質疑応答の代わりに・・その3 | 西本朱希オフィシャルブログ「朱鬼」Powered by Ameba

質疑応答の代わりに・・その3

私が選手だった時の

減量期に

 

減量食から少し総カロリーを上げて

 

「体重維持食」

・・・にする期間を

 

設けたりしていたのだけれどおにぎりお茶

 

(ちょうど、今の

私の食事の量・・位なんだけれど)

 

 

その時に食べていた内容を

参加者の方に

 

(食事内容の写真と

1日の総量と食事の比率を数値にしたものを)

 

見てもらいながら

 

食べ方を説明していって・・・

 

 

「私って

たんぱく質については

どちらかというと、

 

食べ過ぎに気をつけていた

・・・ところがあった」

 

という話をしたのだけれどぶーぶー

 

 

三食で、一食あたり

・・・赤身の肉で考えたら、

調理前の状態で150g程度の肉を食べれば

(主食や副菜もしっかり食べていれば)

 

たんぱく質の量が

 

減量時の、私の体重

"60kg”

 

・・・で考えると

 

食事だけで

1kgあたり2gを

超えてしまう事になるので

 

 

主菜の肉の量は

130~150gまで

 

・・と決めていたのだけれど・・

 

(増量中は、総カロリーを増やさないと

体重が増えていかないから

たんぱく質の量もどうしても必然的に増えてしまって

体重1kgあたり2.5g近くになってしまったのだけれど)

 

 

終了後に

その資料についての質問を

頂いたのよね・・。

 

(こんな資料ね・・)

 

「西本さんは、たんぱく質の取り過ぎに

気をつけている・・って

話されていましたが

ここでの資料の1日の総たんぱく質量は

144gで

体重1kgあたり2gをかなり上回っていますよね???」

 

うん・・・

 

だからそれを理解してもらいたくて

この食事を皆さんに見せたのよ~んにゃー

 

 

①バランスよく食べる三食のうちの

1食あたりに食す肉の量は150g以内としていて

 

②1日2回の捕食は、主にGI値の低めの炭水化物が中心

(捕食は血糖値の下がりすぎを抑えるためなのだけれど)

 

③減量期のトレーニング後には、

サプリメントでホエイプロティンを摂取したこともあったが

特にトレーニングをしない日については

サプリメントでのたんぱく質やアミノ酸の摂取はしない

(2007~2008年の1年間はサプリメントは全く摂取していない)

 

・・・なのに、それでも

 

この食事記録時の1日の

栄養素バランスは

(この日はサプリメント摂取はないのに)

 

炭水化物:380.8g(1523.2kcal) 62.5%

たんぱく質:144g(576kcal) 23.6%

脂質:37.4g(336.6kcal) 13.8%

 

 

「こんなにたんぱく質の取り過ぎに気をつけていても

それでも簡単に、必要摂取量を大幅に超えちゃう・・・って

そういう話だったんですよ~」

 

と、

説明させて頂きました得意げ

 

 

食事に加えて

サプリメントでプロティンをガッツリ摂っていたら

 

たんぱく質の量がどの位になっちゃうのよ・・

ってことです。

 

 

ボディビルダーの場合

 

私みたいに、

パンプアップさせてポージング取らなければ

バリバリの筋肉質~

・・・には見えない身体

 

では、

本当はいけないのだろうからにひひ

 

私のような食事よりも

サプリメント漬けにするような食事した方が

・・・もしかしたらベストなのかもしれないけれど汗

 

 

一般の人に

サプリメントでのたんぱく質取らせてしまったら

 

食事で食べられる

美味しい肉や魚の量を

 

減らさなきゃいけないことに

なっちゃうじゃん。。

 

 

食事摂取量が減ってきてしまう

高齢者の場合はこの先、

 

プロティンサプリメントなどが

有効利用されるようになってくる事もあるだろうと

考えたりもする

 

ただ、その場合も過剰摂取は

腎不全など色んな問題を十分考慮すべきだよね・・

 

 

肝障害や腎障害にさせる可能性があること

安易に言って

あとは知らん顔なんて

 

無責任じゃ済まない話と思うけれどもねガーン