愛犬を変えられる唯一の方法 | 犬とダンスを踊るまで

犬とダンスを踊るまで

愛知県常滑市にてドッグトレーナーをしています。
飼い主様の心と思考と体の変化を促し、愛犬との信頼関係を自ら実感していくまでを応援しています❤

本日は野間大坊楽市デイでした。

まずは2枚の写真を見てくださいダウン


なっちゃんです。
新しい家族になってくれそうな出会いを目指す私の傍らで…

女の子のわんちゃんに迫り…

違う意味のお見合いを自ら決行し充実してた彼でした。




爪切りに来てくれたFくん。
私の手に注目!


******

愛犬を変えられる唯一の…

とは、

私たちが思う力です。


見る人が見れば、
なっちゃんの笑顔が物語ることがあり、


Fくんが登場するシーンを見た人なら、
切り替わって落ち着いたのを気がつくのですが…


それは全て、

関わる人の思いの力が働くと起こります。



なっちゃんの経緯を聞いて、

何度「可哀想だね」って伝えられたか数えきれません。

でもね、

ちらっと見える蝶ネクタイにもプレゼントしてくださった幸せ願う人の思いが込められていて、

なっちゃんの笑顔にも可哀想な印は一切ありません。



私たちは、

自分に現実を作ることも、

現実に変化を起こすことも、

簡単にやってのける力を持っているのです。

自覚している人がとても少ないだけのこと。

例外なく全員が持ち合わせている力で、

これまでもずっと、

誰もが使ってきています。


トレーニングでも、

カウンセリングでも、

その日交わすちょっとした会話から
頭に浮かべることに尽きるまで…


私は人の意識に目を向けて観察してきて、
それが再現する現実を見てきました。


この数週間を経て、

もうひとつこの意識について腹に落ちたことがあります。


私たちは互いに思いが影響しあい、

時には誰かの思いに助けられて、

時には誰かの思いに飲まれて、

体験を重ねています。


犬の気持ちを知りたい!と、

声をかけていただくことが前より増えてきたのでこの事を書きたいなと思っていました。


犬の思いを知りたいなら、

『わたし(自分)』の思いの力も同時に知らないと、

本当の意味で愛犬との間で思いの力を使いこなせないかなと思うのです。


そして、


愛犬の思いを知ることが解決を導くのではないのです。

※だから私は動物から気持ちを聞くだけのアニマルコミュニケーションは行いません。


愛犬の思いを知ったとき、

自分が愛犬との間で次に何を選び、
思いを切り替えるのか?

までたどり着き、
行動に移すことが変化を起こすのです。


なっちゃんに声をかけてくださる人の「可哀想だね」は、愛情表現です。

向けてくださる真意だけ受け取り、

私自身は「可哀想」という単語を心のなかでキャンセルします。


今も幸せだけど、

もっと幸せになるなっちゃん。


と、思いの軌道修正をします。


Fくんが落ち着くことを忘れていたので、

私は写真で添えている手から静かさを送りました。

私の思いの方の現実をFくんが採用するのに選択肢を伝えたのです。

静かに穏やかに一緒になろう!と。


私たちが犬達の思いに感化されることもあります。


癒されるのもひとつの例にあげられます。

苛立つのも同じだと言えます。


いつも、

どんなときも、

思いが現実を作る。


相手ありきのときには強い思いが勝る現象もある。


それを知ったとき、

私たちは知ることからだけでも思いの使い方が変わります。


犬との間でぜひこのことを思い出して、

なお一層愛犬ライフの楽しみを増やしてください音譜


なっちゃんを通じて自分が愛犬ライフを楽しみたいって希望してくださったら嬉しいです。

ナッツくん絶賛パートナー募集中ですキラキラ





いやいやいや!

オレお風呂結構です!

だそうです(笑)。


男は清潔さもモテ要素だよ!!