編集プロダクション・GROUP のブログ

編集プロダクション・GROUP のブログ

Webから紙媒体まで、企画・編集・執筆・撮影・デザイン。
制作のすべてを請け負うプロダクションです。スタッフ(数名)が、取材活動を通して感じた日々の思いや出来事、読んだ書籍、映画などについて綴るお気楽&無責任ブログです。

藤田宜永氏の新刊です。昨日、いただきました。

いつもありがとうございます。

 

徳間書店

http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198649692
 

■徳間書店 内容紹介
国際謀略サスペンス、圧巻の到達点!


敗戦後の混乱期、日本で進行していた
「ナチスの隠し財産」争奪戦

各国諜報機関の謀略が飛び交うなか
男と女は、運命の再会を果たした――
=====
三年半ぶりに本土の地を踏んだ
復員兵の貝塚透馬は、
衝撃の事実を知らされる。

空襲を逃れ軽井沢の山荘に疎開していた両親が、
ピストルを持った強盗に撃ち殺されたというのだ。
犯人は未だ捕まっておらず、
遺体の第一発見者であるメイドの八重は
事件後、姿を消した。

両親を殺したのは誰なのか。

東京で八重の捜索を開始した透馬だったが、

フランス留学時代の旧友、
恵理子に再会したことで
思わぬ事態に巻き込まれていく――。

事件の裏に見え隠れする、
ナチスの隠し財産をめぐる
恐るべき国際謀略とは!?

 

 

 

 

■藤田宜永プロフィール(徳間書店のサイトより転載)
1950年福井県生まれ。

早稲田大学文学部中退。

パリ滞在中エール・フランスに勤務。

76年『野望のラビリンス』で小説デビュー。

95年『鋼鉄の騎士』で第48回日本推理作家協会賞長編部門、第13回日本冒険小説協会大賞特別賞をダブル受賞。

その後恋愛小説へも作品の幅を拡げ、99年『求愛』で第6回島清恋愛文学賞、2001年『愛の領分』で第125回直木賞受賞。

17年には『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞を受賞した。

近著に『タフガイ』『わかって下さい』『彼女の恐喝』などがある。

 

早速本日より読みたい・・・のですが、

年末スケジュールで、原稿の締切が前倒し。

(涙)

(記:日下恵子)

 

 

 

肌寒さが身にしみる季節になりました。
また、年の瀬に向かい
公私ともに慌ただしい時期に入りましたね。
皆さま、お元気でご活躍のことと思います。

 

 

さて、本日はお願いがございます。

最近、私どもは、

固定電話FAX

あまり使用しなくなりました。
特に、
携帯電話通話時
に、固定電話にご連絡をいただきますと、
スムーズに対応できない場合があります。

 

 

大変勝手を申しますが
できるだけ
各担当の携帯電話、またはEメール
ご連絡をいただければ幸いです。

 

 

例えば、

従来の
固定電話
FAX(ファクシミリ)


携帯電話
Eメール
SNS(メッセージ機能)
ブログ(メッセージ機能)

を、活用していただくと

大変助かります。

何卒、宜しくお願いいたします。

 

(事務所代表・スタッフ一同)

 

『このレシピ本、いいやん・・・』と、思わず

”購入”

を決めました。

 

 

猛暑の夏がやっと終わった、秋だ~。いやいや、冬もそこまで来てる。11月だからさ~。

 

お鍋の季節ですよ~。あったか~いスープもいいな。

そんなことを考えていたときに、みつけたのがこのレシピ本でした。

 

『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』

1、2人分からすぐ作れる毎日レシピ

https://bunkyosha.com/books/9784866510491
 

 

 


Amazon内容紹介
★★★★料理レシピ本大賞2018【料理部門】入賞作品★★★★
5万部突破ベストセラー!
「ヒルナンデス! 」に著者出演! (日本テレビ・2019/2/19)
「プロが教える最強おかずになるスープ」にてこの本が紹介されました!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」で紹介! ★
★ジェーン・スーさん絶賛レシピ、

「レンジでできる豆乳と卵のスープ」「豚肉とキャベツの甘酒みそ汁」★
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


忙しいとき、帰りが遅いとき、家でごはんを作るのって大変!
でも外食は疲れるしお金もかかる、コンビニも飽きた……。
本当はちゃちゃっと美味しいごはんを自分で作れたらいいなって思ってる……。

「できればちゃんと作りたい」、そんな気持ちはあるけれど、
「料理以外にやりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんある」
そんな方は、スープで「一汁一飯生活」始めませんか?

メインのおかずになるから、これだけ作ればOK! 面倒な献立を考える必要ナシ!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヘルシーなスープだから、夜遅く食べても罪悪感ナシ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仕事や家事、子育てなど毎日忙しく頑張っている人の暮らしを応援するスープレシピ集!
知ったその日に作りたくなる、簡単で美味しいレシピが満載です。


【こんなレシピが載っています! 】
・10分でできる、サラダチキンとアスパラスープ
・レンジでできる、豆乳卵スープ
・煮込む時間が短くてラク、しょうがどっさりサバ缶トマトカレー
・調味料は塩だけで信じられない美味しさ、カブとネギと鶏肉のポトフ
・キャベツがいくらでも食べられる、豚肉とキャベツの甘酒みそ汁

【目次】
1 月曜日 10分でできる時短スープ
2 火曜日 ごはんがススムおかずスープ
3 水曜日 火を使わないお助けスープ
4 木曜日 ヒトサラで完結ごはんスープ
5 金曜日 お酒がススムおつまみスープ
6 土曜日 今日はごちそう世界のスープ
7 日曜日 ほっとする癒しのスープ
番外編 自分をとことん甘やかす!幸せ香るフルーツスープ


★著者の有賀薫さんは、スープ作家として多方面で活躍中★
ツイッター(@kaorun6)で日々スープについてつぶやいています!
#帰遅スープ で検索すると著者や読者の皆様がこの本のレシピで作った写真を見られます!


出版社からのコメント
「にんじんの皮をむくのが面倒です」
「鍋2つ使いたくないです」
「この調味料はうちにはありません」など何度も有賀さんを驚愕させ、
そのたびに頭をひねって簡単なレシピを考えて頂きました。
料理が億劫な人、忙しくて料理に時間をかけられない人にこそ届いてほしいレシピ本です。


このレシピ企画を考えているおよそ1年間、

有賀さんのスープを自分でもたくさん作りました。
仕事柄、帰りが遅い日もありますが、

スープだけ作ってごはんと一緒に食べるという選択肢があると、かなり気が楽になります。
この一冊が、美味しいごはんを作って食べて

自分の暮らしを今より好きになるきっかけになることを願っています。
毎日忙しく頑張る人の暮らしを応援するスープレシピです。

登録情報
    単行本(ソフトカバー): 128ページ
    出版社: 文響社 (2018/2/16)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4866510498
    ISBN-13: 978-4866510491
    発売日: 2018/2/16
    商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1 cm

2019年のハロウィン・ナイト。
コスプレには興じなかったけれど()
素晴らしい映画作品を皆さまよりひと足に観させていただきました。

『ターミネーター ニュー・フェイト』

思っていた以上に「観て良かった~」と、今、しみじみ感じています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

マスコミ試写の会場、『なんばパークスシネマ』の、

IMAXシアター入口前でいただいたパンフレットにも記されていたとおり

まさに、超ド級のアクション!の連続。

 

「私、アクション映画、好きなんだなぁ~」

と改めて認識した2時間。

何度も、ハッ、おーーっと。

うぉーーーーうわーーーーふぅーーーーと。

心で叫び(…漏れ出そうな声を、抑え 笑)。

 

思わず、椅子から数ミリは身体が浮いた!?

(かな)

と思うような反応をし

(たぶん)

拳を胸の前で何度も握りしめ。

 

前作『ターミネーター2』の正統な続編と謳われる、今作。

『ターミネーター2』を観たときの衝撃は、

今も、しっかりと胸の中に刻まれている。

だから、だからこそ、気になっていた今作。

 

アーノルド・シュワルツェネッガーさまは、

おじさまになってもカッコいい。

サラ・コナーを演じる歳を重ねたリンダ・ハミルトン

『クール』かつ『人としての厚み』

も感じさせてくれ、素敵でした。

今回、主人公たちが戦い、闘い、戦い抜く

新型のターミネーターは、

REV-9と呼ばれる最新の殺人ロボットなのだけれど、

なんというのだろう。

クールでもあり、でもただ冷たいだけでなく、

どこか、ゾッとするゾクッとする。

 

あー危険な香りぷんぷんするわぁ…

でも、惹かれてしまう…

人がいるのもわかる!

そんな風に思わされてしまう、

ほんのり甘~いマスクの向こうに人たらしの雰囲気を覗かせているのっっ。

ん~映画のストーリーを、大画面を前に追いながら、

このクール&甘々マスクに追われる…感覚に痺れてもいたわ、正直。

スリリングだったぁ。

この新型ターミネーターに追われる、

メキシコシ・ティに暮らす

21歳の女性、ダニー(Cast:ナタリア・レイエス)も魅力的で、

次第に強さを増していく様も見事に体現していた。

 

未来から強い使命感をもってダニーを守るため現れ、

身体を張って新型ターミネーターとの死闘を繰り広げる

女兵士グレース(Cast:マケンジー・デイヴィス)

も惚れ惚れするカッコよさ。

 

息をのむアクションの連続…

つまり、激しい攻防戦を繰り広げる中で芽生えていく

信頼関係、絆…など、

人間ドラマもしっかりと描かれている。

いや、もう。

言いたいこと、伝えたいことは尽きないのだけれど。

 

この秋、そして年の瀬。

映画館でこの作品を観て。

 

日常生活の中で、ぶすぶすと燻っている思い。

ストレス。

理不尽な状況に身を置かれて疲弊した心。

疲労感倦怠感。葛藤や悩み。

スカッと払拭しちゃえば、いいと思う。うん。

 

 

 

劇場では、粋なおまけもいただき嬉しかった。

映画全編を通して、守るべき者のために強くなれるということ。

運命は、変えられるという強いメッセージ性をひしひしと受け取り。

 

 

風邪?なのか

ショボーン

 

腸炎?なのか

ショボーン

 

 

帰り道

新幹線前

身体の調子が悪かったけれどショボーン

 

どんな菌にも打ち勝てそうな気がした(笑)グッド!

 

豊かなハロウィン・ナイトになった~(しみじみ)

 

も一回、観に行きたい。劇場へ。

 

 

 

 

主要な役どころが、

ジャニーズアイドルSexy Zoneの、佐藤勝利(主演

King & Princeの高橋海人

SixTONES(ストーンズ)の田中樹(たなかじゅり)

と、聞くと

 

「キラキラの、アイドルが出演している映画?
そういうの、あんま、興味ない…かな。そそられないのよね」

 

と・・・。

 

「公開したら観に行く」

リストから、

当たり前のようにしれ~っと外そうとしている

そこのあなたに、一言だけ。

ちょっとだけ言わせてもらいたい。いい映画でした。

 

この作品から、純粋に。

人として考えさせられる

まっすぐで熱いメッセージを幾つも受け取りました。

 

 

いまどきの、高校生、中学生…小学生も!?

なんだか、たいへんそうだよね。

いじめとか、けっこう、えぐいでしょ。

 

 

 

子どものストレスも、

私たちの頃とまた違った根深いものがあったりする・・・かなぁ。

と、どこか遠巻きに…

他人事のように、ぼんやり感じている大人も。

まさに、中高生の子を持つ、

子の幸せをただただ強く願わずにいられない親世代も。

 

そして、青春ど真ん中、まさに、いま眩しく、

そして楽しくもあり、反面、繊細で危うげで、

その世代ならではの悩みや葛藤と、

常に隣り合わせの高校生活を送っている生徒諸君も。

 

それぞれに、受け取る…受け取るべき、刺さる、メッセージが、

この2時間弱の映画作品の中に溢れているよ。

高校生に限らず、大人だって・・そうか。

どの世代、そしてどんな世界、どんな現場にいる人にもこの映画は刺さるはず。

 

コミュニケーションって、大切・・・。

同時に、とても難しくもある、常に問題提起を投げかけてくる。

 

『これで、いいのか』

『言わなくて、いいのかい?』

言うべき、かけるべき、伝えるべき言葉は、

ときとして、人の心をえぐる凶器にもなり得るから、ためらうよね。

言葉などなくても、見つめる目、触れる手で伝わることも、ときにあるだろう。

 

でも、やはり。ここぞというときには言葉にしなきゃ…

へたくそでも、不器用でも…笑われても。勇気を出して。

 

言葉にして伝えるべき思いは、必ずある。

 

傷つきやすい、青春時代。感じやすい心を持っているのに、

経験値が足りない分、危うい部分も多々あり、それがゆえに、

もがき、苦い思いを噛みしめてしまう。

 

カッコ悪い…青春時代。誰にだって、あったし。

 

無駄のように思えて実は無駄なことなんて、

ひとつもない青春の悪あがき、を思い出し、踏ん張るべきときが、ある。

きっと、そのときがくる。

 

そんなことを、あれこれ思いながら

映画『ブラック校則』に、勇気づけられ、

スカッとさせられた10月の終わり。

 

純粋に、好きな人を守りたい。勇気づけたい。

好きな人のために、何かしたい。何か、変えたい。

自分も変わりたい。強くなりたい。

 

そんな思いに、共感して…みない?映画館で・・・ね。

映画『ブラック校則』は、

https://bla-kou.jp/

2019111日ロードショー!

 

(記:ライター 日下)