がんばれ熊さん

催眠商法の手口を全てばらします。


テーマ:

 

かつての上司が仕事を引退し、しばらく見ないうちに何だか小さくなったと感じることがある。

 

 

売り場で店長がご年配の男性と話をしていた。

 

良く見ると、「あっ、かつての〇〇取締役の山田さん(仮名)だ」と気づき、さっそく近づき、「お疲れ様です」とあいさつした。

 

遊んで暮らせる金を手に入れた山田さんの話だ。

ちょっと長くなるが付き合ってほしい。

 

山田さんはうちの元〇○取締役だった。

わけあって、会社を去ることになった。

 

山田さんには、以前から黒い噂があった。

 

「会社の金を横領しているらしいぞ」と。

 

取締役は、株主総会で、多数決で自由に解任することが出来る。

しかし、解任された方は、正当な理由がない場合、解任に対して損害賠償請求をすることもできる。

 

会社の金の横領は、正当な理由になるだろうと思うのだが、理由としては微妙なラインらしい。

 

解任の正当な理由と言うのは、明らかに働けないほどの病に侵されているぐらいのレベルで認められる。

 

なので、会社は後でトラブルになりにくい辞任をすすめた。

そして、山田さんが持っている会社の株は全て、他の役員が買い取ると言う話になったようだ。

 

かなりの大金を山田さんは手に入れたという噂だ。

そして、山田さんの取締役辞任の辞令が全店にメールで配信された。

 

山田さんは、会社を去った後、リサイクルショップの会社を始めるという噂だった。

 

それを聞いて驚いた。

 

山田さんは、60を超えている。

しかも、遊んで暮らせるだけの大金を手に入れたという話だ。

 

それなのになぜ?

 

私の疑問に店長がすかさず突っ込んだ。

 

「いやいや、金があるからするんだろ」って。

 

確かにそうだと思った。

 

「金があるのにどうして?」の質問に

「それはね、金があるからするんだよ」の答え

 

まったく、その通りだ。

私は、うなずくしかなかった。

 

しかし、山田さんは結局何もしていない。

考え直したのだろう。

 

そして、しばらくしてから、「近くに寄ったついで」という理由で私たちの前に姿を現した。

 

店長はその姿を見て驚きの声をあげていた。

 

「随分小さくなった」

 

「もうかつてのオーラがあの人にはないな」と。

 

それはそうだろう。〇○取締役だったころは、店に来られたら、私たちは緊張感に包まれた。

 

しかし、スーツ姿でない、いわゆる爺さんファッションに身を包んだ山田さんにかつてのような緊張感を私たちは持たない。

 

だから、小さく見えるのだろう。

 

それにしても一気に老け込んだように見えた。

 

仕事を辞めた男が一気に老け込む。

 

よく聞く話だが、こうして目の前で見ると、いろいろと考えさせられる。

 

もちろん、仕事が寿命を縮めることもあるのだが、今お話ししていることは退職後のことなので、ここは省く。

 
世界中の100歳を超える長寿者の多くが長生きの秘訣に働くことをあげている。

 

仕事は生きる目的を与えてくれる。

 

仕事は人生に張りを与えてくれる。

 

その張り合いは私たちに若さをプレゼントしてくれる。

 

もちろん、仕事を辞めた後も、いつまでも元気な人がいる。

 

よく趣味を持てばいいと言われる。

 

たしかに趣味を持つと人生に張り合いは出る。

 

しかし、仕事と違って、

 

「今日はしんどいからやめておこう」

「今日は乗り気じゃないからやめておこう」

 

と自由にさぼることが出来る。

 

仕事だとそうもいかない

 

この差は大きい。

 
お坊さんと芸術家は長生きするとよく言われる。
 
定年がないからだ。
生涯現役で精力的に活動する。
 
しかし、会社勤めの場合そうもいかない。
 
定年がある。
特に会社勤めをしていると
 
自分の自由に何事も決められないもどかしさがある。
 
そこから解放されると、ほっとした気持ちで一杯になる。
 
やっと解放された。イヤッホー。
 
趣味を見つけたとしても、かつての組織の中での縛りがあるわけではない。
 
乗り気じゃなければいつでもさぼれる立場だ。
 
そうなると、その趣味もさほど張り合いになることはない。
つまり、私が言いたいことは
 
自分で何事も決められない会社勤め
 
あっちに振り回され
 
こっちからも振り回され
 
そんな時期は、振り回されるストレスで頭がいっぱいになり
 
早くそこから解放されたいという気持ちだけで一杯になる。
 
そうなると、やっとそのストレスから解放されても
 
解放感だけで胸一杯になる。
 
自分で自分に張り合いをもたせる術を知らない。
 
嫌でもやらなければいけない
そんな状況に身を置いていると、気付きにくいこと。
 
定年後も、いつまでも元気な人は
 
仕事のストレスから解放されても、生涯現役の気持ちを手放さないように生きている。
 
自分もそうでありたい。
仕事を辞めても元気であり続けたい。
 
「今日は乗り気じゃないから、やめておこう」
「今日はしんどいから、やめておこう」
「今日はめんどくさいから、やめておこう」
 
羨ましい生き方だが、生涯現役でありたいと思えば
 
羨ましいことばかりではない。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(6)

ロバート・熊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。