『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」③ | 映画 ネタバレ・あらすじ・結末 最終回まで~ドラマもね

映画 ネタバレ・あらすじ・結末 最終回まで~ドラマもね

映画のネタバレ・あらすじ・キャストを最終回までや日本、韓国、中国、米国の映画・ドラマから面白いものを選んでネタバレ・あらすじ・感想を書いています。 

真田丸 ネタバレあらすじ・キャスト・最終回 まとめ

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)③「船出」

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」②の続き。

源三郎が新府城へ戻ると、源次郎は、早速、こう報告する。
「駿河に入ってみたところ安倍川の上で徳川の物見に出くわしました。
徳川は国境に迫っています。
おそらく西の織田の動きを待って一気に攻め込むつもりではないでしょうか?
こちらの構えを悟られぬよう物見だけでも潰しておきましょう。」

源次郎が話している間、ずっと押し黙ったきりだった源三郎が、ようやく口を開いた。

「源次郎、お前自分のした事が分かっているのか?
誰の許しを得てさように危うい所まで出向いた?勝手なまねをするな!」


源次郎>「兄上は武田の人質。しかし私は違います。次男坊の私なら目をつけられずに自在に動き回れる。
ならばその立場を生かして…。」

いかにも次男坊らしい源次郎の気儘ぶりを源三郎は叱る。
「武田の存亡を懸けた戦はもう始まっているのだ。一人一人が勝手な動きをしていては収拾がつかなくなる。」

源次郎>「それは分かります。しかし存亡の懸かった戦ならば、
なおの事、先手先手を打つ事が大事なのではありませんか?」

源三郎>「それは真田の棟梁である父上がお考えになる事。我々はお指図に従っておればよい。」

兄が余り怒るので、源次郎は取りあえず詫びた。
「勝手な振る舞い申し訳ござりませぬ。しかし…。」

「『しかし』はもうよい!」と源次郎の言葉を振り払う源三郎。

源次郎>「皆西の織田勢ばかり気にしているので南の事が心配になったのです!」

源三郎は、くしくも、この源次郎の言葉が、父が言っていたのと同じである事を想った。
だが源三郎はその事は言わず、己の口で父上に謝るなら共に謝罪してやろうと言った。
源次郎>「ありがとうございます兄上。」
源三郎>「源次郎。」
源次郎>「はい。」
源三郎>「ここが正念場だ。いよいよ始まるぞ。強敵織田との大戦だ!」
源次郎>「はい!」



真田家臣、高梨内記>「開門!殿のお帰りじゃ!」

昌幸が帰って来た。
昌幸が家族と対面するのは1か月ぶりの事である。

家族一同が囲炉裏端に昌幸を囲んで集まっている。

昌幸>「いや~みんな息災のようで何より。茂誠殿。松はしかと務めておりますか?」
茂誠>「「はい。それはもう…」
茂誠の言う前に松が自分で言ってしまう「申し分のない嫁でございます。ねっ?」
いつでもニコニコ顔の茂誠は松にぞっこんのようで、夫婦仲が極めて良い。

「あ~それは何より何より。」昌幸は笑いながら、ふと、妻、薫の仏頂面が目に入る。
「何じゃ?浮かぬ顔して…せっかく久方ぶりに顔を合わせたというのに。」

薫は胸につかえている事を一気に喋る。
「今朝、木曽義昌様の母上とお子たちが連れていかれました。酷くも磔にされたとの事。」

昌幸>「木曽は寝返ったのだ。しかたなかろう。」

しかし、そんな一言で薫はとうてい納得出来ません。
「姫様は17。嫡男千太郎殿はまだ13でございました。」

昌幸>「人質とはそういうものじゃ。」

薫>「殿は私たちも人質である事を分かっておいでですよね?!もちろん。大丈夫でございますよね?
寝返ったりなさいませんよね?」

昌幸>「ばかを申すな。」

源三郎>「「母上。父上は御屋形様を裏切るようなお人ではありません。」

源次郎>「それにしても木曽義昌には驚きました。信玄公にとっては娘婿。武田家の身内ではないですか。」

とり>「世も末じゃ。信玄公が泣いておられるわ。」

薫>「一体武田のお家はこれからどうなるのです?」

昌幸>「案ずるな。」

薫>「織田は本当に攻めてくるのですか?」

源次郎>「母上はもう逃げ支度をされているようですよ。」

昌幸>「はははっ!それは気が早いのう。」

ヒステリックに薫が叫ぶ。「笑い事ではありません!」

昌幸は言う。

今この地が、三方から織田の手の軍勢に囲まれていて、
織田信長の命令さえ下れば、
三方の者どもが一斉に襲いかかる体制にあるのは事実だが、

しかし、この新府城は、自分が知恵の限りを尽くして築いた天下に聞こえた名城なのだから、
この新府こそが最も安全な場所なのだと。


しかしながら、薫のみならず、とりも、なかなか納得出来ない。

とり>「わしは真田の郷に帰りたい。こんなとこで死にとうはない。」

源三郎、源次郎の兄弟も口を揃えて、父上が仰るように
ここが一番安全なのだと強調するが、信用おけない様子のとりであった。

取り乱す家族を安心させようと、最後にまた、昌幸が太鼓判を押す。
「安心せい!この真田安房守がいる限り武田が滅びる事は決してない。」

『真田丸』ネタバレ・あらすじ 1話(1回)「船出」④へ続く。


【出演】堺雅人,大泉洋,木村佳乃,平岳大,中原丈雄,藤井隆,迫田孝也,高嶋政伸,遠藤憲一,榎木孝明,温水洋一,草笛光子,高畑淳子,内野聖陽,草刈正雄


【真田丸 関連記事】

真田丸 あらすじネタバレ・キャスト・最終回 まとめ
真田丸 キャスト まとめ
『真田丸』原作
2016年 NHK 大河ドラマ 真田丸 主演 堺雅人
真田信繁(幸村) 年表
真田幸村が生まれた永禄10年(1567年)の出来事
2016年 NHK 大河ドラマ 真田丸 主演 堺雅人
真田丸 キャスト 竹林院(本名不明)
真田丸 ネタバレ~真田六連銭の街
真田丸~真田氏のふるさと信州上田市の取り組み


真田丸とは

慶長19年(1614年)徳川対豊臣の「大坂冬の陣」で、
豊臣方の武将、真田幸村が、大阪城の平野口に築いた出城の名称である。
東西約180メートルの半円形で、土塁の高さは約9メートル、外周の壕の深さは6~8メートル。



人気ブログランキングへ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら1クリック応援して下さると助かります。