プラモデルが世に普及しだした頃は | 「模型探偵団」明石小五郎の昭和のプラモデル

「模型探偵団」明石小五郎の昭和のプラモデル

昭和のプラモデルが好きなタダのジジイです、上から目線で書いてます、左翼系、反日、朝日新聞、テロ朝系列マスコミが嫌いな人間です、真実のプラモデルの歴史を書いてます、テーマの項目の「真実のプラモデルの歴史」から「和工樹脂の謎」までをお読み下さい。

プラモデルが世に普及する前の昭和34年の正月は何をして遊んでいただろうか、
それは、マルサンがノーチラス号を発売したとされる翌月のことである、もちろん、マルサンがノ
ーチラス号を発売したことなど知るはずがない、今のように宣伝媒体が豊富にあるわけでもなく、
地方までそれが流れてくることはなかった、
 
昭和34年頃というと僕は小学4年生、たしかその頃としては定番の凧揚げ、メンコ、ビー玉、ライトプレーン、で遊んだと記憶している、そうそう、銀玉鉄砲で撃ち合いをして遊んだことを記憶している、
 
イメージ 1
 
以前の記事でも書いているように、その時に撃ち合いをして遊んだのがこの銀玉鉄砲、
ただ、その頃は銀玉鉄砲とは呼んでなかった、「マジックコルト」と呼んでいた、
これも発売は昭和34年だったという、
実は、この「マジックコルト」こそ今でいう銀玉鉄砲の元祖であった、当時は爆発的に売れたという、
 
イメージ 2
 
ハッチを開け銀玉を入れ、スプリングの付いた棒を引いて引き金を引く、
 
イメージ 3
 
これは、そのマジックコルトのパクり品、どこのメーカーなのかさっぱりわからない、
箱もオリジナルの写真を載せている、しかも、大胆にも「マジックコルト」とそのままその名を使っている、
 
イメージ 4
 
オリジナル品の実物大の写真を載せている、ピッタリと合う、
 
イメージ 6
 
上がパクリ品、大きさもほとんど同じ、形状もほとんど同じ、
 
イメージ 5
 
大きな違いがコレ、銀玉の装填箇所、パクり品はスライド式、オリジナル品はハッチ式、
まあ、当時はこのようなパクり品がまかり通っていたのである、
 
そのマジックコルトが発売される前に遊んでいたピストルが次のもの、
 
イメージ 7
 
そう、このプラスチック製というか、同じプラスチックの仲間のベークライト製といったほうがいいのか、まあ、ベークライト製に近い材質、
 
イメージ 8
 
これは、マルサン製のもの、マルサンもその頃はピストル玩具をいろいろと発売していた、
僕が遊んでいたピストルのうちこの2丁のタイプが一番記憶に残っている、
 
マルサンはノーチラス号を発売するまではプラスチックという素材自体が未知の素材だったということなので、それでは、このピストルは何だったんだ、ということになるが、このピストルもマルサンが製造していたものではないだろう、
なぜなら、これらとまったく同じタイプのピストル玩具が他のメーカーからも発売されていたからである、
 
地方に住んでいたせいか、昭和34,5年頃までマルサンのプラモデルを見た記憶はない、
当時よく見かけたのが、三共、三和のプラモデルであった、特に三共のピーナツシリーズ、
三和のモーターライズの「アトムレーサー」、「トライアンフ」などが記憶に残っている、
それと、東京タワー(今考えると、それは不二化学の製品だったのだろう)
 
つまり、マルサンの製品は、東京、大阪などの主要都市は普及していたとしても地方までは普及していなかった、
それともう一つの要因がマルサンには子供の心をとらえる動くプラモデルがほとんどなかったか
らだろう、
マルサンには、せいぜいスクリューで走らせる艦船プラモ程度のものはあった、その頃子供達が夢中になった戦車プラモもほとんどなかった、(アッ、戦車プラモが一つか2つだけあった、しかし、それはずっと後)
 
イメージ 9
 
この駄菓子屋かどこかで貼られていたポスターを見ても、動かして楽しいようなプラモはない、ディスプレイタイプのものとスクリューを回す程度のプラモデルである、当時子供が欲しいのは走る戦車であり、戦闘機であり、車であった、
 
イメージ 10
 
あの哨戒水雷艇のプラモデルも、そう、金型が複雑すぎてマルサンでは作ることができなかった
プラモデルも載っている、
 
イメージ 11
 
当時、このような森永チューインガムで景品ものがあったことなど記憶にはない、
 
イメージ 12
 
マルサンは多額の宣伝広告費を使いテレビでも「陸と海と空」という番組で宣伝したが、不思議な
ことに少年雑誌での広告はあまり見かけない、たまに見かけるのが戦記雑誌「丸」の裏表紙に載っている広告であった、
 
僕らは、少年雑誌に載っているプラモデルの広告を見て購入していたのに、少年雑誌の広告の
みが各メーカーのプラモデルを知る手段だった、
 
ということは、マルサンは当初からプラモデルは子供たちを対象にはせず、むしろ大人達を対象にしていたのかもしれない、それと、動くプラモデルが苦手だったのだろう、
事実として、当時僕はマルサンの製品にはほとんど興味を示さなかったし、マルサンが子供たちから注目を浴び始めたのが、怪獣、SF撮マスコミ物プラモを発売してからである、それとソフビ人形があった、
 
つまり、それまでにプラモデルを全国の子供たちに普及させたのが三和であり、三共であり、ニチ
モ、今井科学、緑商会、大滝製作所等であった、つまり、マルサン以外のメーカーであった、
今のようなディスプレイタイプの動かないプラモデルではなく、組み立てて動かして楽しめるプラモデルであった。