

 

今はそれが重要だと思います。

 

===

法人文書の筆耕業務を始めました。

 

経営理念・社是・座右の銘などの文書を書きます。

 

ご関心のある方は以下のホームページをご参照ください。

 

⇒ 筆文字経営理念

===

-------------

船 インバウンド保険

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など