セラピストの夜勤について

テーマ:

こんにちは!

 

 

日増しに秋の深まりを感じる季節となってきましたねハリネズミ

 

 

 

季節の変わり目は風邪をひきやすいので

 

体調にはお気を付けくださいもみじ

 

 

 

 

さて、今回のブログでは

 

リハビリスタッフによる夜勤

 

についてご紹介いたしますキラキラ

 

 

 

 

門司病院ではセラピストである理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が

 

16時30分から翌日の9時15分まで夜勤をします。

※不定期で必要に応じて!

 

 

 

 

セラピストの夜勤って珍しいですよね!!!!

 

 

 

 

ちなみに、門司病院の夜の様子はこんな感じですzzz

 

 

 

 

 

 

 

目的として、

 

 

入院患者様の夜間帯の生活状況をみさせていただき

 

それらをリハビリに生かすことで

 

スムーズな在宅復帰をサポートします!

 

 

 

 

見させて目いただく生活状況として

 

メインになるのがトイレトイレです

 

 

 

 

トイレに行くまでの歩行の様子あしあとは昼間と比べてどうか?

 

起き上がり方は問題なく行えているのか?

 

病室の環境キラキラは適しているのか?

 

ナースコール電話は押せているのか?

 

 

 

 

など、普段見ることのできない夜間の状況を

 

昼間と比較して評価したり、またその場で調整したりしますOKNG

 

 

 

 

 

 

このように門司病院では、

 

患者様が安全に、かつ安心して自宅や元の生活に戻れるよう

 

全力でサポートさせていただきますグッグッ

 

 

 

 

他にはない、特色キラキラのある病院です流れ星

 

 

 

 

 

今後もたくさん紹介していきますので

 

 

ブログ更新をお楽しみにウインクラブラブ

 

 

 

AD