中小企業の退職年齢に変化 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

先日、法人のお客様を訪問し、社長と面談しました。

 

従業員の退職年齢についての話題になりました。

 

この会社では従来、60歳定年、その後、65歳まで再雇用が可能という雇用形態になっていました。

 

それを来年度から67歳まで働くことができるように雇用形態を変更したとのこと。

 

将来的には70歳まで延長する方針とのこと。

 

課題は、新卒人材を従来通り採用しながら、65歳以上の従業員を雇用延長すると、人件費が上がること。

 

いかに生産性を上げて、人件費が上がっても、人件費比率は現状と変わらないようにするか。

 

大手をはじめ、今後は中小企業でもこのような会社が増えていくでしょうね。

 

政府は年金を70歳からにしようとしているわけですから。

 

高齢者雇用というのは、人手不足を補完するにもよいと思います。

 

私たちの保険提案も変わっていくと思います。

 

今までは、個人年金や退職金積立の満期を60歳に設定することが多かったのですが、今後は、満期を65歳とか場合によっては70歳にすることもあるでしょうね。

 

個人や法人の環境の変化やライフプランに沿った提案を心がけたいと思います。

 

===

法人文書の筆耕業務を始めました。

 

経営理念・社是・座右の銘などの文書を書きます。

 

ご関心のある方は以下のホームページをご参照ください。

 

⇒ 筆文字経営理念

===

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

 

 

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります