「乱れて盛んなるよりは、むしろ固く守りて滅びよ」 | 生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

「乱れて盛んなるよりは、むしろ固く守りて滅びよ」

 

これは狂言の山本東次郎氏の言葉だそうです。

 

盛和塾の機関誌で脚本家の内館牧子さんが私の好きな言葉として紹介されていました。

 

いい言葉ですね。

 

仕事をしていればどうしても媚を売ることもあるし譲歩せざるを得ないことも出てきます。

 

その際、「ここまでは譲れる」「ここから先は滅びても譲れない」というラインが必要です。

 

内館氏は、このラインの高低が志だと表現しています。

 

私は、人としての誇りだと思っています。

 

その境目は、高すぎても低すぎてもうまくいきませんね。

 

ラインをどこに設定するかは、まさに人間性による部分だと思います。

 

私自身の「ここから先は滅びても譲れない」ラインをどこに置くか。

 

私生活でも仕事でも、このラインを意識して過ごしたいと思います。

 

久しぶりにいい言葉に出会いました。

 

 

応援クリックお願いいたします!

 

-------------

自転車 サイクル保険

飛行機 海外旅行保険

ゴルフ ゴルファー保険

パソコン ロムルスのホームページ

手紙 お問合せ

-------------

<その他の保険関連記事>

知りたいテーマごとに以下のリンクから記事を選択してください。

 医療保障・がん保障・介護保障など

 法人保険・会社経営関連

 老後の資産形成や年金など

 保険設計の実例や保険制度全般について

 ご家族の保険や学資保険など

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります