『真田丸』ネタバレ・あらすじ 第16話(16回)「表裏」⑤ | 映画 ネタバレ・あらすじ・結末 最終回まで~ドラマもね

映画 ネタバレ・あらすじ・結末 最終回まで~ドラマもね

映画のネタバレ・あらすじ・キャストを最終回までや日本、韓国、中国、米国の映画・ドラマから面白いものを選んでネタバレ・あらすじ・感想を書いています。 

真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめ『真田丸』ネタバレ・あらすじ 第16話(16回)「表裏」⑤

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 第16話(16回)「表裏」⑤

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 第16話(16回)「裏表」④の続き。

浜松城で女達の威勢のいい声が響いていた。
女達>「えーーい!やあ!とう!」
なぎなたの練習をしており、指導にあたっているのは本多忠勝であった。
忠勝>「気合いを入れるんだ!」

女達の中央にいたのは忠勝の娘で、人一倍気合が入っている。

家康(内野聖陽)が稽古の様子を覗きに来た。
家康>「平八郎。」
忠勝>「これはこれは殿。」

忠勝は一旦、控えさせた女達の中から娘の稲(いな)を呼んだ。
「稲こっちへ来なさい。」
稲が「はい!」と返事をして家康の前まで駆け寄る。


忠勝が「武具を持って、走らない!」と稲に注意を与えているが、これは礼儀作法や戦術上の理由ではなく
転んで怪我でもして、美しい顔に傷でもつけたら大変だからと述べて言い聞かせていた。
その様子をボーッと眺めていた家康に、忠勝は
「あっ!これは殿…娘の稲でございます。」と娘を紹介した。

家康>「娘か。」
忠勝>「はぁー、もう、ご挨拶をせんか!」
稲>「稲でございます。」
忠勝>「殿にはまだ赤子の頃に抱いて頂いた事がございまする。」
家康>「お~そうだったか。」
忠勝>「どうだ。稲覚えてないか?」
稲>「覚えてる訳がございませぬ。」
「アハハハ!そりゃそうだ。」別に面白くもないのに忠勝が大声を出して笑う。
忠勝>「ウッハッハッハッハ!」
忠勝の豪快な笑い声につられて家康もフフッと少し笑っていると
本多正信 (近藤 正臣)が「殿…殿!」と声を掛けて、本来の話をするように促す。

家康>「平八郎。いよいよ真田討伐だ。」
忠勝>「ついに来ましたか!」
「今、秀吉に許しを請うておる。」と言う家康に
「何ゆえサルの顔色をうかがわねばならんのですか!」と腹を立てる忠勝を
「まあそう言うな。ここは、あいつを立ててやるのだ。」と宥める家康。

稲は「稲も、真田討伐に行きたい。憎き真田この手で滅ぼしてやりとうございます!」と言って、
勇ましい姿を見せて、家康に、心意気を大いに褒められた。
再び、女達のなぎなたの稽古が始まると、
正信が「そろそろ書状が大坂に着く頃でございますな。うまく乗ってくれれば良いですな。」
と家康に話し掛けた。


上田城。
徳川家康が大軍勢を集めているという情報が、真田昌幸(草刈正雄)の元にもたらされた。

昌相、信幸、昌幸の3人が相談している。
昌相>「家康もようやく本腰を入れたようだ。」
信幸>「なぜすぐに攻めて来ぬのでしょう?」
昌相>「家康は何を待っているというのだ…。」
信幸>「北条の動きが気になります。ひょっとすると徳川は、北条と示し合わせて一斉に攻めてくるつもりなのでは?」
昌幸>「上杉の援軍はどうなっておる?」
昌相>「既に書状は届いているはず。」
昌幸>「こうなったら頼みは上杉じゃ。」
信幸>「此度ばかりは上杉にも働いてもらわねばなりませんね。」
この時、内記が「殿!一大事でございます!」と言って急ぎ足で入って来た。
信幸>「どうした?」
内記>「上杉が援軍を断ってきました。」
信幸>「何!?」

「ありえん。…真田とは固い絆でつながれておるわ。」と俯いたまま呻くように、そして激しく言い放つ昌幸に
内記が「秀吉でございます。」と告げると、昌幸は顔を上げ「秀吉?」と聞き返した。

内記>「秀吉に命じられたようでござる。徳川との戦には一切力を貸すなと。」
「なんと!」流石に昌幸の顔色が変わった。
信幸>「上杉まで敵に回ったか…。」
昌相>「北条に徳川に上杉。これで我らの周囲は全て敵となった訳だ。」
信幸>「父上!ひょっとすると家康は秀吉の許しを待っているのではありませぬか?」
昌幸>「許し?」
信幸>「秀吉は大名が勝手に戦をする事を禁じております!つまり…。」
昌相>「家康が秀吉の下についたという事か?」
信幸>「十分に考えられます。」
昌相>「皆の衆えらい事になった。」
昌相>「面白い。」
信幸>「全く面白くない!父上が早く上洛されぬからこのような事に!どうなさるおつもりです?」
昌幸>「どうすればいい!」
信幸>「大坂の源次郎だ。源次郎に秀吉をとりなしてもらうのでござる!それしかない!」


大阪城。
秀吉が京から帰って来た。
廊下を行く秀吉>「戻ったぞ。」
廊下の脇に控える家臣一同>「はっ。」

馬廻衆の詰所で信繁が深刻な顔で考え事をしていると、片桐が「源次郎。殿下がお呼びだ。」と呼びに来た。
「殿下が?!」信繁は、執行日を待つ身の死刑囚のように怯えて叫んだ。

人の不幸を喜んでいるかのように平野が傍に来て「お茶々様の件知られたな。きっとそうだ!お前死ぬぞ!」と耳打ちした。
信繁が意を決して出て行ってからも、その背中にひつこく「死ぬぞ!」と言葉を浴びせる。


秀吉の元へ信繁が到着してみると茶々の事ではなかったものの信繁にとっては、けっして良い話ではなかった。
秀吉>「家康め、真田攻めの許しをわしに求めてきた。殊勝な事よ。」
秀長>「殿下のお許しなく戦をしてはならんという達しが効いたのでしょう。」

ここで秀吉は信繁に聞く。
「源次郎。わしは若い頃の家康しか知らぬ。お前は近年やつに会うたと申していたな。
おぬしの見立てを聞かせてくれ。この文はやつの本心と見てよいか?やつは本気でわしに服従を誓ったのか。それともこれは何かの罠か?」
信繁は真剣な目をして「本心ではないと思います。」と述べた。
秀吉>「言い切ったな。」
信繁>「家康を信じてはなりませぬ!」
三成>「何ゆえそう思う?」
信繁は次第次第に、握り拳に力を込めて訴えた。
「家康は大変用心深い男です。もし断りなく真田を攻めれば、殿下は必ずお怒りになられる。
真田にお味方なさるやもしれぬ。家康はそれを恐れたのではないでしょうか?全ては真田に勝つための算段。
家康の本心ではありませぬ!」

秀吉は半笑で「どう思う?佐吉。」と三成の意見を尋ねる。
三成>「これが真田の一族でなければ、今の話、少しは信じられるやもしれぬが。」
信繁>「お待ち下さい。」
三成>「家康から真田を守るための詭弁のようにも聞こえます。」
信繁>「殿下の前でそのような小細工が通用するとは思っておりませぬ!」
秀吉>「まあまあ。佐吉。ここは源次郎の言う事一理ある。のう秀長。」
秀長>「…確かに理屈は通っております。」
秀吉>「家康に一杯食わされるところだったわい。」
この直後「殿下そろそろお支度を。」と三成に促されて話を終え出て行く秀吉は、
再び京にのぼり公家衆に会って来ると言う。
秀吉>「留守を頼むぞ。」
秀長>「かしこまりました。」
信繁は精一杯元気な声で「行ってらっしゃいませ!」と送り出した。

信繁が詰所に戻ると早速、平野が近づいて来て「どうだった?」と尋ねる。
信繁>「えっ?」
平野>「茶々様の事だよ。」
信繁>「その事ではありませんでした。」
平野は「何だよ何だよつまらねえなあ~。」と言うと寝そべった。
信繁は先ほどの事を思い出して
「殿下は大したお方ですね。あそこまで偉くなられたというのに我らのような者の話にきちんと耳を傾けて下さる。
素晴らしい事だと思います。」と人柄を褒めた。

平野は寝そべったまま「俺の話には耳を傾けられた事はないが。」と、つまらなそうに呟いた。

そこへまた片桐が信繁を呼び出しに来た。
片桐>「源次郎。ちょっと。」
片桐の話は、徳川の所へ使者として行く事になった事の知らせと、その際の服装の相談であった。
片桐>「向こうは寒いのか暑いのか見当もつかぬ。厚手の着物も持っていった方がよいかな?」
信繁>「要らぬでしょう。過ごしやすい季節でございます。」
片桐>「かたじけない。」
信繁>「片桐様がお使者で行かれるのですか?」
片桐>「そうなのだ。大役じゃ。」
信繁>「お気を付けて!」
片桐>「おぬしには辛い事になってしまったが、これも戦国の世のさだめ。辛抱して…。」
信繁>「ちょっちょっと!お待ち下さい!どういう事ですか?真田攻めはなくなったんですよね?」

よくよく聞いたら片桐は、家康に、秀吉の真田討伐許可を知らせに行くというのだった。

片桐>「わしが向こうに着き次第真田攻めが始まる。」
信繁>「戦にはならないと石田様も仰せでした。話が違います!」
片桐>「わしに言われても…。」
信繁>「今、徳川全軍に攻められたら真田はひとたまりもありません!」
片桐>「弱ったな…。」

信繁は慌てて、その場を去り、秀吉と三成の姿を探すが…。
大声で名を呼べど、二人は最早、京に向け出立したのやもしれず呼び止める事も叶わない。
そんな折、もっとも面倒くさい人、茶々と、また中庭越しに目が合ってしまった信繁である。


【出演】堺雅人,大泉洋,長澤まさみ,山本耕史,新井浩文,吉田羊,片岡愛之助,遠藤憲一,寺島進,小林隆,近藤芳正,中原丈雄,桂文枝,竹内結子,小日向文世,藤岡弘、,鈴木京香,近藤正臣,内野聖陽ほか
【原作・脚本】三谷幸喜
【音楽】服部隆之

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 第17話(17回)「再会」へ続く。

真田丸に関連したニュース まとめ

【出演】堺雅人,大泉洋,木村佳乃,平岳大,中原丈雄,藤井隆,迫田孝也,高木渉,斉藤由貴,榎木孝明,温水洋一,林邦史朗,,草笛光子,高畑淳子,近藤正臣,内野聖陽,草刈正雄

【真田丸 ネタバレ・あらすじ】

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」⑤
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」⑥
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」⑦

真田丸 2話の予習? 幸村の生い立ち(序盤)
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 2話(2回)①「決断」
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 2話(2回)②「決断」
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 2話(2回)③「決断」

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 3話(3回)「策略」
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 4話(4回)「挑戦」

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 5話(5回)「窮地」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 5話(5回)「窮地」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 5話(5回)「窮地」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 5話(5回)「窮地」④

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 6話(6回)「迷走」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 6話(6回)「迷走」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 6話(6回)「迷走」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 6話(6回)「迷走」④

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 7話(7回)「奪回」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 7話(7回)「奪回」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 7話(7回)「奪回」③

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」⑤
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 8話(8回)「調略」⑥

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」⑤
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 9話(9回)「駆引」⑥

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 10話(10回)「妙手」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 10話(10回)「妙手」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 10話(10回)「妙手」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 10話(10回)「妙手」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 10話(10回)「妙手」⑤

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 11話(11回)「祝言」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 11話(11回)「祝言」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 11話(11回)「祝言」③

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 12話(12回)「人質」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 12話(12回)「人質」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 12話(12回)「人質」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 12話(12回)「人質」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 12話(12回)「人質」⑤

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 13話(13回)「決戦」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 13話(13回)「決戦」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 13話(13回)「決戦」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 13話(13回)「決戦」④

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」⑤
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」⑥
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 14話(14回)「大阪」⑦

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」⑤
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 15話(15回)「秀吉」⑥

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 16話(16回)「表裏」①
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 16話(16回)「表裏」②
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 16話(16回)「表裏」③
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 16話(16回)「表裏」④
『真田丸』ネタバレ・あらすじ 16話(16回)「表裏」⑤

【真田丸 関連記事】

真田丸 あらすじネタバレ・キャスト・最終回 まとめ
真田幸村 年表
真田丸 キャスト(追記の度に更新)
真田幸村が生まれた永禄10年(1567年)の出来事
NHK大河ドラマ『真田丸』原作は?
2016年 NHK 大河ドラマ 真田丸 主演 堺雅人
真田丸 ネタバレ~真田六連銭の街
真田丸~真田氏のふるさと信州上田市の取り組み



人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。