2009-04-01 00:05:00

巨人、身売りへ:週刊アカシックレコード090331

テーマ:野球


■巨人、身売りへ~週刊アカシックレコード090331■


_
【韓国の限界】
2009年ワールドベースボールクラシック(WBC)で韓国が準優勝したのを見て、日本では、韓国は(優勝した日本並みに)強い(いつか日本に追い付く)と感じた方は多かったかもしれませんが、筆者は逆に「韓国はこれ以上は伸びない」と感じました。その理由は選手層の薄さです。
韓国の野球競技人口は約6500人(高校野球は57校)、日本は約16万人(約4000校)、米国は約460万人ですが、WBCなどの国際大会では競技人口の少ない国でもトップクラスの選手をたった二十数人出すだけでよいので、競技人口の少なさによる韓国のハンディは顕在化しない、と当初は筆者も思っていました(2009年3月19日放送のTBS『2時っチャオ』)。
が、韓国のように極端に競技人口の少ない国は、代表チームのレギュラーに一流選手をそろえることはできても、控えにレギュラーと同格の選手を置くことはできないようです。
3月24日の決勝「日本対韓国」では、韓国は九回裏の攻撃で、「ここが勝機」と見たのか、代走、代打を次々に繰り出し、三番打者キム・ヒョンス(金賢洙)、四番打者のキム・テギュン(金泰均)、正捕手(八番打者)のパク・キョンワン(朴勍完)を引っ込めてしまったので、あそこで一気に逆転サヨナラ勝ちしない限り、延長にはいったら、もうほとんど勝ち目がないという状況になっていました。
延長十回表、韓国のマスクをかぶったカン・ミンホ(姜ミンホ)は経験不足の未熟な捕手。日本の攻撃が二死一、三塁(途中から盗塁で二、三塁)で打者イチローという場面で、キム・インシク(金寅植)監督はイチローを敬遠するように(といってもボールを投げて不利なカウントになったら歩かせろ、という曖昧な投球をするように)サインを出し、捕手はいちおう理解したのに、イム・チャンヨン(林昌勇)投手にはうまく伝わらず、イチローと勝負して打たれ、決定的な2点を奪われて負けました。
この場面の重大性を考えれば、捕手は当然マウンドに行って、投手と話し合って作戦を確認するべきなんですが、姜ミンホはそうはしませんでした。
日本代表の捕手なら3人のうちだれがマスクをかぶっていてもこういう場面なら、マウンドに行きます。が、韓国代表がそれができるのは朴勍完1人だけ(韓国代表の捕手は2人のみ)。だから、あんなことになったのです。
責任は監督にあります。大事な場面なんだから、タイムをかけてマウンドに行くべきでした…………が、金寅植監督は脳梗塞を患ったことがあり、歩行が困難なのでマウンドには行けません。こういう病人を監督にしなければならないというところも、韓国の「層の薄さ」を示しています。
いまこの瞬間、日本の高校野球界には、キャッチャーは正捕手だけで約4000人いるのですが、韓国の高校野球界には、たった57人しかいません。日本はその約4000人のなかの上位3人を代表チームに召集したので、3人のうちだれが出ても攻守ともに心配はなかったのですが、韓国は57人のなかの上位2人を選んだ結果、世界で通用したのは1位だけで、2位は箸にも棒にもかからなかった、というわけです。
日本代表には走攻守の三拍子がそろった選手が非常に多かったので、「敢えて、より足の速い選手を投入して盗塁を狙う場面」以外では、ほとんど代走を使う必要がなかったのですが、韓国代表では金賢洙、金泰均や、五番打者(決勝では朴勍完の代打のみ)のイ・デホ(李大浩)がいずれも走塁や守備に問題のある選手だったため、また正捕手の朴勍完は打力に問題のある選手だったため、重要な場面で交代せざるをえませんでした。
金寅植監督は「イチローと勝負したのが敗因」と言いますが、仮にあそこでイチローを敬遠して0点に抑えたとしても、その先の攻撃で韓国が得点できる可能性は低くなっていたので、延長十二回、十三回と続けば続くほど(九回からマウンドに上がったダルビッシュ有投手は元々先発投手なので、投球数が100球を超えるまで何イニングでも投げられたはずなので)日本が有利になり、大量得点差で勝つこともできたでしょう(読売新聞Web版2009年3月24日「『イチロー避けろ』伝わらず…韓国、最後に薄い選手層響く」 <
http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/2009/news/20090324-OYT1T00988.htm > )。
日本は抑えの投手が不調でも、四番打者が怪我で戦線離脱しても、まったく戦力が落ちないのに、韓国は捕手が1人交代しただけで一気にチームが「二流化」するありさま。しかも、日本に通用する先発投手はポン・ジュングン(奉重根)1人だけ。
今年の決勝で韓国は、一見すると「たった1つの作戦ミスで負けた」「惜しかった」というように見えますが、ほんとうの敗因は、なさけないほどの韓国の選手層の薄さです。
日本には楽しむために野球をやっている人が大勢います。草野球だけなら男子の7割以上が経験していて、その数千万人すべての頂点に日本代表がいるのです。他方、韓国には「仕事」として野球をやるエリートが数千人いるだけで、一般国民は野球の楽しさをあまり知らず、ただ勝ち負けを見て騒いでいるだけの人も少なくありません。
後者のような国が前者のような国を超えることは本来不可能であり、韓国野球が世界の手本になることは、ほとんどありえません。
もう韓国野球がこれ以上強くなることはないでしょう。
日本は、われわれ一般国民が野球を楽しんでいるから、野球が強いのです。これは、ほかの分野にもあてはまるでしょう。
(^o^)/~
【古野電気、日本IBMから投票】
福井医大、図研2、三興メイビス(旧三興プログレス、伊藤忠グループ、中露越貿易)、日本IBM、古野電気(魚群探知機)……小誌Web版にご投票下さった方のドメインは(一般の個人サイトと違って)職場(大学)が多く、海外にまでおよんでいます。皆様、有り難うございました。とくに図研からは複数のご投票、有り難うございました。
「ホームページランキング」はこのページ <
http://www.akashic-record.com/ > のいちばん上の行をクリックしてご参照下さい。
m(_ _)m
【拙著に関する個人ブログの虚偽宣伝】
小誌の筆者・佐々木敏の著書を購入される方は必ず事前に、小誌サイト( <
http://www.akashic-record.com/angel/cntnt.html > )など著者や出版社が直接内容紹介を行っているWebページをご参照のうえ、ご判断下さい。小誌の記事を無断で何行も転載(コピー&ペースト、コピペ)する違法な個人ブログ、ホームページが多数あり、その転載(盗用)箇所の前後には、ロボットSF『天使の軍隊』をはじめ、拙著の紹介文を含む「解説」が付けられていることが少なくありませんが、その種の解説の大部分は不正確なものです(どれも例外なく「小説と小誌は基本的には関係がない」という注意書きは転載されていません)。
一般に、読者の皆様がそのようないい加減な解説を信じて書籍を購入なさった結果、その内容が「期待はずれ」だったとしても、その責任はその書籍の著者にも出版社にもありません(無責任な無能者たちはしばしば自ら読んでいない書籍について事実無根の紹介文を書きます)。
_
【ご注意】
小誌へのご意見、投書は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、小誌上で紹介させて頂くことがございます。あらかじめご了承下さいませ。本メールマガジンは筆者(佐々木敏)のサポートスタッフにより運営されており、本号は創刊第296号です。
本マガジンの送信を停止(開始)するにはこちら↓をご利用下さい。
          
http://www.akashic-record.com/admin/regist.html
送信先アドレスを変更する場合もこちら↑でできます。お手数ですが、旧アドレスの「解除」、新アドレスの「登録」という2つの操作をお願い致します。
_
_
■巨人、身売りへ~読売、球団経営から撤退を検討■


_
【小誌2008年11月27日「究極の解決策~勝手にドル防衛?」は → < http://www.akashic-record.com/y2008/usdslf.html#02 > 】
【小誌2008年12月4日「イラク戦争は成功~シリーズ『究極の解決策』(3)」は → <
http://www.akashic-record.com/y2008/usdirq.html#02 > 】
【小誌2009年1月8日「70年周期説~シリーズ「究極の解決策」(4)」は → <
http://www.akashic-record.com/y2009/ndlie.html#02 > 】
【小誌2009年2月5日「逆ネズミ講~シリーズ「究極の解決策」(5)」は → <
http://www.akashic-record.com/y2009/revers.html#02 > 】
【小誌2009年2月23日「WBC新ルールの謎~2009年WBC」は → <
http://www.akashic-record.com/y2009/wbcde.html#02 > 】
【前回は臨時増刊なのでWeb版はありません。】
_
_
_
【以下、次回( < http://www.akashic-record.com/admin/regist.html > )に続く。】
_
【今回の記事(前編)は次回の記事(後編)とセットですので、(メルマガ登録を済ませていない方は、2009年4月1日午後4時までに登録 <
http://www.akashic-record.com/admin/regist.html > したうえで)必ず後編のメルマガを最後の一文(【 】で囲まれた注意事項)までお読み下さいませ。】
_
_
(敬称略)
_
【一度投票したらもうできないと勘違いしている方がおられるようですが、「score!」は前回投票された方でも何度でも、記事ごとに投票できます(最新のscore!は投票後にWebでご覧頂くことができ、最新順位は翌月下旬に発表されます)。この記事がよい(悪い)と思ったら(ホームページランキングとは別に)「追伸」「Copyright」「メルマ!PR」の下、メルマガのいちばん下をクリックして「score!」ページの3段階評価もお願い致します。】
_
追伸:
本メールにご意見等を投書されたい方は本メールに返信する形で投書を下されば、スタッフ(編集部)によるセキュリティ等のチェックを経て、数日後に筆者に転送されます。
但し、melma.comのシステム上、誠に申し訳ございませんが、本メールに返信されても「退会」手続きは成立しません。
_
Copyright (C) 2001-2009 by Satoshi Sasaki
All rights reserved. 不許複製、禁無断転載
_
_
【この記事へのご意見等は、ブログの「コメント」としてではなく、なるべくメールマガジン( <
http://www.akashic-record.com/admin/regist.html
> )への返信としてお寄せ下さいませ。スタッフ(「週刊アカシックレコード」編集部)はメールマガジンを最優先に対応しておりますので、返信メールのほうが、佐々木敏本人の目に触れる確率が高くなり、目に触れる時機も早くなります。ただ、なにぶん頂くファンメールの数が非常に多いので、すべてにお返事を差し上げることはできません。あしからず御了承下さいませ。】

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。