この体質改善プログラムは効果のある人と無い人がいます。
最も効果のある人↓
・食べる量が人並み又はそれ以下(基礎代謝×1.2以下)
・活動量が人並み又はそれ以上(1日の総歩数6.500歩以上)
簡単にいうと何で太ってるの?って人です(´・ω・`)
みんなと同じランチとケーキを食べてるのにみんなと同じくらい動いてるのに太ってる人です。

そういう人って代謝が低いか食べ物のチョイスや食べ方が太るやり方かあるいは両方やってるんです。(それ以外にも原因があるのですけれど気にして改善できる内容じゃないので割愛します)

なのでこれからの体質改善で代謝を上げてストレスなく食べ方を変えるようにしていきます。
ちなみに女性向けです。男性はちょっと違います。



これから毎日すること
・寝る前、朝一番に白湯を飲む
・朝食に動物性タンパク質と炭水化物を食べる
・朝から14時くらいまで温かい白湯やお茶等の飲み物をがぶ飲み、目標1l以上
(甘味は0カロリーでもNG、ミルクは牛乳・豆乳問わずNG)

なるべく毎日した方が良いこと
・動物性タンパク質を70~250g食べる
・ご飯を80~300g食べる
・生野菜を1~3掴み食べる
・睡眠を7~8時間とる
・発酵食品を少し食べる

初日から2週間目まで出来るだけ避けた方が良いこと(出来るだけって書いてますけれど可能な限り0に近づけた方が良いです)
・砂糖&甘いもの(0カロリーもNG)
・ミルクもの、ミルク味のもの(牛乳、豆乳問わず)
・小麦粉もの(お菓子だけではなくパスタや餃子の皮もNG)
・アルコール、それに準じた飲み物(ノンアルコールビール等もNG)
・冷たいもの
・練り物とそれに近い加工食品(ソーセージ、ベーコン、ハンバーグ、からあげくん等)ハンバーグは自家製ならOK

ダイエット中だけれど食べても良いもの
・動物性タンパク質の揚げ物(ダイエット初期は週一回)
・高いアイスクリームやスイーツ(ダイエット初期は2週間に1回)

ダイエット初期はあんまり食べない方が良いもの
・フルーツ全般

わがままボディ(バストアップ&脚は細くなりつつ痩せたい)を目指す方向け別メニュー↓わたしはコレやってますw
・動物性タンパク質を毎日100~150g、週一回200g以上食べる
・ご飯を80~200g食べる
・揚げたての動物性タンパク質の揚げ物を1回70~200g、週1~2回食べる
・生大根を1~3センチ食べる(生野菜の代わりなので両方食べなくていいです)
・植物性油脂を避ける



以上ダイエット始めから2週間までのプログラムはこちらです。
もし質問等ありましたらコメント欄にお願いします。(書き忘れとかあるかもなのでw)
次回はこのプログラムが出来たと仮定して2週間後に更新で~す(・∀・)ノ





ここから下はなぜコレをやると良いのかの説明です。
理屈っぽいし長文なので苦手な方は読まないで下さいね。










まず代謝を手っ取り早く上げるため内臓を温めます。
内臓温度が1度上がると基礎代謝が12%上がるので温かい飲み物を飲みます。
その際、内臓冷やす上に誤った欲求を引き起こす砂糖とそれに類似する働きをする甘味、ミルク味のものは入れない方が良いので白湯やお茶、ブラックコーヒーが良いです。
14時以降は代謝が落ちるのでがぶ飲みすると浮腫の原因になります。

動物性タンパク質の摂取も基礎代謝を上げます。
上がる順番は
牛(赤身)→羊・馬→豚→鶏→魚介類
となります。
実はこれバストアップの効果も同じ順番なんです。
ただし食べ過ぎると太ももからふくらはぎが太くなります。
足が太くならない順番は逆の魚介類→となります。

生野菜は酵素の摂取です。(生大根が酵素と食物繊維のバランスが理想的なのでお勧めです。)
酵素摂取ってダイエットに良いのは分かるんだけれど何で良いのか知らないって方がいらっしゃるみたいなので簡単にご説明します。
酵素は体の中で色んな働きをします。
ダイエットに関心がある方なら多分興味あるのが消化酵素と代謝酵素ではないかと思います。
体内で酵素が使われる順番は決まっていて代謝酵素は結構後回しにされます。
そして足りないとそこまでまわりません←
なので足りない状況をなるべく無くすために毎日摂取した方が良いんです。
酵素は温野菜より生野菜の方が断然多いですから生野菜を毎日食べた方がいいんです。

甘いものやミルク味、小麦粉を抑えるのは間違えた欲求を無くすのためです。
洗脳みたいになるのであまり詳しく書きませんから各自でお調べいただきたいのですけれどなんで甘い味が中毒症状を引き起こすかだけ軽くご説明します。
脳の栄養はぶどう糖です。
そして体が一番大事だと認識しているのが脳です。
本当に脳の栄養になるぶどう糖は野菜や炭水化物から摂取できます。
精製された砂糖や小麦粉にはこの脳に必要なぶどう糖は精製過程で省かれてしまっているのでほとんどありません。
しかし味がぶどう糖のあるものと同じなんです。
そのため普段から砂糖や小麦粉ものを食べつけていると脳がそれらを食べろと命令します。
これがお菓子や甘いものが止められない理由です。
お菓子をつい食べちゃうのは「意志が弱いから」ではなく「ダメなやつだから」でもなく「疲れているから」でもありません。
間違えた命令が脳から出ているからです。
ミルク味や小麦粉も理由は違いますが脳から出る命令過程は同じです。
この間違えた命令過程を止めさせる為に一度そのものから離れる必要があります。
それが終わるのが平均して2週間のようです。
その為2週間はほぼ甘い味、ミルク味、小麦粉ものから離れてください。

アルコールや冷たい飲み物は単純に代謝が正常じゃない時は下げるだけなので最初は避けてほしいです。

加工食品も浮腫みと代謝不良を起こしますので最初は避けてください。

フルーツもカリウムや酵素はあるんですけれどダイエット初期は代謝が悪いので糖質による冷えや浮腫み等の方が出やすいですからあまり食べない方がいいです。

朝、動物性タンパク質と炭水化物を食べるのはセロトニンを出すためです。
セロトニンは伝達物質の1つで別名「幸せホルモン」と呼ばれています。
これも色々書いても洗脳っぽいので止めておきますけれど正しく出ていればストレスが緩和されますのでダイエット中のクヨクヨを軽減してくれます。
一番良いのは
7~8時間睡眠をとる→朝食に動物性タンパク質と炭水化物を食べる→朝日を浴びる
この流れが出来ると理想的です。


人気ブログランキングへ