個人年金は貯金か? | 保険日記

保険日記

生命保険会社8社の保険代理店経営者です。


テーマ:

先日、車の中でラジオを聞いていたら、こんな話題がありました。

 

30代男性からの質問でした。

 

===

個人年金を月10,000円くらいかけている。

これって貯金していると思っていいのですか?

===

 

まわりから、あなた貯金してる?と聞かれたときに、貯金してると答えていいものなのか迷っているとのこと。

 

ラジオのMCがどう答えるのか楽しみにでした。

 

MCの答えは、貯金と考えてよい、でした。

 

私も全く同感です。

 

個人年金は将来のための貯金です。

 

将来、払った金額より多く戻ってくるものは貯金です。

 

それが、銀行預金であれ、生命保険会社が販売している個人年金であれ、同じことです。

 

毎月定額で長期でかけていく投資信託だって、私は投資というより貯金に近いと思いますよ。

 

またに貯金と保険は別みたいな論調がありますが、商品選択を誤らなければ別ではなく同じと考えてよいと思います。

 

厚生年金などの公的年金の給付水準が下がっていく可能性があるなかで、自助努力のなかで積立てる個人年金などは、今の若い世代にとってはますます必要性が高まっていると考えています。

 

===

法人文書の筆耕業務を始めました。

 

経営理念・社是・座右の銘などの文書を書きます。

 

ご関心のある方は以下のホームページをご参照ください。

 

⇒ 筆文字経営理念

===

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

保険日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります