犬達は治らない♡ | 犬とダンスを踊るまで

犬とダンスを踊るまで

愛知県常滑市にてドッグトレーナーをしています。
飼い主様の心と思考と体の変化を促し、愛犬との信頼関係を自ら実感していくまでを応援しています❤

今日は半年間トレーニングを取り組んできたペアが卒業しました。

おめでとうございます



今日卒業した飼い主さまは、

噛む愛犬を相手に練習してきました。


最初に相談に来られたときのことが印象に残っています。

「かみ癖は治りますか?」と聞かれました。

どれほどの気持ちで相談に来られたか察することができますが、

私はこう答えました。


「治りません、壊れていないからです

愛犬にも言い分があり、理由があって行動があります。

愛犬を理解して、自分たちも一緒に頑張るようなら変化は起こります。」



*****


今日、
卒業試験を終えた直後、

飼い主さまは公園に遊びにきていたワンちゃん連れの飼い主さまから
声をかけられていました。

「なんて良い子なの!
うちの犬はよく吠えるからトレーナーさんに治してもらわなきゃと思っているの」と。


卒業した飼い主さまが、
「治すものじゃないんです、お互いにバランスをとって...(以下省略)」と、
丁寧に説明していました。

目配せを貰って、
私にバトンタッチしようとしましたが、
そのまま飼い主さまに説明してもらいました。


ドラマは起こるものだな~とつくづく思うのです。


今日声をかけられた時もらった台詞は...
半年前の飼い主さまが私の面談で話していたことそのままだから。


たった半年とこれからは思うでしょう。

でもね、

ノートがぎっしり文字で埋まるだけ、
たくさんのエピソードがあり、
覚えようとしたことがあり...


「合格です!」となったとき、
ちょっと涙が出そうなのをサングラスで隠す姿に、
半年間がつまってるな~と思った私です。



*******


犬達はトレーニングで「治る」のではありません。

犬達は壊れていないのです。


今回のトレーニングは心のリハビリでしたが、
リハビリと治すことは全く違うのです。


飼い主さまの真摯な愛がなければ、
リハビリは効果が出ません。


犬に必要な愛って何を指すのだろう?


それもボンガーでのトレーニングで学ぶことのひとつです。


壊れるのではなく、傷ついている。

その傷を癒すのがリハビリトレーニングです。



Pちゃん、飼い主さま、本当に本当におめでとうございます