編集プロダクション・GROUP のブログ

編集プロダクション・GROUP のブログ

Webから紙媒体まで、企画・編集・執筆・撮影・デザイン。
制作のすべてを請け負うプロダクションです。スタッフ(数名)が、取材活動を通して感じた日々の思いや出来事、読んだ書籍、映画などについて綴るお気楽&無責任ブログです。

飄々と…何処か掴みどころのない男

そんな役を、俳優・大泉洋に演じさせたら…まさに

水を得た魚のように、大きなスクリーンを生き生きと

軽快に、愉快に、立ちまわってくれるに違いない―。

…と。
そこまでの未来図を、頭の片隅に描かれていた!?
…のかどうかは、作者のみぞ知るところではあるけれど。

 

ミステリー小説『罪の声』の著者・塩田武士
俳優・大泉洋を主人公にあてがきしたという
同名小説
(角川文庫/KADOKAWA刊)で、
2018年本屋大賞にランクインしたベストセラーの実写映画化。

 


原作


をすでに読んでいた私は、
 

 

マスコミ試写にご招待いただいてから
ずっと密かに心待ちにしていた、
2月の初め。

 

今にも小雨が降りはじめる…かという中、

傘を手に試写室へと向かった。

試写室の席を埋めるマスコミ関係の方々の多さに、

この映画の注目度が見てとれる。


映画のストーリーは、
崖っぷち出版社で繰り広げられる、
生き残りをかけた仁義なき騙し合いバトル。


大手出版社「薫風社」…
その内情は、問題が山積み。
かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、
次期社長のポストを巡っての権力争いが勃発する。

 

佐藤浩市演じる専務の東松
(劇中で、機関車トーマツなんて呼び名がついていた)
が、強引に大改革を進め、

社内で「お荷物雑誌」の扱いを受けている

廃刊危機のカルチャー誌『トリニティ』の編集長・速水は
無理難題を押し付けられ…。


この、代わり者編集長・速水を演じるのが、

原作者が主人公をこの人であてがきしたという、大泉洋ご本人。

 

伝統ある看板雑誌『小説薫風』の編集部から
新人編集者・高野
(演じるのは松岡茉優)
とともに、大御所作家に、大抜擢したばかりのイケメン新人作家、
雑誌の表紙を飾る人気モデルを軽妙なトークで、
そして意外な側面から口説き落とし、
ライバル誌や会社上層部、
はたまた同僚など、クセモノたちと攻防戦を繰り広げていく…
というストーリー。


ネタバレになってはいけないので…
言葉を選びながら綴っているが。

 

もう…苦境に立たされた出版社を舞台に、
ひとクセもふたクセもある大人たちが、
嘘、裏切り、リーク、告発…
さまざまな陰謀を仕掛け、仕掛けられ…

時にクスッと笑ってしまい。
身につまされる思いをし。

最後には、
厳しい世を生き抜いていかなければならない今の私たちを、
ちょっと変わった形…
角度から応援してくれている。

鼓舞してくれているのかな、と思わせられる…瞬間もある。


逆転に継ぐ逆転の、愉快痛快!
社会派エンターテイメント。


ラブストーリー、ファンタジー、超大作、話題のアニメetc、

もちろん、それは、それで魅力なのだけれど。

こういう作品も、観る価値大。

 

あらゆる局面をかいくぐって来た大人の皆さま。
苦い思い、甘酸っぱい思い、痛い思い、

いろんな思いを飲み込んで。
ぜひ、じっくり観賞していただきたい!


これから、厳しくも面白い大人の世界へと踏み出す若者にも、ねっ。


映画『騙し絵の牙』は3月26日、全国ロードショー!

 

映画『騙し絵の牙』公式予告サイト

 

 

 

 

 

(記:ライター 日下郁子)





2021 迎春
新しい年が始まりました。
輝かしいメモリアルイヤーになるはずだった2020年は、
一転して多くの人が忍耐を強いられ、

予想もしなかった悲しい出来事、胸を傷めることの多かった年になり、

やるせない思いをした人も、辛く、到底すぐには受け入れ難い、

消化できない別れを、経験した人もいたでしょう。

突然仄暗い谷底に突き落とされた私たち。
ここからは這い上がる、のみですね。

そう。ここからは、ただゆっくりと、
でも、確実に上を目指して歩みを進めるのみ。
と、思いたいです。

歯を食いしばった日は、
揺れ惑う私たちの心の底に、優しさは強さなのだと。
諦めないひたむきさは、希望への架け橋に変わるのだと。
刻んでくれたはず、だから・・・。

間違っても。躓いても。
そこから、より理解を深めていけばいい。
身をもって、次へ進むため、ステップアップするための糧を得たのだと思えばいい。

人と触れ合うことも、会話を交わすことも、躊躇われる
もどかしさを覚える状況下に居ますが、大丈夫だよ、と。

離れていても、すぐそばに見える、感じられるような
力強い、支えとなれるような存在になれるよう精進したいと思います。
不安が多い日々…でも、あの人を見ていると、頼ると
なんだか安心する、もう大丈夫だ、いい方向へ舵を取れそうだ。
そう、感じていただけるように。


日々学び柔軟に吸収し、ゆっくりと、でも大きく、確かに一歩一歩、拓いて行きます。
 

一緒に、幸せになりましょう!視線、上げていきましょう!心と体を大切に。
 

感謝。2021年 元旦

※アップが3日になってしまいました(-_-;)
(記:日下恵子 日下郁子 スタッフ一同)

 

 

もう、ほぼすっぴんで、ずっと篭って・・・
原稿作成やそのための資料の確認、見直し、整理やらにかかって

クリスマスケーキ
バースデーケーキとか。
チキン
とか。

そういうん……なぁんも準備できなかった。
 

ごく普通の…パパっと作ったご飯をいただいた・・・だけ。
野菜はしっかり摂ったけれど。

発泡タイプの(笑)アルコールシャンパンも摂取せず。

そんな中、不意打ちの、メッセージに、動画や画像が・・・。
文字だけでなく、表情や声も。
それぞれに、今を頑張ってる、その場所から。
空気感も添えられた心温まるメッセージが届きました。

 

幸せ。胸いっぱい。ラブ

そして、そして。
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』

最新刊を手に。
ゆっくりページをめくり、優しい気持ちをもらい。

ようやく、充電タイムに・・・
🎄Happy Merry Christmas🎅🏻

 

イヴの夜
皆さまのもとにも愛くるしい天使が舞い降りますように✨

・・・・と、昨夜facebookにアップした(のでした)。


(記:ライター日下郁子)


ブログを放置していて

ごめんなさい。
12月になっていました。

イルミネーションが

綺麗ですね。
夜はイルミネーションの、煌めきを楽しみながら

帰途についています。

年の瀬ですから、

相変わらず私たちは、

仕事に追われています。

といっても、

昨年よりは仕事(取材)が少なくなりました。
でも、原稿の量は、
ほぼほぼ変わりませんが・・・。

ありがたいことに、
レギュラーで担当させていただいている定期刊行の冊子やwebサイトの執筆があります。

このコロナ禍でのご依頼には、感謝しなければなりませんね。

さて、次は月末かな?
ブログのアップ・・・。

それまで、走りますね。


日下郁子と

スタッフ一同

人々を楽しませ、それに触れている、

それを目の前にしているひととき。

日常生活では味わえない

高揚感や快い熱のようなものが自分の中に生まれる。

 

やるせない出来事や厳しい現実、

どこか心もとない自分自身、

悩みや葛藤などから解き放たれ

「明日から、また、頑張ろう!」

「大丈夫!きっと…大丈夫!

勇気をもらえたから、頑張れる。踏ん張れそう!」

そう思わせてくれる。

 

それが、『エンタテインメントの魔法』…だ。

 

ご招待をいただき、

『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』

(12月4日ロードショー) 

を観せていただいた。

 

 

企画・製作・配給行うを松竹株式会社様の試写室で

そんなことを改めて感じ、

胸の奥に感謝の念すら湧き上ってきた。

 

 

 

ダンス、アクション、腹筋太鼓、歌舞伎に時代劇…と、

演者が己の鍛え上げられた肉体を駆使し、

最高の和のエンタテインメントとして好評を博した

舞台『滝沢歌舞伎ZERO』

が、スクリーン(The Movie)へ。

 

今回、映画化にあたって、

舞台映像はすべて新たに撮られ、

時代劇パートは日光江戸村でのロケが敢行されたという。

 

 

 

主演を務めるのは、

デビューシングルがミリオンセラーを達成し、

続く2ndシングルも

10月7日に発売されるやいなや驚異的な売上数を記録している

9人組のアーティスト・グループ“Snow Man”。

 

ダンスやアクロバットなど、

キレッキレのパフォーマンス、

その力強さ、しなやかさに定評のある彼らが

次々に魅せてくれる2時間19分。

 

ダンスや歌、変面

(中国の古典劇に伝わる、一瞬で面を変える演技)

で、仕掛けは門外不出と言われる、殺陣と、

次々に繰り広げられるパフォーマンスは,

どれも圧倒的なパワー。

観る者をその世界観へと巧みに引き込み圧倒する。

 

新曲『Black Gold』の歌、ダンス、

パフォーマンスのクオリティも素晴らしく、

『もう一度…何度も観たい!』

と、私のハートを鷲づかみにした・・・・。

 

時折絶妙にユーモアも交えた時代劇。

これも、思わず声を出して笑って、見入って…。

 

とにかく、贅沢な時間を過ごすことができた。

 

心を裸にして、素直な気持ちで、椅子に深々と腰をかけ

ただスクリーンに神経を、間隔を研ぎ澄ませて向き合うだけで

いつしか心が躍る。

我を忘れ、気持ちにさまざまな色が塗られていく。

 

孤独なんて、

疲れなんて、

わずらわしいことは、とにかく忘れて

ただ、ただ、浸っていれば良かった。

 

エンタテインメントは、いつだって、

心にそっと寄り添う才能豊かな友達であり、強い味方だ。

 

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie 公式サイト

https://movies.shochiku.co.jp/takizawakabuki-zero-movie/

 

 

Snow Man YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCuFPaemAaMR8R5cHzjy23dQ

 

 

最後に。

私どもは、新型コロナウイルス禍において、

不特定多数の方々の取材やインタビューなど、

濃厚接触の機会が多い職業柄、

スタッフ共々、諸々の事情を考慮し、

ブログの更新を控えておりました。

お詫び申し上げます。

 

(記:ライター日下郁子)