【幸福実現党立党10周年大会in幕張メッセ】 | 地域に介護力!                   佐藤けいいちの一日一歩。

地域に介護力!                   佐藤けいいちの一日一歩。

介護福祉士の経験を活かして地域に貢献していきます。


テーマ:
いつもご覧頂き、ありがとうございます!

5/14  幸福実現党立党10周年大会が、幕張メッセで行われました。



非常に多くの方が参加されていました。


大川隆法党総裁から「自由、民主、信仰の世界」という演題でご講演を賜りました。

神も仏も信じない無神論、唯物論国家は、共産主義になりやすい。
なぜならば、目に見える「物」しか信じない国家は「居、食、住」のみに重きを置き、生きやすいことのみを追及することになる。

そして、生きやすいことのみを考えると自助努力の精神を失い、平等思想(共産主義)に陥りやすいのではないかと思います。

「居、食、住」生きやすくすることも政治の使命ですが、もっと崇高なるもの、高貴なる義務を果たしてこそ政治の使命を果たしたと言えるのではないかと感じました。

日本は、自国のことだけを考えてはいけないし、世界に貢献できる国にならなくてはいけません。

そういった高みのある精神こそ、今の日本に必要であり、神や仏を信じる精神を持った政党が幸福実現党です。

幸福実現党は、共産主義や社会主義の対極にある政党。

宗教的な精神を軸にした政党が必要だと改めて感じました。


また、今朝のサンケイスポーツで、大会での講演の様子を報じて頂きました。



地域に介護力!
佐藤けいいち

佐藤けいいちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ