吸収合併した場合の保険契約保全 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

先日、法人のお客様の名義変更を手続きしました。

 

法人B社がA社に吸収合併されました。

 

旧B社契約をA社契約にする手続きです。

 

B社は消滅するので、B社のまま契約を継続することはできません。

 

名義変更はそれほど手間なくできますが、以下に注意する必要があります。

 

1.資産の部の保険積立金の額がA社に引き継がれること。

 

2.負債の部の契約者貸付の額がA社に引き継がれること。

 

1.はプラスの引継ぎ。

 

2.はマイナスの引継ぎです。

 

プラス・マイナスともに、A社の財務内容に影響を与えます。

 

マイナス部分が大きければ解約も選択肢かもしれません。

 

状況によってご判断ください。

 

また変更手続きには、A社がB社を吸収した事実を証明する公的書類が必要です。

 

これは、履歴事項全部証明書に掲載されています。

 

最近では、後継者不在やグループ法人の効率化により、M&Aがけっこうあります。

 

そのようなときに保険契約をどうするかというのも、重要なコンサルティングだと思っています。

 

一つ一つのお客様対応で学びながら、間違えのない正確な手続きと助言を行なっていきたいと思います。

 

 

応援クリックお願いいたします!

 

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります