別に俺の気持ちなんて分かってもらわなくてもええねん。 | がんばれ熊さん

がんばれ熊さん

食品スーパー店員の絵日記


テーマ:

こんばんは

 

暑くなったり雨になったりでめちゃ大変ですが、みなさんはお元気でしょうか?

 

今日もどうってことのないお話なんだけど

 

「熊さん、もったいなくないか?」と同僚のアラフォーさんに言われた。

 

僕が、店の駐車場にある自販機でジュースを買ったからだ。

 

 

アラフォーさんが言っていることは正論だ。

 

実にもったいない。

 

うちのスーパーで買えば40円ほどで済む。

 

それが自販機なら3倍の値段になるのだ。

 

では、なぜ僕は自販機でジュースを買ったのか?

 

レジに並ぶのがめんどくさいというのもあるけれど、飲みたいときにサッと金を入れて、それで「ガッチャン」と出てくるさまがなんとも気持ちがいいのだ。

 

 

別に分かってもらわなくてもいい。

 

ただ、僕も「なんだかもったいない」と言う気持ちがあって、いつも自販機で買っているわけではない。

 

目の前の自販機がたまに光って見えるときがある。うわ、後光がさしている。

 

 

確かにスーパーで買えば3分の一の値段で済む。

 

レジに並びたくないのなら、ケースを買っておけばいいだろう。

 

いつでも飲めると言う事で安心してガバガバ飲んでしまうが、それでも3倍の値段の自販機を利用するよりはトータルで節約になるだろう。

 

もっと、節約したければ、コーヒーの粉を買ってポットのお湯を利用する。

 

 

さらに、もっと節約したければ、水道の蛇口をひねって・・・いや、これ以上はよしておこう。

 

しかし、自販機が光って見えるときに、ふとわれに返り、「やっぱり、や~めた」と、店のジュースを買うときもある。

 

そんなときはこう思う。

 

「やった~、100円得したぞ」と。

 

 

 

100円あれば、うちではパンも買えるし、ジュースも買えるし、お菓子も買えるし、100円以内で買うことが出来るものは意外と多い。

 

さらに、100円が10枚集まればどうだ?店内の食品の多くがそれで買うことが出来るだろう。

 

30枚集まればどうだ?9割ほどの食品はそれで買えるのではないだろうか?

 

そう思うと100円は侮れない。

 

自販機一回スルーしただけで、なんともいえないお得な気持ちにさせられる。

 

と分かっているものの、自販機のあの「ガッチャン」がたまらない。

 

という別に分かってもらわなくてもいいって言うお話なのでした。(*^▽^*)

ロバート・熊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス