編集プロダクション・GROUP のブログ

編集プロダクション・GROUP のブログ

Webから紙媒体まで、企画・編集・執筆・撮影・デザイン。
制作のすべてを請け負うプロダクションです。スタッフ(数名)が、取材活動を通して感じた日々の思いや出来事、読んだ書籍、映画などについて綴るお気楽&無責任ブログです。

亀梨和也、東野圭吾原作「手紙」で
テレ東ドラマ初主演
「難しさにハマっていけたら」

https://natalie.mu/music/news/280577

 

 

 

手紙 (文春文庫) 手紙 (文春文庫)
745円
Amazon

 

手紙 手紙
1,718円
Amazon

~~亀梨和也さんの コメント転載~~

「手紙」ドラマ化及び主演の話を聞いたときの気持ち

テレビ東京のドラマ、東野圭吾さんの作品、どちらの出演も僕にとっては初めてなので、本当にワクワクしています。初めての角度でお仕事ができる事に、いろいろな期待を持ちました。

東野圭吾作品の映像化について

東野圭吾さんの作品は、社会性やテーマ・メッセージ性がある作品が多いので、自分がその作品に参加させてもらえることを非常に嬉しく思っています。

役作りや心がけていること

役作りに関しては、あまり用意しすぎないほうがいいかなと思っています。まずは監督の指揮にしっかり反応できるようにいられたら。その中で、目の前で起きている事、感情、そういうものに敏感でいたいなと思います。そしてそれを自分がどう捉え、表現できるかということを大事にしたいと思います。撮影中は何かに悶々とする時間になると思うので、それを抱えられる自分でいたいと思っています。

武島直貴の人物像

事件の当事者なのか何なのか…とても難しい立ち位置にいる人物ですよね。決してスポットライトを浴びるようなキャラクターではない。そこがこの作品が持っている魅力であり、メッセージなのだと思いますが。僕自身、その難しさ、もどかしさにハマっていけたらと思っています。

視聴者へのメッセージ

ドラマの時代設定は原作よりも現代的に、2018年の今の時代に沿った内容になっています。誰もが直貴の兄・剛志のような加害者になり、そして被害者になりうる要素を持っている。それも、無意識のうちに…。この作品の出来事以外にも、どんな些細なシチュエーションでもそうなりうる時代だからこそ、このドラマを通して、視聴者の皆さんに何かを感じてもらえれば、そんな作品にできればと思っています。

先日、取材で行かせていただいた

友安製作所Cafe&Bar(大阪・阿倍野)
https://tomoyasucafe-abeno.shopinfo.jp/

 

 

をご紹介させていただきます。

とても魅力的いえ魅惑的といえる空間でした。

 

取材終了後に、

 

「ご紹介記事&取材レポートを掲載する某媒体の発行以降、

個人的に、SNSやブログで紹介させていただいて、よろしいですか?」
 

とお願いし、了承を得ていましたので、アップします 😉
 

ほんとはあまり人に教えたくないような ()
そんな気もしてきちゃうくらい。
ほんとに素敵な居心地が良くて感性も刺激されるお店なのです。

 

けれど・・・・

『DIYに興味があり』

『最近凝ってる!』

『チャレンジ中!』

人には、特におすすめしたいです。

 

魅力的で、いい素材、溢れてますよ。

一緒に居て、心地いい、心癒される、ワクワクする人

・・・と共に、訪れてほしいかな。

https://tomoyasucafe-abeno.shopinfo.jp/


(記:日下郁子)


テーマ:

 先日、とある打ち合わせの後(土曜日の午後)ってこともあり
ふらりと立ち寄ったGARB week
(大阪市北区 中之島の 大阪市中央公会堂そば)

でいただいた、ランチ。ハンバーーーーグ
コーヒー

美味しゅうございました

解放感あふれる、居心地のいいカフェレストランは
週末ということもあってか、多くの人たちで賑わっていました。

ずっと気になっていて行きたかったお店でもあったので
嬉し楽し
なひとときとなりました

http://www.garbweeks.com

 


ココロとカラダへのチャージは、必要

 

 

こちらは、以前
取材に行かせていただいたお店。
『Room328 bakery & cafe』
https://www.facebook.com/room328bakerycafe/

 

撮影させていただいた画像の一部です。
ポーランド人のご主人と日本人の奥さまが
昨年 11 月末にオープンしたという
Bakery&cafe

東大阪市西堤本通東3-2-8


大阪メトロ中央線高井田駅
から、ちょっと歩くのですが。いいお店です。

 

近隣地域にお住まいの方はもちろん
仕事や用事で、お近くに行かれることがある方
ぜひ!おすすめです。

 

 

ゴールデンウィーク、タイミングを見計らって
お墓参りに行ってきました。



帰り、ご飯を食べたカフェレストランで、
樹一さん京介さん和寿さんらの懐かしい声が聴こえてきて、

テンション上がる。上がる ラブ

 

 

ZIGGY
BOØWY
Mr.Children

 

の名曲がBGMとして聴こえてきたっていう話ですよ。

 

 

NOKKO(レベッカ)やリンドバーグ、

安室奈美恵さんの曲もかかってたなぁ

懐かしのヒットソング特集?
いやぁ懐かしすぎる。

ポテトフライをかじりながら思いっきりノリノリ気分だった私

 

肩で小さくリズム刻んでしまっていた、かも。

迫ってくるのね。心
壁を超えて経年の年月の一気に
不思議だね。
名曲って一気に
年月の経年の壁を超えて迫ってくるのね。心に。

(記:日下郁子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 デスクから離れられない月末+G.W.直前の平日。
校正のやりとりの合間、待機中に見つけました。
2月のある日に訪れた

道明寺天満宮(大阪府藤井寺)で撮影したときの画像です。

 

境内の一角には、たくさんの絵馬も揺れていました。

この日、お天気は、あまり良くなかったのだけれど。
でも、境内にいらしたご婦人に、優しくお声をかけていただいたり。
咲きかけの梅の花に心和まされもした。思い出の2枚です。

 

 

 

 

 

 

 

そして、先日、マスコミ試写で一足先に観させていただいたのが
映画『ラスト・ホールド』

 

 

 

落ちこぼれ大学生たち、周りを見渡せば、一人は、こんな感じの

似たような雰囲気の男子、いるなぁっていう子たちが、ボルダリングに挑戦する
青春ムービーです。

 

 

正直、主要な役を演じる彼らは、俳優としては
まだまだ粗削りな、熟していない感は否めない、ところがあるものの、

でも魅力的でした。

高い壁に向かって、悩み、もがき、つまづいたりしながら、懸命に果敢に挑んでいく。

 

彼ら自身の挑戦、努力に、水面下でのさまざまな悩みや葛藤との個々の闘い奮闘に、

「頑張れ!行け!負けないで!」と、応援したい気持ちにもなりました。

 


青春、青春時代、まだ青き未熟で危うい10代って。
どこか痛いし。笑
揺れるし、カッコ悪いところだらけもだったりもすると思うんですよ。

誰もが通るそんな、青春の道に思いを馳せながら
観ていただけるといいなぁ。

画像の一枚は
先日、もりのみやキューズモールBASEに立ち寄った際に
そこに入っている注目のショップの一つ『Climbing Bum』を
外からパシャッと写させていただいたものです。

 

ここ。実は前からずっと気になっていたんですよね 👀

ロッククライミング
ボルダリングはロッククライミング、スポーツクライミングの一種。
フリークライミングの形式の一つで、最もシンプルな装備で岩壁を登っていく方法)

 

スポーツクライミングが、東京2020オリンピックの追加競技に決定したこともあり、
注目度が、高まっていますね。

高みを目指したい!困難や新たな目標に立ち向かう強い精神力を鍛えたい!
そんな思いに共感を覚えるすべての方へ。

公開されます。

http://lasthold-movie.jp/sp/

(記:日下郁子)


テーマ:

「これは、読む!」

と決めたわけじゃないけれど、
気になる書籍。

知人が「いいよ」

と推薦してくれた書籍があります。

出版社のサイトの書籍紹介を教えてくれたり、

新聞の広告欄を切り抜いて、

メールに添付して送ってくれる友もいるのです。

(※親切ですね~。持つべきものは友だちですヮ)

 

 

で、ご推薦の書籍は、ブログに、

「読む予定の書籍(作品)」

「必読」

などと記しておきます。忘れてしまうことがないのです。

(うっかり忘れてしまっても、ブログが教えてくれる)

 

ということで、本日も記します(*^▽^*)

 

 

~~Amazon内容紹介転載~~

★映画化企画進行中!★
シリーズ累計25万部突破!
なぜ、人は絶望を前にしても諦めないのか?
感動の医療ドラマ、衝撃の新章へ!


【あらすじ】
「流されるままに生きればいい」。
小さな診療所を始めた医者・桐子は患者に余命を受け入れる道もあると言い切る。
一方、かつての同僚・福原は大病院で閑職に追いやられてもなお、
患者の「延命」を諦めない。
別々の道を歩む二人が、ある難病の恋人同士を前に再会を果たす時、
それぞれに壮絶な過去が呼び覚まされるのだった。
残された日々を懸命に生きる患者と医者の葛藤と闘いを描き、
大反響を呼んだ医療ドラマ。衝撃の新章へ!
【文庫書き下ろし】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

http://bunkyosha.com/book/9784866510361

~~Amazon内容紹介 転載~~

東大病院救急医療の現場で15年、
人間の生と死に向き合ってきた医師が、
ストレスを抱え生きる人に今、伝えたいこと。


「医師として、長年患者さんを診てきた中で釈然としないものを感じていました。
病気になって病院にやってきた患者さんを治療しても、
不健康で無理ばかりする生活を続けていれば、
またどこかからだを悪くして、病院にやってきます。
――中略――
対症療法によってでしか患者さんを助けられないことにある種の限界を感じていました」
(「はじめに」より)

病気になってしまうような無理をする生活はやめて、
自分の心とからだを大切にする暮らしを始めませんか。

ぼーっとする。呼吸に耳をすませる。
自分に向きあい、なんでもない当たり前の時間を大切にすることで、
人生は輝き出す。


●「頑張りすぎる人」は「いいかげん」になる
●「美しい所作」は、心とからだにいい
●期待しない、依存しない
●「行くため」ではなく、「歩くため」に歩く
●階段の上り下りから生活を変える
●食べ過ぎてしまうのは、ストレスのせい
●喉を意識して食べる
●生活リズムは「からだ任せ」
●長く、ゆっくり呼吸する
●本当の修行は日々の生活にある
●「自分が気持ちいいこと」を選ぶ
●童心に返る
●四季の移り変わりに気づく
●鼻をきかせる
●集中できる「場」をつくる
●自分の人生の主役は自分だけ
●長く生きるかではなく、どう生きるか

マインドフルな生き方は、今すぐ誰でも始められます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

http://www.achibook.co.jp/books/938/

 

~~Amazon 内容紹介 転載~~~

だれも“老い"から逃げることはできません。

しかし、同じ年齢でも
・5~10歳は若く見える
・いつも元気で具合が悪い様子を見たことがない
・好奇心旺盛で活動的
・心臓、脳、骨、血管のどこにも異常がない
・頭がはっきりしていて物覚えがよく物忘れもしない
というような人がいます。

この差はいったい、どこからくるのでしょうか?


「〇〇だけを食べれば解決する! 」
「〇〇さえやれば、病気にならない! 」
そんな次から次へと現れる健康法に翻弄されて、
「いったい何がいいのかわからない! 」
という人は多いことでしょう。


本書は、そんな方々のために、
最先端の科学的な裏付け、特に抗加齢医療の
知見をもとに、元気に長生きするための
正しい食習慣をご紹介するものです。

年齢を重ねながらも
体の若々しさを維持する方法は、
最新科学で次々と判明しています。
そのなかで、大きなウエイトを締めるのが、
本書で紹介する食事なのです。

先にあげたような“健康格差"は、
60歳を超えるとさらに加速します。

何を食べて、何を食べないかという選択が
肥満になるかどうか
病気になるかどうか
見た目に老けるかどうか
の大きな分かれ道となるのは間違いありません。

・規則正しく食べなくていい
・食べると太る時間帯、太りにくい時間帯がある
・血糖値を上げない食べ方
・性ホルモンを維持する食べ物
・スナック菓子、清涼飲料水は“飢餓感"を起こす
・風邪からガンまで防ぐスーパービタミン
・糖尿病、認知症予防の薬になるオイルとは
・野菜は一日4色食べる
・コレステロール値は食べたものに栄養されない
・ビールで尿酸値が上がるというウソ
などなど、
科学的な裏付けのある、
正しい食事法こそ、
あなたの体を生涯守る、
心強い薬となるはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~

(記:ライターK子)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。