99.9%逆転不可能― 残された0.1%の事実に挑め。『99.9‐刑事専門弁護士‐』マスコミ試写 | 編集プロダクション・GROUP のブログ

編集プロダクション・GROUP のブログ

Webから紙媒体まで、企画・編集・執筆・撮影・デザイン。
制作のすべてを請け負うプロダクションです。スタッフ(数名)が、取材活動を通して感じた日々の思いや出来事、読んだ書籍、映画などについて綴るお気楽&無責任ブログです。

2016年4月~6月にSEASONⅠ、
そして、2018年1月~3月にSEANONⅡが、
TBS系「日曜劇場」枠で放送され、
多くの支持を集めた『99.9‐刑事専門弁護士‐』。
この冬、劇場公開作品として登場です!

 

 

先日、マスコミ試写にご招待をいただき、観てまいりました。

 

ドラマからのファン、法曹関係者…は、周知の事実かと思いますが。

タイトルの99.9は、

日本の刑事事件における裁判有罪率を示す数字です。

つまり、この数字は、日本の司法制度の高い信頼性の証。

と同時に、一旦起訴されると

検察側が考え出したストーリーが正しいと鵜呑みにされがち…

そういう大きな落とし穴があることを示唆してもいるのです。

 

しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件であろうと、

残りの0.1%が確定しない限り、

それは本当の意味で事実にたどり着いたとはいえないのではないか…

 

 

この作品は、その最後の「0.1%」まで、決してあきらめることなく、

真実を追い求め奔走する弁護士たちの姿を描いた物語です。

 

松本潤さん演じる超型破りで、ちょいちょい親父ギャグを発する、

班目法律事務所の弁護士・深山大翔。

 

そして、香川照之さん演じる班目法律事務所の所長・佐田篤弘。

 

この名コンビに加えて、

本劇場版のヒロイン、杉咲花さんは、

新米弁護士・河野穂乃果という役どころで、

彼らとともに0.1%の事実を追い求め、奮闘します。

 

ドラマ版の頃からお馴染みの、

個性豊かなレギュラー陣が本作に彩りを添え、盛り上げるほか

数々の名作に出演し、類まれなる身体能力の高さや

表現力を強みに役ごとにその存在感を際立たせ、

作品に深みを増して来られた西島秀俊さん

 

まだ19歳ながら、

すでに演技派の呼び声も聞こえてくる道枝駿佑さん(なにわ男子)、

 

先日無事放送を終えた

朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』で

視聴者の心を揺さぶる芝居で見せてくれた蒔田彩珠さんなど、

新たな豪華キャストも加わりました。

 

ちょっと…あれこれ真面目に考えさせられて。

時にくすっと笑って、

事件解明の推理を働かせる面白さも体感できる

…まさに何通りも楽しめる、

痛快エンターテイメント作品となっています。

日々の生活においては、何かとモヤモヤすること。

望まない…憤りを覚える瞬間。いろいろあります。

 

だけど。映画を観ているひとときくらいは

いろんな感情が溢れても、楽しめ、前に進める

前向きになれる時間の中に居たいですね。

 

ぜひ、映画館で、個性豊かな弁護士たちとともに

事実とは何かを…見出してください。

 

映画『99.9‐刑事専門弁護士‐THE MOVIE』は、2021年12月30日(木)ロードショー

 

https://movies.shochiku.co.jp/999tbs/

 

(記:ライター日下郁子)