帝王切開は医療保険の給付対象です。 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

帝王切開は、医療保険の入院・手術の給付対象になりますよ。

 

今までたくさんの給付請求をいただきました。

 

分娩時、どのくらいの割合で帝王切開になるか確かなことは分かりませんが、感覚的に、20%くらいではないでしょうか。

 

だからこそ、女性の方は以下の点に注意です。

 

1.妊娠してからの契約は、帝王切開は給付対象にならないこと。

 

2.帝王切開後の契約は、次の帝王切開は給付対象にならないこと。

 

2についての理由は、一度、帝王切開で分娩すると、次も帝王切開になるからです。

 

なので、医療保険の契約は、妊娠する前にすることを強くお勧めします。

 

それにしても、お腹を切って子を取り出す方法を、なぜ帝王というのでしょうか。

 

諸説あるようですが、いまいち説得力のある説がないような気がします。

 

もし知っている方がいらっしゃいましたら教えて欲しいです。

 

 

応援クリックお願いいたします!

 

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

 

 

 

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります