起きてすぐの体重→トイレ後の体重
前日トイレ後との差
スタート時:65.1キロ→64.5キロ(身長:155センチ)
 
48.2キロ→47.6キロ
-400グラム
 
朝食:鮭おにぎり、ヨーグルト、野菜ジュース
昼食:焼肉、カリフラワー、ご飯、ヤクルト
夕食:イカ焼売、納豆半分こ、千切り大根、味噌汁(油揚げ、ネギ)
 
半身浴:20分
 
 
 
『暑いけれどダイエット中だからエアコン我慢している』
夏になるとドコかで一度は聴くフレーズですね。
世の中汗をかく行為が痩せると認識されているイメージがありますしわたしも以前はそう思っていて夏に家族がエアコンかけて寝ようとしていたのに何度も「ダイエット中だから!」とエアコンを強制的に切っているメーワクダイエッターでした←

実際のトコロ暑くてかいた汗は体温を下げるのでダイエット的には『別に』って程度のモノなんですけれどねぇ(  ̄- ̄)トオイメ
 
コチラを以前から読んでいただいている方ならお分かりかと思いますけれど汗をかいて体重が減っていても水分が出ているだけなので体の脂肪が燃焼されている訳ではないんですよね。
おそらく運動してアドレナリンが放出されるとリパーゼという脂肪を分解する酵素が活性化されて脂肪燃焼しますのでその辺に起因している誤解かと思います。
 
…何か気づきましかしら?^^
 
大事なことなので2回目イキましょうか?
 
おそらく運動してアドレナリンが放出されるとリパーゼという脂肪を分解する酵素が活性化されて脂肪燃焼しますn~
 
つまりですね?運動してもアドレナリンが放出されないとリパーゼは活性化しないんですよね。
ご存知アドレナリンとは生き物が命の危険にさらされた時に交感神経を興奮させて即時のその場の選択を実行させるために放出されるんです。
『火事場の馬鹿力』もこのアドレナリンによって発揮されると言われていますね。
 
つまりですね。アドレナリンを放出させてリパーゼを活性化させるにはある程度のストレスが必要になります。
ダイエットでの運動ストレスとは負荷のあるモノをする必要があるんですよね。
 
でもこのアドレナリンはダイエット的にはデメリットもありましてソレは内臓機能が低下するって事なんです。命の危険を回避する事の即時実行の為にその場で必要ない器官の動きは後回しにされてしまうんですよね。
つまり代謝が落ちるって事です。
 
ダイエットに運動するのはスッゴク良い事だと思います。でも『毎日やらなきゃ』って思ってイヤイヤだらだらやるならダイエット目的だけならやらない方がマシだと思います。
 
続けるって毎日やる事じゃないんですよね。ある程度のスパンで長期的にやる事なので何日かおきでも構わないと思うんです。
運動に限らず苦じゃないかな?って思うご自分のペースってそれぞれあると思うのでソレを探す事も長期的に見てダイエットになると思うんですよ~(・∀・)ノ
 
 
 
すみませんがご質問はコチラの体質改善プログラムとブログトップのメッセージボードを一通り読んでからでお願いします。
あとわたしの食事記録はかなり大雑把なので焼肉って書いてあってもポークソテーだったりラムソテーだったり様々ですしプチトマト1個やレタス1枚とかポテトサラダ一口は書いてないです。