劇団クロックガールズの舞台『結婚の条件』が9月13日から東京・新宿シアターモリエールで上演される。


脚本家の江頭美智留が主宰する劇団クロックガールズ。
これまでに増田有華(ex.AKB48)、木根尚登(TM NETWORK)、中村中らを客演に迎え、公演を行なってきた。

15回目の公演となる『結婚の条件』の物語は、「婚姻免許」がないと結婚することができない「ニッポン」が舞台。
人口の減少と税収の減少に歯止めをかけ、正しい「ニッポン人」を増やすために可決された「婚姻免許法」により、婚姻許可試験に合格するために様々な事情を抱えた人々が「婚姻免許塾」の短期集中合宿に参加するというあらすじだ。

出演者は劇団メンバーに加えて、主演の鈴木砂羽、鳳恵弥、牧野美千子、岡本一馬、渡辺健太、鶴田奈々、伊藤風喜が客演。
演出は今回が初演出となる鈴木が手掛ける。
チケットの予約は現在受付中。


AD

——デビュー1年、おめでとうございます。
今の心境を教えてください。

アンナ皆さんがツイッターなどで「おめでとう」と言ってくださって、考えてみると色々な事が思い出される濃い1年だったなと思います。

リーナ本当にもう1年経ったのか、という感じです。
ファンの皆さんと楽しい時間を過ごせていると思います。

レナマジパンは若いファンの方が多いです。
アイドリング!!!(2015年10月・卒業)の時は歴史の長いグループだったので、長い間推してくれているファンの方はいましたが、若い方は少なかったです。
そういう意味で、この1年は対バンをするたびに新しいお客さんが来るので新鮮でした。

ヒマワリ私はこの1年が、初めてアイドルになった年だったのです。
それまで活動をした事がありませんでした。
なので、初めてライブしたり、初めてCDを出させて頂いたり、あとは「応援される」という立場にあまり立った事がなかったので、不思議な気分でしたね。
その「応援されて嬉しい」という気持ちも、この1年でどんどん大きくなっていきました。
なので、もっと応援されるアイドルになれる様に頑張りたいです。

ユーナこの1年をSNSなどで文章を書きながら、思い出していました。
周りの方の応援やサポート、支えがあった上で自分たちの努力で登っていくのがアイドルなのかなと。
なので、周りの方々に改めて感謝です。
それからアイドルや人間としても成長できたのかなと。
色々と考え方が変わってきました。

——1stシングル「パレードは続く」がリリースされました。

リーナ今回のシングルはいつものマジパンの曲とは少し違って、違う一面を見せられるのではないかな、と感じました。

ユーナミニアルバムを先に2枚出していますが、新しい一歩を踏み出すという意味でも、このタイミングに1stシングルを出せる事が嬉しいです。
あと、これまではグループの世界観が強かった分、それに基づいた歌詞が多かったです。
でも「パレードが続く」は元気が出る曲になっていると思います。

レナ最初は「パレードは続く」と「ミカガミ・ラビリンス」を同時期に聴きました。
「パレードは続く」は初めて聴いた時、良い意味で「マジパンらしくないな」と思いました。
私は衣装もデザインしているので、今回は皆、統一された衣装にしようと閃きました。
曲を聴いて、衣装のイメージが浮かんだのはこの曲が初めてですね。
前は魔法感が強すぎて、衣裳を考えるのが凄く難しかったです(笑)。

アンナ私自身も「パレードは続く」が推し曲です。
でも歌っている時に考えさせられたのは「ミカガミ・ラビリンス」でした。
パッと聴いた感じは全体的に暗い曲で、1つの灯りを目指して進んで行く様な曲です。
でも、全編暗くは歌いたくなくて。
全部暗く歌ってしまうと、それだけしか皆さんに残らないじゃないですか。
なので自分の経験と照らし合わせて、悲しい事や悔しい気持ちを歌いながらも「前向きな気持ちを持っている」ということを想像しながら笑顔で歌いました。
多分ステージではやらないと思います(笑)。


AD

北原里英が、NGT48を卒業することを発表した。

これは先日、NGT48がみなとぴあで開催した2019新潟開港150周年プレイベント「NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE~みなとまち新潟をもりあげちゃいます!~」の2nd公演で発表されたもの。
なお、北原の卒業は来年の春ごろを予定している。

卒業を決めた経緯について北原は「AKB48も10年目で、いつかは卒業しないといけないなとずっと思っていて、その中でここ最近のNGT48は成長が目紛しく、凄いスピードで成長していてすっかり頼もしいと思えるようになりました。
私がいなくなってもみんなの力だけで大丈夫なんじゃないかなと思って卒業を決めました」と語っている。

また、今後のスケジュールについてはAKB48に入る前からの夢であった女優を目指して、芝居を中心に活動を続けていくつもりとのこと。
最後にファンに向けて「突然の発表になってしまい申し訳ありません。
ここまで本当にたくさんの方の力を借りて、発表をする事ができたので、これからは一人の北原里英として、立派に歩んでいこうと思いますので、NGT48、AKB48グループではなくなっても応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします」とメッセージを送った。

NGT48オフィシャルサイト

AD

AKB48の姉妹グループ、NGT48のキャプテン・北原里英が、8月21日、グループからの卒業を発表したあとアメブロオフィシャルブログを更新。
卒業発表した心境を明かした。

他の写真はこちら
同日、新潟県で開催された『新潟開港150周年プレイベントNGT48お披露目2周年スペシャルLIVE』で卒業を表明した北原。

「*卒業、します。
」と題して更新されたアメブロでは、
「新潟開港150周年プレイベントNGT48お披露目2周年記念LIVEが無事に終了しました。
炎天下の中、一緒に盛り上がってくださった皆さん、本当にありがとうございました!!(体調は大丈夫でしょうか?日焼けもされたと思うのでアフターケアをしっかりやってくださいね)」
と、来てくれたファンへ、まずはライブに来てくれたことへの感謝の気持ちを綴ると、
「この、2周年イベントの場をお借りして、わたし北原里英、卒業発表をさせていただきました」
と、改めてグループ卒業をアメブロでも報告。

卒業の発表について、
「いつか、自分にもこの日が来ることは自分がいちばんわかっていたのに、いざ、発表するとなんだか本当に卒業するんだ、、、って不思議な気持ちに、なっています」
と綴り、
「本当に緊張して、声が震えてしまいましたが、なんとか自分の言いたいこと伝えたいことはしっかりと話せた気がします」
と振り返り、新潟で発表したかったことや、NGT48メンバーの前で発表したかった想いなども明かし、さらにスタッフへ感謝の気持ちを伝えた。

卒業は来年の春頃を予定しており、
「まだ時間はたくさんあります!
最後までNGTのキャプテンとして、自分のできることをすべてやり切って、悔いのない卒業をしたいと思います!!!
NGTのみんなともたくさん思い出を作りたいし、ファンの皆様ともたくさん思い出を作りたいし、もちろん古巣の(笑)AKB48にも大好きな仲間がたっくさんいるから、みんなとも思い出を作りたいです!!!!」
と綴った。

また、ライブでの卒業発表やその後の記者会見を終え今の心境について、
「今日という日は忘れられない日になりました。
いまは、なんだかホッとしてるかも」
と明かしている。

アメブロ最後には、
「これからも、北原里英の応援をよろしくお願いします!
卒業したら、アイドルではなくなりますが、ひとりの人間として応援してもらえるように立派になりたいです。
立派になります!!!
そして、NGT48、AKB48グループの応援もよろしくお願いします!!!
ずっと大好きな場所です」
と、ファンにメッセージ送っている。

ファンからは、
「残りのNGTとしての時間楽しんでください!卒コンもラストシングルも待機してます!!笑」
「いつでも~応援しています!」
「卒業おめでとうございます」
「新潟に来て、新潟を盛り上げて、新潟を有名(笑)にしてくれてありがとう♪」
「きたりえちゃんの今後が、光輝きますように♪( ´▽`)」
「卒業しても応援するよ」
「里英ちゃんが決めたこと!これから先も応援してくよ」
「応援し続けます!!!」
「可愛いメンバーたちにカッコイイ背中を見せてあげてね(^-^)v」
「感慨深い思い」
「きたりえ、お疲れ様!!」
「すごく聞いたときビックリでした」
などのコメントが寄せられている。

リリース情報
2017.09.27 ON SALE
NGT48
アナログ盤『青春時計(豆腐メンタル Remix by tofubeats)』
北原里英オフィシャルブログ「さんじのおやつ」:記事タイトル「卒業、します。

https://ameblo.jp/kitahara-rie/entry-12303554404.html
NGT48 OFFICIAL WEBSITE
https://ngt48.jp/


女性アイドルグループNGT48の卒業を発表したキャプテン・北原里英(26)が21日深夜、自身のブログを更新し、卒業発表の心境をつづった。

北原はAKB48の5期生で、グループ内ユニット「Notyet」としても活動。
SKE48との兼任を経て、15年にNGTへの移籍と同時にキャプテンに就任した。
21日の「NGT48お披露目2周年SPライブ」2nd公演の最後に「私、北原里英はNGT48を卒業します」と発表した。

卒業発表の経緯について「NGTのメンバーみんなの前で言いたくて、あと、ファンの方の前で言いたくて、そして何より、絶対に新潟で発表したかったんです」とし、来年の春頃を予定している卒業には「まだ時間はたくさんあります!最後までNGTのキャプテンとして自分のできることをすべてやり切って、悔いのない卒業をしたいと思います!!!」と明かし「今日という日は忘れられない日になりました。
いまは、なんだかホッとしてるかも」と心境をつづった。