本庶佑教授がノーベル生理学・医学賞を受賞 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

京大の本庶佑教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。

 

● がん免疫療法「第4の道」 手術・投薬・放射線に続き

 

がん細胞が免疫から身を守る仕組みを見つけ、その防御を無くす新たな治療法につなげた。

 

このような成果が受賞の理由です。

 

新たな「がん免疫療法」に期待したいです。

 

免疫療法というのは効果のない怪しいのも多いですが、近年では非常に治療効果の高い治療法も立て続けに出てきています。

 

現在のがん治療は、手術・抗がん剤・放射線というのが三大治療と呼ばれています。

 

将来はこれに免疫療法が加わり、四大治療と呼ばれるかもしれませんね。

 

がんを治すことは、全人類の悲願です。

 

これからももっともっと医学が進歩し、がんが治る時代が来ることを期待しています。

 

ちなみに、各国の歴代ノーベル賞受賞者数は以下の通りです。

 

1位 アメリカ 362人

2位 イギリス 121人

3位 ドイツ 82人

4位 フランス 59人

5位 スウェーデン 32人

6位 日本 24人

 

韓国 1人

中国 0人

 

⇒ 国別のノーベル賞受賞者

 

日本の6位24人は立派だと思います。

 

本庶教授も言っていますが、これは何十年も前からの基礎研究を積み上げた結果だと言っています。

 

その基礎研究へ投資する国の予算がどんどん減っているとのこと。

 

なので今後、何十年後には日本はノーベル賞を取れない国になってしまう懸念があります。

 

これから日本は人口が減ります。

 

生き残っていくためには高い付加価値のある技術やサービスを世界に売っていく必要があるわけです。

 

最先端の科学・化学・医学などはその最たる要因です。

 

その研究や人材育成に必要なお金は国としてもしっかり手当てをしてもらいたいですね。

 

===

法人文書の筆耕業務を始めました。

 

経営理念・社是・座右の銘などの文書を書きます。

 

ご関心のある方は以下のホームページをご参照ください。

 

⇒ 筆文字経営理念

===

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります