がんばれ熊さん

催眠商法の手口を全てばらします。


テーマ:

オイ、あの女は俺が先に見つけたんだ。

 

何を言っている?俺の女だ。

 

70過ぎのおばあちゃんを取り合う20代の男たち。

 
ディープな世界、宣伝会場だ。
 
世の中の常識はここでは通用しない。若い女がモテる世界ではない。
 
そもそも、30万円も40万円もする健康食品を若い女は買わない。
 
と言うよりも若い女はオープン日は何も知らずに来るが、お年寄りの集まりということに気付き足は遠のく。
 
若くて美しい女は立ち去れ。商売の邪魔だと思うようになる。悲しい現実だ。
 
入社して2年目になると、買うだろうと思うお客さんを見極める目はついてきていた。
 
「あっ、この人は買いそうだ」と。
そして実際に買ってくれる。
 
70を超えたおばあちゃんがキラキラ輝き、女神に変身する。
一度買ってくれた女神さまは2度、3度と買い続ける。
 
買い続けることで、女神でい続けられるのだ。
「あっ、もうこの人は限界かな?」そう思われると
 
若い社員はじんわりと離れていく。
一気には離れない。
 
みんな最後の出がらしを狙っているからだ。
最低な奴らだ。もちろん私も。
 
何でも買ってくれる太客はVIP扱いだ。
 
入口から入ってくる女神様が登場。
 
社員みんなの視線が女神さまに集中する。
 
「おはようございま~~す、さぁさぁどうぞどうぞ」
 
みんな自分の前の席に座らせようとする。
女神さまは、70歳を超えてモテ期に突入だ。
 
高額商品の売り出し日は、自分の前の列のお客さんにお土産を配りながら注文を取っていく。
 
いかに自分の前に太客を座らせるかが勝敗を分ける。
 
会場は畳敷きだ。
 
こっそり女神さまに耳打ちをする。
 
「〇○さん、僕はね、〇○さんに僕の前に座ってほしいからね、座布団をここに置いて帰ってもいいよ。指定席だよ」と。
 
これが上手く行くと女神さまを独り占めだ。
 
他の社員は悔しがる。
 
つまり、女神さまには指定席が与えられるのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(3)

ロバート・熊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。