佐藤健(さとうたける=23)との夜の密会が話題の前田敦子(まえだあつこ=21)。
お尻丸出しのスクープ写真には驚かされたが、またも驚愕のエピソードが発覚したという。
『週刊文春』が報じている。

今回発覚したのは佐藤との熱愛ではなく、過去に噂となった山本裕典(やまもとゆうすけ=24)との交際に関するものだという。
これはAKB関係者の証言である。
「山本と前田の交際は、古いメンバーなら誰でも知っているコト。
09年、前田は自分のバースデーパーティの日、親にも内緒で山本の家にお泊まりしたことがあるんです。
翌日、そのことが総合プロデューサーの秋元康氏にもバレて、大目玉。
前田は他のメンバーもいる前で山本に電話をさせられて、泣きながら別れさせられたんです」(AKB関係者:週刊文春)

2人に熱愛疑惑が浮上したのは2010年のこと。
和食ダイニングでのデートが報じられていた。
もちろん前田の事務所は熱愛について完全に否定していたが、実はウラ話があったようだ。

それからずっと熱愛が取り沙汰されることはなかった前田。
AKB48から卒業した途端にスキャンダルが発覚してしまったわけだが、年を重ねるにつれ遊び方が派手になっている一面もあったという。

「板野は昔からの遊び仲間でした。
ただ、卒業前に二人は些細なことでケンカをして、前田の遊び相手も変わっていった。
酒もよく飲むようになった。
当初は仲のよかった篠田麻里子は実は夜遊びが苦手。
前田は『マリコはババアだから』ってボヤいてた。
で、いまは大島と飲み歩いているんです」(同)

佐藤との合コンに出席していた歌手・ジャミール(27)は同誌の取材に対しこう話したという。
「事務所からムチャクチャ怒られたんで、何も言うなって言われてるんですよ」(ジャミール:同)
緘口令が敷かれている今、もしかするとあの夜の真相がはっきりと分かることはないのかもしれない。