お客様が納得して許容してもらうこと。 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

昔、飲食店で働いていたとき、厨房で料理を作っていたことがあります。

 

そのとき料理長に言われたことがあります。

 

例えば焼き鳥を焼いたとき。

 

「もしこげてしまったら、そのこげた部分を上に向けてお客様に見えるようにして出すように。」

 

もちろん許容されるくらいのこげですが。

 

下に向けて隠すのではなく、敢えて上に向けて出す。

 

「少しこげてますが味は問題ないです。よろしいですか。」みたいなひと声かけるとなおよしです。

 

少しのミスを認め、お客様が納得されたうえで許容してもらうということです。

 

下に向けても結局は食べる時、分かってしまいます。

 

そのときお客様は都合の悪いところを隠したなと不快な思いをされるかもしれません。

 

だから敢えて上に向けるということです。

 

これはいろいろな仕事にも言えることです。

 

私はこのときのことを忘れないようにしています。

 

例えば、

 

・メリットだけでなくデメリットも説明する。

 

・要求されたニーズに応えられている部分も説明するが、ニーズに応えられない部分も説明する。

 

・ミスがあった場合、まずそのミスを認め、謝る。

 

デメリットを言わなかったりしても、お客様はあとから気づき、信頼を失うだけです。

 

だからこそ不都合なことこそ、丁寧に正確に説明し、納得のうえで許容してもらうことが大切だと思っています。

 

そんな心がけをこれからも忘れないようにしたいと思います。

 

===

法人文書の筆耕業務を始めました。

 

経営理念・社是・座右の銘などの文書を書きます。

 

ご関心のある方は以下のホームページをご参照ください。

 

⇒ 筆文字経営理念

===

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります