起きてすぐの体重→トイレ後の体重
前日トイレ後との差
スタート時:65.1キロ→64.5キロ(身長:155センチ)

48.1キロ→47.5キロ
-300グラム

朝食:鮭おにぎり、ヨーグルト、野菜ジュース
昼食:焼肉、ブロッコリー、ご飯、ヤクルト
夕食:納豆半分こ、千切り大根、味噌汁(豆腐、大根葉)

半身浴:30分



ダイエットの為に『遺伝子チェックをしてダイエット作戦を立てる』って効率良くて良いことだと思います。
でも時々「ソレは危険よ」って思う事も屡々(´・ω・`)

まずは恒例わたしの遺伝子タイプ↓

この結果からわたしの場合気を付けるべきは『タンパク質不足』&『脂質のとりすぎ』なんですよね。そして『糖代謝は人並み』ですから特に気にしなくて良いって事なんです。
その後わたしがどうしたか?って事ですけれど特に何も変えていません。
だって普段からマクロ栄養素の『タンパク質』『脂質』『炭水化物』は量を意識していましたからねぇ
この量を意識するって2つの意味がありまして『足りなくならない』と『とりすぎない』がセットなんですよね。
んで体質改善ダイエット1をされていれば多分同じように『食べ過ぎ』も『足りない』も基本起こらないんじゃ無いかと思うんです。
時々「糖代謝リスク高くないんだ!きゃっほー!!」って突然毎日パンやおやつを食べだす場面や『脂質代謝リスク高いんだ~脂控えないと…』って揚げ物の衣を剥がしたり肉の脂部分を避けて食べたりする場面を目にしますけれどソコまで極端なモノなのかな?って思うんです。(脂っこくて食べられないなら体質だから良いと思うんですけれど)確かに中には極端な体質の方っていらっしゃると思いますけれど大部分は違うと思うんですよね~

今までも何度も書いていますけれど食べ過ぎれば何でも太ります足りなければ栄養失調になりますので代謝が下がります。
参考にするのはスゴく良いことだと思いますけれど基本を大事にしてくださいね~(・∀・)ノ



すみませんがご質問はコチラの体質改善プログラムとブログトップのメッセージボードを一通り読んでからでお願いします。
あとわたしの食事記録はかなり大雑把なので焼肉って書いてあってもポークソテーだったりラムソテーだったり様々ですしプチトマト1個やレタス1枚とかポテトサラダ一口は書いてないです。